「六田登」一覧|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て見放題のファイル投稿共有サイト

1〜571ページ目を表示
カテゴリ
並べ替え
アップロード期間

F REGENERATION 瑠璃 10巻

F REGENERATION 瑠璃 10巻
単行本(10巻)
ページ数
195ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

アンやマットらライバルたちとの激闘を制し、瑠璃はルーキーイヤーの2戦目にしていきなりインフィニティの頂点に立つという快挙を成し遂げた。 一方、ラスベガスに着いたポパイの母親とレーコは、ついにポパイに捕捉されてしま った。レーコを守ろうとするポパイの母は、レーコの身を賭けてポパイにルーレット勝負を挑む。「私が勝てば、今後レーコから一切手を引きな」ポパイの母の言葉ではじまったゲームの行方は――――。

F REGENERATION 瑠璃 9巻

F REGENERATION 瑠璃 9巻
単行本(9巻)
ページ数
195ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

インフィニティプロシリーズに初参戦した瑠璃は予選で驚異的なタイムを出して初日暫定1位、最終的にも予選4位の成績で本選に進出した。しかし本選で急遽ポパイが派遣したストッパーのウッド・ペッカーはまともな仕事をせず、他のマシンをつぶす指示ばかりを瑠璃に出す。不慮の事故により、期せずして言いなりにアンをつぶしてしまった瑠璃だったがポパイのやり方を見極めつつ、自分のレースをすることを決意するのだった。 その頃、ポパイの母親に拉致されたレーコは……。

F REGENERATION 瑠璃 7巻

F REGENERATION 瑠璃 7巻
単行本(7巻)
ページ数
195ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

恋人や家族を暗黒街の男、ポパイに次々と奪われていくトニー。 心身がボロボロにされ、一度はレースを欠場するが、賭博レースの為にレースを出ることを余儀なくされていた。 欠場明けのUSACミジェット第28戦セミファイナル、彼はライバルである瑠璃と、どのような戦いをするのだろうか!?

F REGENERATION 瑠璃 6巻

F REGENERATION 瑠璃 6巻
単行本(6巻)
ページ数
195ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

前走のレースで初のクラッシュにより無念のリタイヤに終わってしまった瑠璃であったが、クラッシュしたこと以上にトニーがレースで手を抜いているのではないかと疑い、そのことに納得のいかない様子であった。 そんなトニーは実は賭博に関わりレースに順位操作に加担していたのだ。 そんなある日、瑠璃はトニーに路上でレース勝負を申し込むのだが・・・・・・

F REGENERATION 瑠璃 8巻

F REGENERATION 瑠璃 8巻
単行本(8巻)
ページ数
195ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

トニーの命を奪ったポパイのチームに参加することとなった瑠璃であったが、テストレースでの成績を買われてミジェットクラスの上位クラスであるインフィニティプロシリーズに参戦することになった。 新しいクラスでのテスト走行で彼は女性ドライバーでありながら、今シーズン総合3位のアン・メイザーと出会う。 一方その頃日本では、純子に新しい出会いが待っていた……

F REGENERATION 瑠璃 12巻

F REGENERATION 瑠璃 12巻
単行本(12巻)
ページ数
180ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

ポパイは行方をくらまし、チームは解散。瑠璃は2レースの出場停止に追い込まれる。 残された出場のチャンスは最終戦のみ。そこに現われたのは、記憶を取り戻した加曾利だった! 最終戦で瑠璃を待つのは破竹の連勝を続けるジョー・ブラックと、最大の敵・赤木軍馬。 最後の舞台で瑠璃はどんな走りを見せるのか――――!? 感動巨編、堂々の完結!

