「ゆでたまご」一覧|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て見放題のファイル投稿共有サイト

1〜601ページ目を表示
カテゴリ
並べ替え
アップロード期間

キン肉マン 57巻

キン肉マン 57巻
単行本(57巻)
ページ数
190ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

ネメシスとキン肉マン、ふたりのキン肉族王家因縁の決戦の舞台は、甲子園球場に決定! ロビンマスクやラーメンマンを退けた、ネメシスの底知れぬ力を恐れたキン肉マンは、臆病風に吹かれて逃げ出してしまい──!?

キン肉マン 56巻

キン肉マン 56巻
単行本(56巻)
ページ数
188ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

ふたりの始祖が繰り広げる死闘が最終局面を迎える! マグネット・パワーを操り、動きを封殺するサイコマン。それに抵抗するシルバーマン。互いの奥義がぶつかり合い、決着の時がきた! 勝利はどちらの手に!?

キン肉マン 54巻

キン肉マン 54巻
単行本(54巻)
ページ数
187ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

1勝1敗で迎えた“許されざる世界樹"決戦・第3戦はテリーマンvsジャスティスマン! 互いの「正義」が激しくぶつかり合う中、ジャスティスマンは圧倒的な力でテリーを追い詰めていく。果たしてテリーに勝機は─!?

キン肉マン 53巻

キン肉マン 53巻
単行本(53巻)
ページ数
188ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

ネメシスが語るキン肉族の隠された闇! その罪深き事実に、現大王のキン肉マンは動揺する。揺らぐ友の誇りと、キン肉族伝統の正義超人魂を懸け、闘将・ラーメンマンが完璧・無量大数軍ネメシスと激突する!

キン肉マン 52巻

キン肉マン 52巻
単行本(52巻)
ページ数
188ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

武道により明かされた国立競技場に封印されし“許されざる世界樹"の秘密! この世界樹を舞台に世紀の一戦の火ぶたが切って落とされた! 戦いの中、ガンマンが看破した対戦相手バッファローマンのウソとは!?

キン肉マン 51巻

キン肉マン 51巻
単行本(51巻)
ページ数
191ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

悪魔将軍率いる悪魔六騎士による超人墓場侵攻の真の狙いは、超人閻魔および10人の始祖の存在消滅にあった!! 一方、グランドキャニオンで行方不明となっていたストロング・ザ・武道が谷底より復活し──!?

キン肉マン 50巻

キン肉マン 50巻
単行本(50巻)
ページ数
191ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

悪魔六騎士vs完璧超人始祖の闘いもついに佳境。満を持して現れたアシュラマンと相対するのは、完璧・陸式ジャスティスマン!! 下等超人に裁きを下すというジャスティスマンが語る、アシュラ一族との因縁とは!?

キン肉マン 49巻

キン肉マン 49巻
単行本(49巻)
ページ数
194ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

完璧・捌式シングマンによって砂のボディを砕かれ、窮地に立たされるサンシャイン。変態能力を失ったサンシャインが取った奇策とは…!? そして京都・銀閣寺では、ザ・ニンジャと完璧・玖式が合いまみえる!!

キン肉マン 48巻

キン肉マン 48巻
単行本(48巻)
ページ数
195ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

グリムリパーがまさかの復活!! その正体は“完璧・拾式"サイコマンだった。対するは悪魔六騎士の一人・プラネットマン!! サグラダ・ファミリアの処刑リングを舞台に、変幻自在の技の応酬合戦が開幕する──!!

キン肉マン 20巻

キン肉マン 20巻
単行本(20巻)
ページ数
198ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 17巻

キン肉マン 17巻
単行本(17巻)
ページ数
189ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 29巻

キン肉マン 29巻
単行本(29巻)
ページ数
191ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 47巻

キン肉マン 47巻
単行本(47巻)
ページ数
195ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

超人墓場に侵攻した悪魔将軍は、完璧超人始祖の二人を次々と撃破! “禁断の石臼"を逆回転し、超人墓場と地上界とを直結。これにより悪魔六騎士も始祖打倒に参戦。その初戦、ジャンクマンとペインマンが激突し!?

