「城アラキ」一覧|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て見放題のファイル投稿共有サイト

1〜601ページ目を表示
カテゴリ
並べ替え
アップロード期間

バーテンダー a Paris 6巻

バーテンダー a Paris   6巻
単行本(6巻)
ページ数
201ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

出会いがあれば、別れがある──。カクテルコンテストを通じて己と向き合い、過去と訣別した蓮。一方で、銀座の名バーテンダー・守屋との出会いが、蓮の未来を大きく変え…?

バーテンダー a Paris 5巻

バーテンダー a Paris   5巻
単行本(5巻)
ページ数
197ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

運命に導かれるように、カクテルコンテストへの出場を決めた蓮。過去を見つめ、未来を切り拓く一杯を創ろうとするが、銀座の老舗バーで修業してきた思わぬライバルが現れ…?

バーテンダー a Paris 4巻

バーテンダー a Paris   4巻
単行本(4巻)
ページ数
197ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

人は去っても、その夢はレシピとして永遠に残る──。そんなオリジナルカクテルを作るヒントを得るため、蓮はついに佐々倉溜がパリに残した「神のグラス」と対面する…!!

ソムリエール 21巻

ソムリエール 21巻
単行本(最終巻)
ページ数
194ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

「ありがとう、そしてさよなら、私の足長おじさん──。」 観月樹里と神父のジョン・スミスとともにある教会を訪れた樹カナ。そこで全ての過去を知る総司教から長年の謎の答えを与えられるはずだった。しかし、総司教の死と共に手がかりは失われたかに見えた。そして……。ワインが紡ぐ素晴らしき感動の物語、完結!

バーテンダー a Paris 3巻

バーテンダー a Paris   3巻
単行本(3巻)
ページ数
199ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

一人で抱え込むには大きすぎる悲しみ。そんなものと直面した時、必要とされるバーテンダーでありたい。今宵最初のお客様は、一見軽薄な遊び人。だが、その魂には大きな傷が…?

バーテンダー a Paris 2巻

バーテンダー a Paris   2巻
単行本(2巻)
ページ数
203ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

パリの路地裏のバー「ラ・セーヌ」で、バーテンダーとしての居場所を見つけた佐島蓮。同僚の計らいで得た休日に街に出たところ、そこで悩める日本人の女の子と出会い…?

ソムリエール 20巻

ソムリエール 20巻
単行本(20巻)
ページ数
194ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

「全ての秘密が、ここフランスにある」 自分の過去を知るために、フランスに来た樹カナ。唯一の手がかりはロワールの教会で片瀬が見つけたワインボトル。カナは現地で知り合った「ジョン・スミス」と名乗る謎の男とともに、ロワールへ向かうが……!? ワインの故郷フランスで繰り広げられる、素晴らしき人間ドラマ6編収録!!

バーテンダー a Paris 1巻

バーテンダー a Paris   1巻
単行本(1巻)
ページ数
215ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

バーテンダーの勉強のため単身パリへやってきた佐島蓮。希望に胸を膨らませた蓮だったが、スリに遭い、お金もパスポートも失ってしまう。やがて路地裏のバーへ辿り着くが…!?

ソムリエール 19巻

ソムリエール 19巻
単行本(19巻)
ページ数
182ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

両親を亡くしながらも篤志家の援助で、ワインの本場フランスの大学の醸造科を卒業した樹カナ。卒業後育った施設で子供達と共に、施設存続の為のワイン造りに励んでいたが、ある日彼女に転機が訪れる。施設への資金援助を行っていた篤志家から、援助打ち切りが弁護士から告げられたのだ。援助を続ける条件として、カナに日本のある店に勤めることが提示される。これを受け、東京のレストラン「エスポワール(L'ESPOIR)」にソムリエ(ソムリエール)見習いとして勤めることになる。

ソムリエール 18巻

ソムリエール 18巻
単行本(18巻)
ページ数
188ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

両親を亡くしながらも篤志家の援助で、ワインの本場フランスの大学の醸造科を卒業した樹カナ。卒業後育った施設で子供達と共に、施設存続の為のワイン造りに励んでいたが、ある日彼女に転機が訪れる。施設への資金援助を行っていた篤志家から、援助打ち切りが弁護士から告げられたのだ。援助を続ける条件として、カナに日本のある店に勤めることが提示される。これを受け、東京のレストラン「エスポワール(L'ESPOIR)」にソムリエ(ソムリエール)見習いとして勤めることになる。

バーテンダー 19巻

バーテンダー 19巻
単行本(19巻)
ページ数
193ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

佐々倉溜、独立開業――。関係者を招いた華やかなプレ・オープンを終え、迎えた開店初日。ところが開店時間を過ぎてもお客様はゼロ…新店の先行きに暗雲が立ち始めた頃、一人目のお客様が来店し!?