F REGENERATION 瑠璃 11巻

F REGENERATION 瑠璃 11巻
単行本(11巻)
ページ数
195ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

瑠璃のスポッターを務めていたウッドは、ポパイの秘密を見てしまったことで恐怖に震え、ポパイの元を去る。空いたスポッターの座にイヴァンを据えたい瑠璃だが、イヴァンからは「俺をスポッターにしたいのなら力ずくでやってみろ」と言われ、勝負をすることに。瑠璃は、はたしてイヴァンとコンビを組むことができるだろうか―――。 タンギー・サーキットでは新たな才能が現われ、裏では着々とポパイの企みが進行。オーバルには伝説のレーサー、ジョー・ブラックが復帰するなど、四面楚歌の瑠璃に活路はあるのか!?

F REGENERATION 瑠璃 5巻

F REGENERATION 瑠璃 5巻
単行本(5巻)
ページ数
195ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

フェニックスのレース優勝をきっかけに瑠璃はアリゾナでの知名度を上げ、そしてその後も上位入賞し続けた。 これを快く思わない人がいた。それはレースが賭博の対象となっていたからであった。 一方でこの活躍がある人物の目に留まることになるのだが・・・・・・

F REGENERATION 瑠璃 4巻

F REGENERATION 瑠璃 4巻
単行本(4巻)
ページ数
195ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

デビュー戦で敗戦してしまった瑠璃はどうすればレースに勝てるようになるのか苦悩していた。 そんな時、瑠璃の働いている農場のオーナーからある言葉を投げかけられた。 「どんなにうまいカウンターもハデなドリフトも直線を走ることに比べりゃ―――すべてマイナス要因だってことじゃ。」 この言葉から瑠璃はどのような答えを見出し、雪辱戦に挑むのだが、予想だにしないアクシデントに見舞われる。 瑠璃はこの状況でどのような走りをするのだろうか!?

F REGENERATION 瑠璃 3巻

F REGENERATION 瑠璃 3巻
単行本(3巻)
ページ数
195ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

日本を旅立った瑠璃は植物状態になってしまったレイコと共にアメリカのアリゾナへと旅立った。その目的はかつて父である軍馬が熱中していた、レースをすることだった。 そのアリゾナの地でインデイアンカーレースに参戦することになった瑠璃であるが、排他的なアメリカ人にとって日本人が参戦すること自体が歓迎されていなかったのだ。 果たして瑠璃はアリゾナで無事にレースをすることができるのだろうか!?

F REGENERATION 瑠璃 2巻

F REGENERATION 瑠璃 2巻
単行本(2巻)
ページ数
195ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

賀茂との一騎打ちを繰り広げる瑠璃。ところがレイコの取った行動により、事態は思わぬ展開に。賀茂を振り切った瑠璃は、なんとか九州入りを果たす。 レースで優勝したい瑠璃。一方、レイコと加曾利の賭けにより、瑠璃が優勝すれば加曾利は死ぬことに。加曾利を死なせたくない瑠璃は葛藤する。 レイコはそんな瑠璃を罵倒し始める―走ることは死ぬことじゃないか、そんなこともわからないでアクセルを踏んでたのか、見損なった、あんたなんかが瑠璃色に光るわけがない、と。 レースに勝ちたいという想いと大加曾利を死なせたくないという想い、そしてレイコの想い。波乱のレースが再開する。

F REGENERATION 瑠璃 1巻

F REGENERATION 瑠璃 1巻
単行本(1巻)
ページ数
194ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

それは、岸田が首都高で渋滞に巻き込まれたタクシーの車内でのことだった。突如鳴り響いた怒声―なんぴとたりともオレの前は走らせねェェーッ。 懐かしい言葉に郷愁に駆られた岸田は、かつて友としてライバルとして自分の心を焦がした男、赤木軍馬に会いに行こうと決意する。 7~8年ぶりに軍馬のもとを訪れた岸田は、当時とは全くの別人のように、車の解体業を営んでいる軍馬の姿にショックを隠せない。 すべては軍馬の実の息子―瑠璃を車、ひいてはレースから遠ざけるためだった。そして、車が邪悪で不要なものだと身を持って示すため。 しかし、成長した瑠璃の写真を見た岸田は、先日自分が首都高で見かけた若者は、瑠璃だったと軍馬に告げる。

