「やまねあやの」一覧|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て見放題のファイル投稿共有サイト

1〜131ページ目を表示
カテゴリ
並べ替え
アップロード期間

ファインダーの密約

ファインダーの密約
単行本
ページ数
192ページ
発売日
作家名

やまねあやの

閲覧数:0回(投稿)

「ずっとかばわれて、守られてばかりだった。だから今度はオレが――」 麻見の依頼を受け、麻見を裏切った部下・須藤を追う秋仁。 しかし逆に須藤に拘束され、ナイフを突きつけられる! 須藤は麻見への想いをつのらせ、殺したいと願うほど執着していたのだ。 更に麻見の持つ利権を狙う敵が現れて…!? 大人気シリーズ8巻!

ファインダーの渇望

ファインダーの渇望
単行本
ページ数
237ページ
発売日
作家名

やまねあやの

閲覧数:0回(投稿)

麻見の部屋に転がり込んだ秋仁はカンペキに主夫業を勤め上げつつ、カメラマンとして時には身体を張り、時には警察に追われながらもキャリアを重ねつつあった。しかしスクープを狙っていたある晩、見知らぬ男が麻見に泣きすがるただごとではない場面を目撃! それが新たな事件の幕開けとなり!?

ファインダーの熱情

ファインダーの熱情
単行本
ページ数
197ページ
発売日
作家名

やまねあやの

閲覧数:0回(投稿)

「オレたちは住む世界が違いすぎるんだ」香港での囚われの日々から麻見と共に帰国した秋仁。麻見の元を逃げ出した秋仁だったがストーカー事件に巻き込まれ、改めて麻見の裏の顔を目の当たりにする。スクープか麻見か――近付くべきではなかった男に惹かれる自分を認められない秋仁は…!?

クリムゾン・スペル 4巻

クリムゾン・スペル 4巻
単行本(4巻)
ページ数
174ページ
発売日
作家名

やまねあやの

閲覧数:0回(投稿)

戦いの末、なんとか謎の魔道士の策略から逃れたバルドたち一行。 逃げ込んだ廃城に幽閉されていた、帝都ゼネドゥーラの元執政官・ リムリスと出会い、魔剣の秘密は帝都ゼネドゥーラにあると教えられ!? 少しずつ明らかに魔剣の謎、バルドはその強大な力を操れるのか──大人気vセクシャルファンタジー、待望の最新刊!!

ファインダーの真実

ファインダーの真実
単行本
ページ数
220ページ
発売日
作家名

やまねあやの

閲覧数:0回(投稿)

「もしオレが死んでも、麻見はオレを日本に連れて帰ってくれるよな…?」 攫われた秋仁を取り戻すため全てを犠牲にする覚悟の麻見。 秋仁に愛おしさを感じ始めた飛龍。 そして蠢くロシアンマフィア――三人の男が火花を散らす中、ただひたすらに麻見を思う秋仁の運命は!?

クリムゾン・スペル 3巻

クリムゾン・スペル 3巻
単行本(3巻)
ページ数
182ページ
発売日
作家名

やまねあやの

閲覧数:0回(投稿)

夜は淫らな魔獣、昼は高潔な剣士──わが身にかかっている紅の魔剣の呪いを 解くため、美貌の魔道士・ハルヴィルと旅を続けるバルド。ところが、バルド たちを狙う謎の魔道士の策略で、ハヴィがさらわれてしまった!! バルドたち は敵の地「還らずの森」に踏み入るが、正気を失ったハヴィに逆に攻撃されて 囚われてしまい──!? 大人気エロティック・ファンタジー、待望の第3巻。描き下ろし番外編つき!!

ファインダーの檻(ケージ)

ファインダーの檻(ケージ)
単行本
ページ数
181ページ
発売日
作家名

やまねあやの

閲覧数:0回(投稿)

「秋仁、お前は俺のものだということをよく憶えておけ──」 罠に堕ちた秋仁を救ったのは麻見だった…!? 麻見と飛龍の宿命の出会いを描いた物語「高楼の華」も完全収録!

ファインダーの標的

ファインダーの標的
単行本
ページ数
182ページ
発売日
作家名

やまねあやの

閲覧数:0回(投稿)

「忘れるな、俺から受けた痛みと快楽を──」 フリーカメラマン・秋仁は、裏社会の美しき実力者・麻見の手に堕ちる…!! 監禁され身も心も奪いつくされた秋仁の運命は!?

クリムゾン・スペル 2巻

クリムゾン・スペル 2巻
単行本(2巻)
ページ数
166ページ
発売日
作家名

やまねあやの

閲覧数:0回(投稿)

夜は快楽を貪る淫らな魔獣、昼は高潔な剣士。 魔獣の呪いにかかった王子バルドの二つの顔を 知るのは、旅の道連れの魔導士ハヴィのみ。 夜ごと魔獣のバルドを抱いて鎮めるハヴィは、 怜悧な美貌の下でバルドへの執着を深める…。 一方、バルドを狙う敵も、ついに動きだして!? 話題のエロティック・ファンタジー、第2巻!

クリムゾン・スペル 1巻

クリムゾン・スペル 1巻
単行本(1巻)
ページ数
198ページ
発売日
作家名

やまねあやの

閲覧数:0回(投稿)

ボーイズラブ いにしえの昔より、優れた魔道具を創り出してきた王国の王子・バルド。魔物の大群の突然の襲来に、代々封印されていた必殺の魔剣ユグヴェルンドを抜き放つ。だが、バルドの身に忌むべき呪いがふりかかった!その日以来、バルドは夜な夜な人を襲う魔獣に変化してしまうことに…。解呪の方策を求めて、ひとり城を出るバルド。だが、やっと探しあてた魔導士・ハルヴィルは美形だがヘンなもの好きの変わり者!?バルドの身の呪いをひと目で見抜いたハルヴィルは、解呪と引き換えに、ある強大な力を持つ霊獣の捕獲に協力するよう持ちかけてきて!? 魔獣に変化する夜毎、その猛る血と身体をハルヴィルに抱かれることで鎮められていることを、昼間のバルドは、まだ知らない…。

1〜131ページ目を表示