「さいとう・たかを」一覧|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て見放題のファイル投稿共有サイト

1〜601ページ目を表示
カテゴリ
並べ替え
アップロード期間

ゴルゴ13 149巻

ゴルゴ13 149巻
単行本(149巻)
ページ数
301ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:3回(投稿)

制式銃AK-100で世界市場を支配し、外貨を稼ごうとするロシア陸軍造兵廠。そのため最大のライバル・M-16を使うゴルゴを抹殺しようとしたロシア造兵廠は?

ゴルゴ13 147巻

ゴルゴ13 147巻
単行本(147巻)
ページ数
302ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

アメリカで何度も問題になっている銃による事件。そんな社会を変えようと、マイアミ市長のジョイは、銃規制法案を推進している。 次期市長選の対抗馬で彼の高校の同期・ロバートは、彼とは真逆で銃社会推進派。事あるごとに敵対していた。そんなある日、ジョイの妻が、自宅に侵入した男に射殺された。その場に居合わせたジョイの母親は、事件に巻き込まれはしなかったが、ジョイは失意から銃により自殺をしてしまった。 ジョイの母親は息子の無念を晴らすため、ある事をきっかけに、ゴルゴと会うことに。そして……

ゴルゴ13 146巻

ゴルゴ13 146巻
単行本(146巻)
ページ数
304ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

第二次世界大戦中、大西洋はケルト海南西部で、ドイツ軍のUボートに攻撃されて沈没したロシア政府所有でイギリス政府管理の輸送船「ブリスタル号」。その船内には、アメリカ政府よりロシア政府に武器調達用として贈られた大量の金塊と、史実を覆すイギリス政府の極秘会議が録音されたレコードが積まれていた。 この船の引き上げをめぐり、トレジャーハンターと戦争遺族会代表を名乗る男、ロシア政府が暗躍。そんな中、あるイギリス人大富豪がゴルゴに船内から引き揚げられたあるものの破壊を依頼して……

鬼平犯科帳 51巻

鬼平犯科帳  51巻
単行本(51巻)
ページ数
381ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

江戸の街で火付けによる火災が連続して起こった。火盗改方は、火事現場の聞き込みと見廻りを強化、数日後に、まさに火付けをしようとしている者らを発見、少年ひとりを捕まえた。 その少年への訊問により、ある程度の関連性を掴んだが、その共犯者とおぼしき者が次々に殺された。平蔵は背後に潜む大物がいると判断、勘働きを働かせながら捜索を続けていると… 「江戸の華」の他、「神明小僧」「松茸の味」「まやかし」「金の行方」「正月拝賀」「初午」「親心」「桜花爛漫」の傑作9編を収録。 掲載誌『コミック乱』2014年9月号から2015年5月号までの作品を収録したワイド版最新刊51巻です。

ゴルゴ13 144巻

ゴルゴ13 144巻
単行本(144巻)
ページ数
305ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

ゴルゴ13 145巻

ゴルゴ13 145巻
単行本(145巻)
ページ数
301ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

日本の地方大学で海洋生物の研究をしている、ある教授が書いたベニズワイガニの論文が、未来の貴重なエネルギー資源とされている「メタンハイドレート」採掘を実現化する鍵が隠されていると注目された。 その教授が助手と共に、ある中国人組織に拉致された。経済産業省の大臣は、中国政府との関係から政府同士の話し合いではない形として、ゴルゴに教授奪回を依頼する。しかし、ゴルゴは、「自分はスナイパーであって奪回というミッションは受けない」と断ってしまう。 その後、教授の死体が発見され、メタンハイドレート採掘実現化の鍵を活用されてしまうのを阻止したい大臣は、再度、ゴルゴに依頼するが…… 表題作「燃える氷塊」の他、「極東の凶行」「デリート・G Gの消去」の傑作3編、2007年5月から2007年8月雑誌掲載の作品を収録しております。

ゴルゴ13 144巻

ゴルゴ13 144巻
単行本(144巻)
ページ数
305ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

鬼平犯科帳 50巻

鬼平犯科帳  50巻
単行本(50巻)
ページ数
339ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

時代小説の巨匠・池波正太郎の名作を、時代劇脚本家の大原久澄が大胆にアレンジ、そして劇画界の巨匠・さいとう・たかをが劇画化した本格派時代劇画! 鬼平こと火盗改方長官・長谷川平蔵の活躍を、江戸の季節や風俗を織り込んだ、痛快人情活劇。

ゴルゴ13 143巻

ゴルゴ13 143巻
単行本(143巻)
ページ数
301ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

ゴルゴ13 142巻

ゴルゴ13 142巻
単行本(142巻)
ページ数
301ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