F(エフ) 8巻

F(エフ) 8巻
単行本(8巻)
ページ数
221ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

決勝レースもラストスパートに差し掛かり聖とのデットヒートを繰り広げる軍馬。 ラスト一周のところで軍馬は聖を抜き去るが、その直後、聖のマシンはコースアウトし大破してしまう。 そして、軍馬の出生の秘密が明かされる。

F(エフ) 18巻

F(エフ) 18巻
単行本(18巻)
ページ数
219ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

第1話 FASTCURE(ダイエット)・第2話 FRIGHTFULLEGS(リハビリ) 軍馬は3か月間ギブスをしていた為、両足の筋肉がゲッソリとそげ落ちてしまった。軍馬は満足に歩くことができなかったが、動かない足を必死に動かしてサコに会いに行く。彼女の変わり果てた姿に茫然とする。

F(エフ) 5巻

F(エフ) 5巻
単行本(5巻)
ページ数
223ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

デビュー3戦目、筑波FJ1600選手権Bクラス第5戦に出場した軍馬。 前回大破させたマシン・ベルコに替えて、慣れないマシン・マキシムに乗り込んだが、高い集中力で2勝目を飾る。 早速の祝勝会であったが、軍馬は、タモツから聖のメカニックになることを告げられ、 「てめェの顔なんぞ見たくもねェ!!」と殴りつけてしまう。

F(エフ) 24巻

F(エフ) 24巻
単行本(24巻)
ページ数
219ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

タモツが軍馬のために設計したF1マシンがついに完成した。しかし軍馬は、このマシンでは”アイツ”は抜けない!とタモツを罵倒する。 軍馬を失望させたタモツはこの状況をどう乗り越えるのか!? そして軍馬の言う”アイツ”とは一体誰なのか!?

F(エフ) 7巻

F(エフ) 7巻
単行本(7巻)
ページ数
210ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

お送りいただいたメールアドレスにデジタル複製原画(PDFデータ)を送付致します。締め切りは2014年8月末。 タモツの父、英二郎とコンビを組んで、初のF3シリーズ選手権に挑む軍馬。 舞台となる鈴鹿サーキットでの練習ではミスを連発し、英二郎を怒らせてしまう軍馬だったが、何とか予選を突破し決勝で宿敵の聖と戦うこととなる。

F(エフ) 12巻

F(エフ) 12巻
単行本(12巻)
ページ数
217ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

腹違いの兄の将馬と叔父の辰次郎、軍馬の元恋人のユキ、軍馬の知らないところで暗躍する人々。 そのころマカオでの栄誉をものにした軍馬は、次のステージに向けて着々と進んでいた。そして遂に軍馬をライバル視し続ける山口音也との一騎打ちへ!

F(エフ) 16巻

F(エフ) 16巻
単行本(16巻)
ページ数
217ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

第1話 FORSAKEN-LADY (泣く女)より 軍馬はヨーロッパF3000選手権第2戦を優勝で飾る。その後、軍馬はピーボーとサコのコンサート会場へ足を運び、ヤセ細り変わり果てたサコの姿に驚愕する。衝撃を受け悲しみにくれる軍馬たちは、サコを連れ戻す決心をする。

F(エフ) 4巻

F(エフ) 4巻
単行本(4巻)
ページ数
205ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

チェッカーフラッグ直前で、周回遅れのマシンと接触し、宙に浮きながら、ゴールインした軍馬。 マシンは大破し、炎に包まれるが、自力で脱出し、デビュー2戦目にしてみごとに初優勝を飾る。 さっそうと表彰台に立つ軍馬だが、意識を失ってしまう。