キン肉マン 6巻

キン肉マン 6巻
単行本(6巻)
ページ数
188ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 21巻

キン肉マン 21巻
単行本(21巻)
ページ数
182ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 41巻

キン肉マン 41巻
単行本(41巻)
ページ数
194ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

互いのプライドがぶつかり合う、正義・悪魔・完璧、三つ巴の乱戦。キン肉マンは、復帰戦を見事勝利し、ピークア・ブーの心までも救い出す。それに激怒した武道は、改めて正義超人、悪魔超人の粛清を宣言し……!?

キン肉マン 3巻

キン肉マン 3巻
単行本(3巻)
ページ数
188ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 23巻

キン肉マン 23巻
単行本(23巻)
ページ数
201ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 44巻

キン肉マン 44巻
単行本(44巻)
ページ数
194ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

想定外のタッグマッチ戦、スプリングマンはターボメンを破り砕け散った…。残されたバッファローマンはグリムリパーに翻弄される。だが超人強度に興味を示すグリムリパーにバッファローマンが反撃を開始!!

キン肉マン 18巻

キン肉マン 18巻
単行本(18巻)
ページ数
185ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 33巻

キン肉マン 33巻
単行本(33巻)
ページ数
189ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 35巻

キン肉マン 35巻
単行本(35巻)
ページ数
191ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 9巻

キン肉マン 9巻
単行本(9巻)
ページ数
182ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 13巻

キン肉マン 13巻
単行本(13巻)
ページ数
192ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 26巻

キン肉マン 26巻
単行本(26巻)
ページ数
194ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 5巻

キン肉マン 5巻
単行本(5巻)
ページ数
188ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 37巻

キン肉マン 37巻
単行本(37巻)
ページ数
259ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

永遠の好敵手とのシングルマッチ。友情で結ばれた仲間に挑む七連戦。未知なる強豪からの挑戦。王位継承後実現した、キン肉マン幻の戦いが結集! さらに描き足し特別版『ウォーズマンビギンズ』も同時収録

キン肉マン 12巻

キン肉マン 12巻
単行本(12巻)
ページ数
174ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 38巻

キン肉マン 38巻
単行本(38巻)
ページ数
194ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

正義超人vs悪の超人…。長きにわたる闘いは終わり、正義・悪魔・完璧の各超人代表たちによる、不可侵条約が締結された。争いのない平和な時代が訪れたと思われた矢先、“真の完璧超人”と名乗る集団が来襲し!?

キン肉マン 7巻

キン肉マン 7巻
単行本(7巻)
ページ数
192ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 11巻

キン肉マン 11巻
単行本(11巻)
ページ数
195ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 43巻

キン肉マン 43巻
単行本(43巻)
ページ数
189ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

完璧超人ジャック・チーの対戦者はブラックホールであった! 悪魔超人3人が出揃い「悪魔のショータイム」開幕かと思われたが、ジャック・チーの繰り出す必殺技に、ブラックホールの四次元殺法は歯が立たず!?

キン肉マン 45巻

キン肉マン 45巻
単行本(45巻)
ページ数
195ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

グリムリパーに悪の心を剥き出しにして勝利したバッファローマン…。頭上の第6ステップではロビンマスクとネメシスの熾烈な戦いが行われていた。死闘の末、ネメシスのフェイバリットがロビンに炸裂し…!?

キン肉マン 30巻

キン肉マン 30巻
単行本(30巻)
ページ数
191ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 42巻

キン肉マン 42巻
単行本(42巻)
ページ数
187ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

三つ巴対抗戦は第二弾へ! 正義と悪魔が一時共闘し、7人の完璧超人が待つ階段ピラミッドへと突入した。第2ステップで、クラッシュマンと激突したブロッケンJr.だが、善戦超人と揶揄されるもろさが露呈し……!?

キン肉マン 2巻

キン肉マン 2巻
単行本(2巻)
ページ数
186ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 1巻

キン肉マン 1巻
単行本(1巻)
ページ数
187ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 39巻

キン肉マン 39巻
単行本(39巻)
ページ数
194ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

完璧・無量大数軍と正義超人が、全面抗争に突入! 初戦に勝利したテリーマンだったが、深手を負ってしまい、戦える状態なのはキン肉マンのみ…。この窮地に現れたのは、バッファローマン率いる悪魔超人で!?