鬼平犯科帳 49巻

鬼平犯科帳  49巻
単行本(49巻)
ページ数
349ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

火盗改方長官・長谷川平蔵の密偵をしている彦十が、妙な噂を聞き入れ、密偵仲間の五郎蔵とおまさに相談に来た。「ある盗賊一味が助っ人を探している」と。密偵・粂八も加わって、密偵たちが探り始めて見ると、東北の田舎盗賊らが江戸で大仕事をしようとしているところまではわかった。そこで平蔵に相談すると、火盗改方で一味の一網打尽を図る。そんななか、平蔵の妹・お園が何者かに誘拐された。実は、すべてが平蔵に遺恨のある“張り子の鬼吉”の仕業であった。鬼平対鬼吉の鬼勝負は如何に…「鬼哭啾々(きこくしゅうしゅう)」の他、「濁り水」「蛍の頃に」「出替わり」などの傑作7編を収録。

ゴルゴ13 141巻

ゴルゴ13 141巻
単行本(141巻)
ページ数
312ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

ゴルゴ13 140巻

ゴルゴ13 140巻
単行本(140巻)
ページ数
311ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

鬼平犯科帳 48巻

鬼平犯科帳  48巻
単行本(48巻)
ページ数
351ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

廓通いにはまってしまった火盗改方書き役同心・鈴本が、通う金欲しさに公金に手をつけてしまい、さらにそれを埋め合わせるためにある人を紹介されてその人から借金をしてしまった。しかし、それはある罠で……。そんな折に、江戸城の御金蔵が破られて二千両が盗まれた、「御金蔵破り」の他、「矢飛白およう」「野菊の剣」「斑猫」「宿場泥棒」「浅茅ヶ原」「掏摸戻し」の傑作7編を収録!!

ゴルゴ13 139巻

ゴルゴ13 139巻
単行本(139巻)
ページ数
305ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

鬼平犯科帳 47巻

鬼平犯科帳  47巻
単行本(47巻)
ページ数
351ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

ある夜、六本木界隈で火事があり、定火消と町火消が消し口争いで喧嘩になった。その際、定火消の徳之助がその騒動の最中、鳶口で首を斬られて死亡した。その犯人捜しを深川二番組の火消頭から頼まれた平蔵は、密偵の五郎蔵に定火消に潜入して探るように指示を出した。五郎蔵が潜入してみると…「火事場の狐」の他、「髪切虫」「禁裏の宝」「名も知らず」「虚無僧掟書」「三つ首」「闕所家業」の傑作7編を収録。

ゴルゴ13 138巻

ゴルゴ13 138巻
単行本(138巻)
ページ数
314ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

ゴルゴ13 137巻

ゴルゴ13 137巻
単行本(137巻)
ページ数
313ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

ゴルゴ13 136巻

ゴルゴ13 136巻
単行本(136巻)
ページ数
313ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

ゴルゴ13 135巻

ゴルゴ13 135巻
単行本(135巻)
ページ数
312ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

ゴルゴ13 134巻

ゴルゴ13 134巻
単行本(134巻)
ページ数
312ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

鬼平犯科帳 45巻

鬼平犯科帳  45巻
単行本(45巻)
ページ数
351ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

高利貸しを営んでいる”おとこおんな”のお琴。下女志乃は御家人の父親の借金の形で身を寄せている。その父親が殺された!!犯人は?殺された理由は?「おとこおんな」他、傑作全7編を収録。

ゴルゴ13 133巻

ゴルゴ13 133巻
単行本(133巻)
ページ数
305ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

ゴルゴ13 132巻

ゴルゴ13 132巻
単行本(132巻)
ページ数
313ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

ゴルゴ13 131巻

ゴルゴ13 131巻
単行本(131巻)
ページ数
313ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

ゴルゴ13 130巻

ゴルゴ13 130巻
単行本(130巻)
ページ数
313ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

ゴルゴ13 129巻

ゴルゴ13 129巻
単行本(129巻)
ページ数
317ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

ゴルゴ13 128巻

ゴルゴ13 128巻
単行本(128巻)
ページ数
321ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

鬼平犯科帳 41巻

鬼平犯科帳  41巻
単行本(41巻)
ページ数
351ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

道案内をしてやった京女に、年甲斐もなく惚れてしまった彦十。しかし、意中の女性には兇賊の影がちらついていた! お役目と恋心の間で揺れる彦十だったが…… 『老いらくの恋』。他6編を収録。

ゴルゴ13 127巻

ゴルゴ13 127巻
単行本(127巻)
ページ数
317ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

鬼平犯科帳 40巻

鬼平犯科帳  40巻
単行本(40巻)
ページ数
351ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