F(エフ) 9巻

F(エフ) 9巻
単行本(9巻)
ページ数
217ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

聖が亡くなり、目標を失った軍馬。レースには勝つものの、どこか上の空な状態が続く。そんな中、軍馬の前に山口音也という男が現れる。そこにR・チーパーも加わった三つ巴の戦いが、筑波の地で繰り広げられる。

F(エフ) 17巻

F(エフ) 17巻
単行本(17巻)
ページ数
217ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

第1話 FOOTSTEP (足取り)より サコとピーボーは軍馬に迷惑をかけないように、彼の前から姿を消した。記者らしき男たちが2人の家の周りをうろつくようになる。一方、軍馬はサコたちの生活が気になりながらも、その気持ちを押し殺すためにレースに没頭していた。

F(エフ) 26巻

F(エフ) 26巻
単行本(26巻)
ページ数
197ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

タモツの持てる技術をすべて出し切ったマシンがついに完成した。しかし、速過ぎるが故に、軍馬はこのマシンを乗りこなすことができなかった。 マシンを乗りこなすために軍馬は箱根峠での練習を試みるのだが…… そして、軍馬は純子が自分の子を妊娠していることを知ることとなる……

F(エフ) 3巻

F(エフ) 3巻
単行本(3巻)
ページ数
215ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

軍馬のデビュー戦が開始されたが、コース場に飛び出してきたカエルを避けようとして、1周目のバックストレートでガードレールに激突。デビュー戦の結果は、予選落ちとなってしまう。また、タモツのメカニック技術に惚れ込んだライバルの聖は、様々な手を使ってタモツを自分のチームに入れようと画策する。

F(エフ) 27巻

F(エフ) 27巻
単行本(27巻)
ページ数
219ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

イルカペイントは2周しかその効果を発揮しない。それ以上使えばブレーキングに大問題が生じるとも。 レースに出れば軍馬が死ぬというジーザスの予言、軍馬の無事を祈る純子の気持ち、そしてなにより「何人たりとも俺の前は走らせねぇ」という軍馬の信念。 純子の一言でレース出場を決心した軍馬。一方の純子は、音也にバイクで襲われる。イルカペイントは、レースは、そして軍馬の運命はどうなるのか……。

F(エフ) 1巻

F(エフ) 1巻
単行本(1巻)
ページ数
233ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

群馬県の巨大企業赤木グループの会長・総一郎と妾の間に生まれた赤木軍馬は、天才的なドライビング・テクニックを持つ高校生。口癖は「何人(なんぴと)たりとも俺の前は走らせねぇ」。総一郎が中央政界に進出するため赤木家を勘当された軍馬は、天才的なメカニック技術を持つ親友の大石タモツとレーサーになるために上京し、免許取得を目指す。

F(エフ) 28巻

F(エフ) 28巻
単行本(28巻)
ページ数
219ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

記憶が戻ったサコ。ジョージを殺した過去、そして命がけで愛した男、軍馬の存在もよみがえる。 健と結婚予定だったが、急遽モナコへ。偶然か必然か、その日はちょうどF1グランプリ第4戦決勝レースがある日だった。 モナコでは、軍馬が予選第2ヒートでトップタイムをたたき出し、日本人初のポールポジションを獲得。 純子は出産のため、病院へ。カーレースに全てを注ぎ込む、赤木軍馬のFシリーズ、感動の最終巻。

F(エフ) 14巻

F(エフ) 14巻
単行本(14巻)
ページ数
215ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

人の死をおそれるようになった軍馬。そんな軍馬を見て、サコはレースを辞める時期なのではないかと言う。軍馬はF3000にエントリーするハンス・レーシングチームのテストを受け、合格はしたものの思うような走りができず、内心苛立つ。その後レースに参加したものの、リタイアに終わってしまう。一方サコは、ジョージと契約を結び、デビュー曲の収録へと向かう。