バーテンダー 20巻

バーテンダー 20巻
単行本(20巻)
ページ数
201ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

新しい店を訪れる新しいお客様。今宵訪れたお客様は、バーでの一人飲みに憧れる女性・片桐様と定年間近の男性。カウンターで隣り合ったお客様同士の繋がりが、思わぬドラマを呼び込んで…!?

ソムリエール 17巻

ソムリエール 17巻
単行本(17巻)
ページ数
179ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

両親を亡くしながらも篤志家の援助で、ワインの本場フランスの大学の醸造科を卒業した樹カナ。卒業後育った施設で子供達と共に、施設存続の為のワイン造りに励んでいたが、ある日彼女に転機が訪れる。施設への資金援助を行っていた篤志家から、援助打ち切りが弁護士から告げられたのだ。援助を続ける条件として、カナに日本のある店に勤めることが提示される。これを受け、東京のレストラン「エスポワール(L'ESPOIR)」にソムリエ(ソムリエール)見習いとして勤めることになる。

ソムリエール 16巻

ソムリエール 16巻
単行本(16巻)
ページ数
187ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

両親を亡くしながらも篤志家の援助で、ワインの本場フランスの大学の醸造科を卒業した樹カナ。卒業後育った施設で子供達と共に、施設存続の為のワイン造りに励んでいたが、ある日彼女に転機が訪れる。施設への資金援助を行っていた篤志家から、援助打ち切りが弁護士から告げられたのだ。援助を続ける条件として、カナに日本のある店に勤めることが提示される。これを受け、東京のレストラン「エスポワール(L'ESPOIR)」にソムリエ(ソムリエール)見習いとして勤めることになる。

ソムリエール 15巻

ソムリエール 15巻
単行本(15巻)
ページ数
184ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

両親を亡くしながらも篤志家の援助で、ワインの本場フランスの大学の醸造科を卒業した樹カナ。卒業後育った施設で子供達と共に、施設存続の為のワイン造りに励んでいたが、ある日彼女に転機が訪れる。施設への資金援助を行っていた篤志家から、援助打ち切りが弁護士から告げられたのだ。援助を続ける条件として、カナに日本のある店に勤めることが提示される。これを受け、東京のレストラン「エスポワール(L'ESPOIR)」にソムリエ(ソムリエール)見習いとして勤めることになる。

ソムリエール 14巻

ソムリエール 14巻
単行本(14巻)
ページ数
183ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

両親を亡くしながらも篤志家の援助で、ワインの本場フランスの大学の醸造科を卒業した樹カナ。卒業後育った施設で子供達と共に、施設存続の為のワイン造りに励んでいたが、ある日彼女に転機が訪れる。施設への資金援助を行っていた篤志家から、援助打ち切りが弁護士から告げられたのだ。援助を続ける条件として、カナに日本のある店に勤めることが提示される。これを受け、東京のレストラン「エスポワール(L'ESPOIR)」にソムリエ(ソムリエール)見習いとして勤めることになる。

バーテンダー 18巻

バーテンダー 18巻
単行本(18巻)
ページ数
201ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

イーデンホール閉店を機に、自分の店を持つと決めた溜。開店準備の第一歩として向かった先は銀座の老舗酒卸問屋。だが銀座のバー全ての情報を握る問屋の主人は、一流バーテンダーですら恐れる頑固者で…!?

ソムリエール 13巻

ソムリエール 13巻
単行本(13巻)
ページ数
185ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

両親を亡くしながらも篤志家の援助で、ワインの本場フランスの大学の醸造科を卒業した樹カナ。卒業後育った施設で子供達と共に、施設存続の為のワイン造りに励んでいたが、ある日彼女に転機が訪れる。施設への資金援助を行っていた篤志家から、援助打ち切りが弁護士から告げられたのだ。援助を続ける条件として、カナに日本のある店に勤めることが提示される。これを受け、東京のレストラン「エスポワール(L'ESPOIR)」にソムリエ(ソムリエール)見習いとして勤めることになる。

ソムリエール 12巻

ソムリエール 12巻
単行本(12巻)
ページ数
194ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

両親を亡くしながらも篤志家の援助で、ワインの本場フランスの大学の醸造科を卒業した樹カナ。卒業後育った施設で子供達と共に、施設存続の為のワイン造りに励んでいたが、ある日彼女に転機が訪れる。施設への資金援助を行っていた篤志家から、援助打ち切りが弁護士から告げられたのだ。援助を続ける条件として、カナに日本のある店に勤めることが提示される。これを受け、東京のレストラン「エスポワール(L'ESPOIR)」にソムリエ(ソムリエール)見習いとして勤めることになる。