キン肉マン 36巻

キン肉マン 36巻
単行本(36巻)
ページ数
179ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 31巻

キン肉マン 31巻
単行本(31巻)
ページ数
189ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 15巻

キン肉マン 15巻
単行本(15巻)
ページ数
190ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 14巻

キン肉マン 14巻
単行本(14巻)
ページ数
190ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 32巻

キン肉マン 32巻
単行本(32巻)
ページ数
191ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 8巻

キン肉マン 8巻
単行本(8巻)
ページ数
196ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 19巻

キン肉マン 19巻
単行本(19巻)
ページ数
195ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 4巻

キン肉マン 4巻
単行本(4巻)
ページ数
188ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 10巻

キン肉マン 10巻
単行本(10巻)
ページ数
193ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 46巻

キン肉マン 46巻
単行本(46巻)
ページ数
195ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

師ロビンが斃れ、悲しみながらもポーラマンを撃破したウォーズマン。だが、そこでネメシスより語られたのは、完璧・無量大数軍の真の目的だった! その頃、悪魔将軍が復活、「超人墓場」への侵攻を宣言し!?

キン肉マン 16巻

キン肉マン 16巻
単行本(16巻)
ページ数
180ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 40巻

キン肉マン 40巻
単行本(40巻)
ページ数
195ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

悪魔超人軍の乱入により、抗争が激化! だが、ステカセキングとミスターカーメンが続けざまに敗北。完璧超人が勢いづく中、ブラックホールがダルメシマンの自害さえ許さぬ完全勝利で、悪魔の矜持を見せつけた。

キン肉マン 34巻

キン肉マン 34巻
単行本(34巻)
ページ数
191ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 28巻

キン肉マン 28巻
単行本(28巻)
ページ数
204ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 22巻

キン肉マン 22巻
単行本(22巻)
ページ数
182ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 25巻

キン肉マン 25巻
単行本(25巻)
ページ数
191ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 27巻

キン肉マン 27巻
単行本(27巻)
ページ数
201ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン 24巻

キン肉マン 24巻
単行本(24巻)
ページ数
196ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

キン肉マン2世究極の超人タッグ編 28巻

キン肉マン2世究極の超人タッグ編 28巻
単行本(28巻)
ページ数
244ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

究極の超人タッグ決勝戦! 亡きカオスの代わりに、リングに立ったケビンマスク。ここに21世紀の名コンビ“ザ・坊っちゃんズ”が再結成された。一本目を先取されてしまうも、タッグの信頼と絆を掴んで迎えた二本目。抜群のコンビネーションを見せ、ついに時間超人の加速能力を破る事に成功! このまま優勢に試合を進めるかと思われたが、時間超人が奥の手を出して……!?

キン肉マン2世究極の超人タッグ編 27巻

キン肉マン2世究極の超人タッグ編 27巻
単行本(27巻)
ページ数
224ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

究極の超人タッグ戦はついに決勝戦。亡きカオスの魂を胸に、ひとりでリングに立った万太郎。2対1の戦いに押され始めたその時、謎のマスクマンが参戦。その正体はクリアベットより復活したケビンマスクだった。しかし、カオスとのタッグにこだわる万太郎は、ケビンを受け入れず、タッグの信頼を築けぬまま一本目を先取されてしまう。後がなくなったケビンが取った行動は…!?

キン肉マン2世究極の超人タッグ編 26巻

キン肉マン2世究極の超人タッグ編 26巻
単行本(26巻)
ページ数
224ページ
発売日
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

パートナー・カオスの死により、ひとりで決勝のリングに上がることを決意したキン肉万太郎。時間超人打倒のため、キン肉王族の奥義“マッスル・スパーク”を会得するべく特訓を始める。二体重層技といわれる高難度の技に手を焼くも、新世代超人たちが団結し、マッスル・スパーク“地”を会得。そしてついに決勝戦が開戦!! 孤軍奮闘する万太郎だが、そこに謎のマスクマンが現れ!?

1〜601ページ目を表示