F(エフ) 15巻

F(エフ) 15巻
単行本(15巻)
ページ数
219ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

人の死をおそれるようになった軍馬。そんな軍馬を見て、サコはレースを辞める時期なのではないかと言う。軍馬はF3000にエントリーするハンス・レーシングチームのテストを受け、合格はしたものの思うような走りができず、内心苛立つ。その後レースに参加したものの、リタイアに終わってしまう。一方サコは、ジョージと契約を結び、デビュー曲の収録へと向かう。

F(エフ) 23巻

F(エフ) 23巻
単行本(23巻)
ページ数
218ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

不運な事故でピーボーを失った軍馬はショックを受け、まともにレースすら出来ない精神状態に陥ってしまう。 そんな状態で迎えた国際F-3000シリーズの最終戦、ディジョンGP。果たして軍馬は宿敵ジーザスに勝ち、年間グランプリの座を勝ち取ることが出来るのだろうか!?

F(エフ) 11巻

F(エフ) 11巻
単行本(11巻)
ページ数
218ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

腹違いの兄の将馬と叔父の辰次郎、軍馬の元恋人のユキ、軍馬の知らないところで暗躍する人々。 そのころマカオでの栄誉をものにした軍馬は、次のステージに向けて着々と進んでいた。そして遂に軍馬をライバル視し続ける山口音也との一騎打ちへ!

F(エフ) 6巻

F(エフ) 6巻
単行本(6巻)
ページ数
219ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

メカニックとなったタモツとともに、シリーズ最終戦の全日本F3選手権第8戦に出場した聖。 F3初挑戦にも関わらず、タモツに投げキッスをする余裕を見せ、優勝を飾る。 見学していた軍馬は、F3の迫力を間近で感じ、F3への思いを募らせる。

F(エフ) 20巻

F(エフ) 20巻
単行本(20巻)
ページ数
219ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

第1話 FRY AND STEPMOTHER (時には母のない子のように) 第2話 FOSTER MOTHER (抱擁) 第3話 FRAIL (肩) 第4話 FRANTIC CRY (カナリヤ) 第5話 FORERUN (波動) 第6話 FRAUDULENT JUNKO (干渉) 第7話 FLYING MESSENGER (天空の使者) 第8話 FULL BACK ROW (最後尾) 第9話 FIXED DESTINY (決められた未知) 第10話 FIGHTING CHANCE (再スタート) 第11話 FORCIVEN CONDITION (許される条件) 第12話 FLIGHT OF RAINBOW (虹の階梯)

F(エフ) 21巻

F(エフ) 21巻
単行本(21巻)
ページ数
217ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

ピーボーと純子の関係を知ってしまった軍馬は血眼になってピーボーを探し始める。しかし、軍馬は思わぬ人物と出会った。そして、彼は自分を軍馬の運転する車に乗せろと言って軍馬を挑発してきたのだが……

F(エフ) 25巻

F(エフ) 25巻
単行本(25巻)
ページ数
217ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

ヨーロッパでの壮絶な戦いを終えて、日本に帰国した軍馬は懐かしの鈴鹿サーキットへ夢のF1、日本グランプリの観戦をしようとしていた。 ところが、ひょんなことからこのレースに軍馬が出場することになってしまった!果たして軍馬は世界のトップドライバー達を相手にどのような走りをするのか!?

F(エフ) 22巻

F(エフ) 22巻
単行本(22巻)
ページ数
217ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

ピーボーと純子が戻り精神面で充実していた軍馬は、バーミンガムGPの決勝レースで好調さを見せる。軍馬に激しい闘志を燃やしていた音也は、軍馬と激しいトップ争いを繰り広げる。自分の実力の限界をはるかに超えていた音也…果たして彼の運命は?

F(エフ) 13巻

F(エフ) 13巻
単行本(13巻)
ページ数
215ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

腹違いの兄の将馬と叔父の辰次郎、軍馬の元恋人のユキ、軍馬の知らないところで暗躍する人々。 そのころマカオでの栄誉をものにした軍馬は、次のステージに向けて着々と進んでいた。そして遂に軍馬をライバル視し続ける山口音也との一騎打ちへ!