ソムリエール 11巻

ソムリエール 11巻
単行本(11巻)
ページ数
194ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

両親を亡くしながらも篤志家の援助で、ワインの本場フランスの大学の醸造科を卒業した樹カナ。卒業後育った施設で子供達と共に、施設存続の為のワイン造りに励んでいたが、ある日彼女に転機が訪れる。施設への資金援助を行っていた篤志家から、援助打ち切りが弁護士から告げられたのだ。援助を続ける条件として、カナに日本のある店に勤めることが提示される。これを受け、東京のレストラン「エスポワール(L'ESPOIR)」にソムリエ(ソムリエール)見習いとして勤めることになる。

ソムリエール 10巻

ソムリエール 10巻
単行本(10巻)
ページ数
224ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

両親を亡くしながらも篤志家の援助で、ワインの本場フランスの大学の醸造科を卒業した樹カナ。卒業後育った施設で子供達と共に、施設存続の為のワイン造りに励んでいたが、ある日彼女に転機が訪れる。施設への資金援助を行っていた篤志家から、援助打ち切りが弁護士から告げられたのだ。援助を続ける条件として、カナに日本のある店に勤めることが提示される。これを受け、東京のレストラン「エスポワール(L'ESPOIR)」にソムリエ(ソムリエール)見習いとして勤めることになる。

ソムリエール 9巻

ソムリエール 9巻
単行本(9巻)
ページ数
230ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

両親を亡くしながらも篤志家の援助で、ワインの本場フランスの大学の醸造科を卒業した樹カナ。卒業後育った施設で子供達と共に、施設存続の為のワイン造りに励んでいたが、ある日彼女に転機が訪れる。施設への資金援助を行っていた篤志家から、援助打ち切りが弁護士から告げられたのだ。援助を続ける条件として、カナに日本のある店に勤めることが提示される。これを受け、東京のレストラン「エスポワール(L'ESPOIR)」にソムリエ(ソムリエール)見習いとして勤めることになる。

ソムリエール 8巻

ソムリエール 8巻
単行本(8巻)
ページ数
218ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

両親を亡くしながらも篤志家の援助で、ワインの本場フランスの大学の醸造科を卒業した樹カナ。卒業後育った施設で子供達と共に、施設存続の為のワイン造りに励んでいたが、ある日彼女に転機が訪れる。施設への資金援助を行っていた篤志家から、援助打ち切りが弁護士から告げられたのだ。援助を続ける条件として、カナに日本のある店に勤めることが提示される。これを受け、東京のレストラン「エスポワール(L'ESPOIR)」にソムリエ(ソムリエール)見習いとして勤めることになる。

ソムリエール 7巻

ソムリエール 7巻
単行本(7巻)
ページ数
204ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

「なぜだ? ブショネのロマネ・コンティが…よみがえった!!!」 “死んでしまった”高級ワインを救うため、カナがかけた「魔法」とは? そして男性に騙されているとわかっていても目を背け続ける女性に提供した「嘘つきのワイン」とは? 素晴らしき人生を極上ワインで紡ぐ感動の6編

ソムリエール 6巻

ソムリエール 6巻
単行本(6巻)
ページ数
224ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

「歴史の不幸は愛し合うことでしか超えられない」 一本のワインに秘された日豪の悲しき記憶と消えぬ愛! そして亡き画家の“想い”にカナが提供した特別なワインとは? 瑞々しい人生を極上ワインで綴る感涙の6編

バーテンダー 17巻

バーテンダー 17巻
単行本(17巻)
ページ数
202ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

溜が独立? 尊敬する師匠の思わぬ噂に困惑しながらも、面と向かって真意を聞けない見習いバーテンダーの翼。そんななか、長期入院中のカーディナル経営者・来島会長が突如イーデンホールに来店し!?

バーテンダー 13巻

バーテンダー 13巻
単行本(13巻)
ページ数
201ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

溜が一人で任されているバー・イーデンホールに、見習いバーテンダーが入ってきた。だが彼はホテルの新入社員で、バーはあくまで「配属部署」。思い描いた社会人生活との違いに、次第に不満を高まらせ…!?

バーテンダー 15巻

バーテンダー 15巻
単行本(15巻)
ページ数
202ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

見習い・和久井翼を加え、騒がしくも活気を増したバー・イーデンホール。人をひとり育てて一人前、という師の言葉を胸に自らも「師匠見習い」として研鑽を積む溜が翼を教育すべく連れ出した2軒のバーとは!?