京で火付けを働き江戸へと逃れてきた“荒神のお夏”一味を一網打尽にするべく、平蔵はおまさを使って探りを入れていたが…『荒神のお夏』前後編。他4編を収録。

鬼平犯科帳 39巻

鬼平犯科帳  39巻
単行本(39巻)
ページ数
351ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

火盗改方長官・長谷川平蔵の刃が冴える!!小室藩の吉村嘉六より家宝数点が盗まれたと打ち明けられ、平蔵も探索を約束するが…『在中庵の茶入』他5編を収録。

ゴルゴ13 126巻

ゴルゴ13 126巻
単行本(126巻)
ページ数
319ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

ゴルゴ13 125巻

ゴルゴ13 125巻
単行本(125巻)
ページ数
313ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

鬼平犯科帳 33巻

鬼平犯科帳  33巻
単行本(33巻)
ページ数
351ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

池波正太郎の名作小説を巨匠がコミック化。江戸の平和を乱す数々の悪に制裁を加える火盗改方長官・長谷川平蔵の活躍を描く本格時代劇画シリーズ第32弾。

鬼平犯科帳 32巻

鬼平犯科帳  32巻
単行本(32巻)
ページ数
351ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

池波正太郎の名作小説を巨匠がコミック化。江戸の平和を乱す数々の悪に制裁を加える火盗改方長官・長谷川平蔵の活躍を描く本格時代劇画シリーズ第32弾。

ゴルゴ13 124巻

ゴルゴ13 124巻
単行本(124巻)
ページ数
311ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

鬼平犯科帳 30巻

鬼平犯科帳  30巻
単行本(30巻)
ページ数
399ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

土用の丑の日に、長谷川平蔵は上野不忍池で鰻を食べていたところ、夜狐の弥吉から女を世話される。ところが弥吉は〈阿呆烏〉の同業者たちから…「夜狐」他3編を収録。

ゴルゴ13 123巻

ゴルゴ13 123巻
単行本(123巻)
ページ数
317ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

鬼平犯科帳 29巻

鬼平犯科帳  29巻
単行本(29巻)
ページ数
399ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

老盗・泥亀の七蔵が江戸に現われ、偶然に錠前はずしの玉村の弥吉を見かけた。長谷川平蔵に恩義がある七蔵は平蔵を訪ねて役宅へ…「男の隠れ家」他3編を収録。

鬼平犯科帳 28巻

鬼平犯科帳  28巻
単行本(28巻)
ページ数
395ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

本郷の蕎麦屋〈金太郎そば〉の名物は娘・お竹が胸に彫った金太郎の入墨。多くの客で連日満員で大繁盛なのだが、この娘には・・・「金太郎蕎麦」他3編を収録。

鬼平犯科帳 27巻

鬼平犯科帳  27巻
単行本(27巻)
ページ数
399ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

怪盗・雲霧仁左衛門の子分・山猫の三次が上州沼田で捕まった。だが、仲間の州走の熊五郎が三次を奪い返すと言い残し逃走したが・・・「熊五郎の顔」他3編を収録。

鬼平犯科帳 26巻

鬼平犯科帳  26巻
単行本(26巻)
ページ数
399ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

中島屋の押し込み犯・犬神の権三が捕らえられた。かつて中島屋に奉公していた密偵の仁三郎は、主人・平吉を殺した恨みを晴らそうとするが・・・「犬神の権三」他3編収録。

鬼平犯科帳 25巻

鬼平犯科帳  25巻
単行本(25巻)
ページ数
399ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

平蔵はかつて長谷川家の養子になるように頼んだ高杉道場の弟弟子・又四郎を見かける。しかし剣の冴えを見せた好青年も今は・・・「霜夜」他3編収録。本格時代劇画の正統派第25巻!

ゴルゴ13 122巻

ゴルゴ13 122巻
単行本(122巻)
ページ数
317ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

鬼平犯科帳 24巻

鬼平犯科帳  24巻
単行本(24巻)
ページ数
399ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

盗人宿の主人・金五郎は植木職人の親方になっていた。そこへ昔の仲間が現れ、金五郎にある頼みを・・・「泣き男」他3編収録。本格時代劇シリーズ第24巻。

鬼平犯科帳 23巻

鬼平犯科帳  23巻
単行本(23巻)
ページ数
399ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

天神谷の喜左松を追って半年前に失踪した同心・久保田源八が見つかったが、彼は記憶を失っていた。平蔵たちは源八の記憶を取り戻そうと・・・「おしゃべり源八」他3編収録。

ゴルゴ13 121巻

ゴルゴ13 121巻
単行本(121巻)
ページ数
327ページ
発売日
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

1〜601ページ目を表示