F(エフ) 2巻

F(エフ) 2巻
単行本(2巻)
ページ数
213ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

軍馬たちが下宿するアパートの大家の姪の小森純子は、レース事故で死んだ元婚約者・龍二を思い続けていた。免許修得のため、純子から個人授業を受けることになった軍馬だが、運転席に乗り込むと、突然エンジンをかけ、猛スピードで走り出した。龍二が見たという「得体の知れない何か」を純子に見せると約束する軍馬。すれ違っていた二人だが、しだいに互いを認め仲間となっていく。

ダッシュ勝平 4巻

ダッシュ勝平  4巻
単行本(4巻)
ページ数
179ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

チビでお調子者の青林高校の1年生、坂本勝平は女の子と純白パンティが大好きな天才問題児。ある日、生活指導の岡崎先生に追われ、バスケット部に紛れ込んだ彼は、その類稀なる運動神経を立花キャプテンに買われ、入部を勧められる。女の子(の純白パンティ)にしか興味のない彼は断るが、そこへ現れた美人の夏コーチのスカートをめくり、純白だったという理由だけでバスケ部に入部希望する。だが、勝平はバスケのルールすら知らないド素人だった。

ダッシュ勝平 5巻

ダッシュ勝平  5巻
単行本(5巻)
ページ数
183ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

チビでお調子者の青林高校の1年生、坂本勝平は女の子と純白パンティが大好きな天才問題児。ある日、生活指導の岡崎先生に追われ、バスケット部に紛れ込んだ彼は、その類稀なる運動神経を立花キャプテンに買われ、入部を勧められる。女の子(の純白パンティ)にしか興味のない彼は断るが、そこへ現れた美人の夏コーチのスカートをめくり、純白だったという理由だけでバスケ部に入部希望する。だが、勝平はバスケのルールすら知らないド素人だった。

ダッシュ勝平 16巻

ダッシュ勝平  16巻
単行本(16巻)
ページ数
183ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

チビでお調子者の青林高校の1年生、坂本勝平は女の子と純白パンティが大好きな天才問題児。ある日、生活指導の岡崎先生に追われ、バスケット部に紛れ込んだ彼は、その類稀なる運動神経を立花キャプテンに買われ、入部を勧められる。女の子(の純白パンティ)にしか興味のない彼は断るが、そこへ現れた美人の夏コーチのスカートをめくり、純白だったという理由だけでバスケ部に入部希望する。だが、勝平はバスケのルールすら知らないド素人だった。

ダッシュ勝平 12巻

ダッシュ勝平  12巻
単行本(12巻)
ページ数
183ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

チビでお調子者の青林高校の1年生、坂本勝平は女の子と純白パンティが大好きな天才問題児。ある日、生活指導の岡崎先生に追われ、バスケット部に紛れ込んだ彼は、その類稀なる運動神経を立花キャプテンに買われ、入部を勧められる。女の子(の純白パンティ)にしか興味のない彼は断るが、そこへ現れた美人の夏コーチのスカートをめくり、純白だったという理由だけでバスケ部に入部希望する。だが、勝平はバスケのルールすら知らないド素人だった。

ダッシュ勝平 14巻

ダッシュ勝平  14巻
単行本(14巻)
ページ数
183ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

チビでお調子者の青林高校の1年生、坂本勝平は女の子と純白パンティが大好きな天才問題児。ある日、生活指導の岡崎先生に追われ、バスケット部に紛れ込んだ彼は、その類稀なる運動神経を立花キャプテンに買われ、入部を勧められる。女の子(の純白パンティ)にしか興味のない彼は断るが、そこへ現れた美人の夏コーチのスカートをめくり、純白だったという理由だけでバスケ部に入部希望する。だが、勝平はバスケのルールすら知らないド素人だった。

ダッシュ勝平 7巻

ダッシュ勝平  7巻
単行本(7巻)
ページ数
177ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

チビでお調子者の青林高校の1年生、坂本勝平は女の子と純白パンティが大好きな天才問題児。ある日、生活指導の岡崎先生に追われ、バスケット部に紛れ込んだ彼は、その類稀なる運動神経を立花キャプテンに買われ、入部を勧められる。女の子(の純白パンティ)にしか興味のない彼は断るが、そこへ現れた美人の夏コーチのスカートをめくり、純白だったという理由だけでバスケ部に入部希望する。だが、勝平はバスケのルールすら知らないド素人だった。

ダッシュ勝平 15巻

ダッシュ勝平  15巻
単行本(15巻)
ページ数
183ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

チビでお調子者の青林高校の1年生、坂本勝平は女の子と純白パンティが大好きな天才問題児。ある日、生活指導の岡崎先生に追われ、バスケット部に紛れ込んだ彼は、その類稀なる運動神経を立花キャプテンに買われ、入部を勧められる。女の子(の純白パンティ)にしか興味のない彼は断るが、そこへ現れた美人の夏コーチのスカートをめくり、純白だったという理由だけでバスケ部に入部希望する。だが、勝平はバスケのルールすら知らないド素人だった。

ダッシュ勝平 11巻

ダッシュ勝平  11巻
単行本(11巻)
ページ数
179ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

チビでお調子者の青林高校の1年生、坂本勝平は女の子と純白パンティが大好きな天才問題児。ある日、生活指導の岡崎先生に追われ、バスケット部に紛れ込んだ彼は、その類稀なる運動神経を立花キャプテンに買われ、入部を勧められる。女の子(の純白パンティ)にしか興味のない彼は断るが、そこへ現れた美人の夏コーチのスカートをめくり、純白だったという理由だけでバスケ部に入部希望する。だが、勝平はバスケのルールすら知らないド素人だった。

ダッシュ勝平 6巻

ダッシュ勝平  6巻
単行本(6巻)
ページ数
183ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

チビでお調子者の青林高校の1年生、坂本勝平は女の子と純白パンティが大好きな天才問題児。ある日、生活指導の岡崎先生に追われ、バスケット部に紛れ込んだ彼は、その類稀なる運動神経を立花キャプテンに買われ、入部を勧められる。女の子(の純白パンティ)にしか興味のない彼は断るが、そこへ現れた美人の夏コーチのスカートをめくり、純白だったという理由だけでバスケ部に入部希望する。だが、勝平はバスケのルールすら知らないド素人だった。

ダッシュ勝平 1巻

ダッシュ勝平  1巻
単行本(1巻)
ページ数
181ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

チビでお調子者の青林高校の1年生、坂本勝平は女の子と純白パンティが大好きな天才問題児。ある日、生活指導の岡崎先生に追われ、バスケット部に紛れ込んだ彼は、その類稀なる運動神経を立花キャプテンに買われ、入部を勧められる。女の子(の純白パンティ)にしか興味のない彼は断るが、そこへ現れた美人の夏コーチのスカートをめくり、純白だったという理由だけでバスケ部に入部希望する。だが、勝平はバスケのルールすら知らないド素人だった。

ダッシュ勝平 17巻

ダッシュ勝平  17巻
単行本(17巻)
ページ数
183ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

チビでお調子者の青林高校の1年生、坂本勝平は女の子と純白パンティが大好きな天才問題児。ある日、生活指導の岡崎先生に追われ、バスケット部に紛れ込んだ彼は、その類稀なる運動神経を立花キャプテンに買われ、入部を勧められる。女の子(の純白パンティ)にしか興味のない彼は断るが、そこへ現れた美人の夏コーチのスカートをめくり、純白だったという理由だけでバスケ部に入部希望する。だが、勝平はバスケのルールすら知らないド素人だった。

ダッシュ勝平 2巻

ダッシュ勝平  2巻
単行本(2巻)
ページ数
183ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

チビでお調子者の青林高校の1年生、坂本勝平は女の子と純白パンティが大好きな天才問題児。ある日、生活指導の岡崎先生に追われ、バスケット部に紛れ込んだ彼は、その類稀なる運動神経を立花キャプテンに買われ、入部を勧められる。女の子(の純白パンティ)にしか興味のない彼は断るが、そこへ現れた美人の夏コーチのスカートをめくり、純白だったという理由だけでバスケ部に入部希望する。だが、勝平はバスケのルールすら知らないド素人だった。

ダッシュ勝平 8巻

ダッシュ勝平  8巻
単行本(8巻)
ページ数
187ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

チビでお調子者の青林高校の1年生、坂本勝平は女の子と純白パンティが大好きな天才問題児。ある日、生活指導の岡崎先生に追われ、バスケット部に紛れ込んだ彼は、その類稀なる運動神経を立花キャプテンに買われ、入部を勧められる。女の子(の純白パンティ)にしか興味のない彼は断るが、そこへ現れた美人の夏コーチのスカートをめくり、純白だったという理由だけでバスケ部に入部希望する。だが、勝平はバスケのルールすら知らないド素人だった。

ダッシュ勝平 13巻

ダッシュ勝平  13巻
単行本(13巻)
ページ数
187ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

チビでお調子者の青林高校の1年生、坂本勝平は女の子と純白パンティが大好きな天才問題児。ある日、生活指導の岡崎先生に追われ、バスケット部に紛れ込んだ彼は、その類稀なる運動神経を立花キャプテンに買われ、入部を勧められる。女の子(の純白パンティ)にしか興味のない彼は断るが、そこへ現れた美人の夏コーチのスカートをめくり、純白だったという理由だけでバスケ部に入部希望する。だが、勝平はバスケのルールすら知らないド素人だった。

ダッシュ勝平 10巻

ダッシュ勝平  10巻
単行本(10巻)
ページ数
177ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

チビでお調子者の青林高校の1年生、坂本勝平は女の子と純白パンティが大好きな天才問題児。ある日、生活指導の岡崎先生に追われ、バスケット部に紛れ込んだ彼は、その類稀なる運動神経を立花キャプテンに買われ、入部を勧められる。女の子(の純白パンティ)にしか興味のない彼は断るが、そこへ現れた美人の夏コーチのスカートをめくり、純白だったという理由だけでバスケ部に入部希望する。だが、勝平はバスケのルールすら知らないド素人だった。

ダッシュ勝平 3巻

ダッシュ勝平  3巻
単行本(3巻)
ページ数
189ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

チビでお調子者の青林高校の1年生、坂本勝平は女の子と純白パンティが大好きな天才問題児。ある日、生活指導の岡崎先生に追われ、バスケット部に紛れ込んだ彼は、その類稀なる運動神経を立花キャプテンに買われ、入部を勧められる。女の子(の純白パンティ)にしか興味のない彼は断るが、そこへ現れた美人の夏コーチのスカートをめくり、純白だったという理由だけでバスケ部に入部希望する。だが、勝平はバスケのルールすら知らないド素人だった。

ダッシュ勝平 9巻

ダッシュ勝平  9巻
単行本(9巻)
ページ数
185ページ
発売日
作家名

六田登

閲覧数:0回(投稿)

チビでお調子者の青林高校の1年生、坂本勝平は女の子と純白パンティが大好きな天才問題児。ある日、生活指導の岡崎先生に追われ、バスケット部に紛れ込んだ彼は、その類稀なる運動神経を立花キャプテンに買われ、入部を勧められる。女の子(の純白パンティ)にしか興味のない彼は断るが、そこへ現れた美人の夏コーチのスカートをめくり、純白だったという理由だけでバスケ部に入部希望する。だが、勝平はバスケのルールすら知らないド素人だった。

1〜571ページ目を表示