バーテンダー 16巻

バーテンダー 16巻
単行本(16巻)
ページ数
202ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

傷つき、敗れた人はなぜ北へ向かうのか? 休暇を利用し北海道へと渡った溜。パリからの帰国以来、6年ぶりに訪れた街で溜が向かう先とは? 旅先での出会いが紡ぐ珠玉のエピソード「北海道編」完全収録の第16巻。

バーテンダー 11巻

バーテンダー 11巻
単行本(11巻)
ページ数
206ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

思わぬ女性との再会、会社での昇進、娘の結婚…。人生の転機を迎えたとき、必要とされるのはバーテンダーと一杯の酒。だが、そんな一杯を出し続ける溜とホテルスタッフにも、転機となる大きな事件が!?

バーテンダー 14巻

バーテンダー 14巻
単行本(14巻)
ページ数
202ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

見習い・和久井翼を加え、騒がしくも活気を増したバー・イーデンホール。人をひとり育てて一人前、という師の言葉を胸に自らも「師匠見習い」として研鑽を積む溜が翼を教育すべく連れ出した2軒のバーとは!?

バーテンダー 12巻

バーテンダー 12巻
単行本(12巻)
ページ数
204ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

すれ違う夫婦、和解せぬ親子、わだかまりを抱えた旧友。対面の場所として選ばれたバー・イーデンホールでは、佐々倉溜の一杯が人と人とを優しく結びつける。「ホテル編」珠玉のエピソード収録の第12巻。

ソムリエール 5巻

ソムリエール 5巻
単行本(5巻)
ページ数
211ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

「はい。だから私も運命になんか負けません。」 両親を失いながらも篤志家の援助により大学の醸造科を卒業した樹カナ。自らも出身である施設で、子供達とワインを造っていた彼女の元に届いた、ある“理不尽な申し出”とは…?

ソムリエール 4巻

ソムリエール 4巻
単行本(4巻)
ページ数
225ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

「はい。だから私も運命になんか負けません。」 両親を失いながらも篤志家の援助により大学の醸造科を卒業した樹カナ。自らも出身である施設で、子供達とワインを造っていた彼女の元に届いた、ある“理不尽な申し出”とは…?

ソムリエール 3巻

ソムリエール 3巻
単行本(3巻)
ページ数
210ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

「はい。だから私も運命になんか負けません。」 両親を失いながらも篤志家の援助により大学の醸造科を卒業した樹カナ。自らも出身である施設で、子供達とワインを造っていた彼女の元に届いた、ある“理不尽な申し出”とは…?

バーテンダー 8巻

バーテンダー 8巻
単行本(8巻)
ページ数
206ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

クテルコンクールで優勝した自信が『神のグラス』を生んだ―。溜の過去の実績を知り、自分もコンクールに出たいと考え始めた京子は、出場を認めてもらうべく師匠・南の前でマティーニを作るが!?

バーテンダー 9巻

バーテンダー 9巻
単行本(9巻)
ページ数
207ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

汐留に完成したホテル・カーディナル。来島会長の誘いを受け、銀座のバーからホテルへと舞台を移す決意をした溜のもとへ、新規オープンのホテルバーならではの「珍しいお客様」が次々と訪れて…!?

バーテンダー 10巻

バーテンダー 10巻
単行本(10巻)
ページ数
206ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

時代、そして流行とともに移り変わる酒の味わい。昔よりアルコール度数を大幅に下げた銘柄に、時代に流され行く己の音楽を重ね合わせるミュージシャンに対し、溜が出した「魂」の一杯とは……!?

バーテンダー 7巻

バーテンダー 7巻
単行本(7巻)
ページ数
206ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

クテルコンクールで優勝した自信が『神のグラス』を生んだ―。溜の過去の実績を知り、自分もコンクールに出たいと考え始めた京子は、出場を認めてもらうべく師匠・南の前でマティーニを作るが!?

ソムリエール 2巻

ソムリエール 2巻
単行本(2巻)
ページ数
198ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

「はい。だから私も運命になんか負けません。」 両親を失いながらも篤志家の援助により大学の醸造科を卒業した樹カナ。自らも出身である施設で、子供達とワインを造っていた彼女の元に届いた、ある“理不尽な申し出”とは…?

ソムリエール 1巻

ソムリエール 1巻
単行本(1巻)
ページ数
208ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

「はい。だから私も運命になんか負けません。」 両親を失いながらも篤志家の援助により大学の醸造科を卒業した樹カナ。自らも出身である施設で、子供達とワインを造っていた彼女の元に届いた、ある“理不尽な申し出”とは…?

バーテンダー 4巻

バーテンダー 4巻
単行本(4巻)
ページ数
209ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

君のカクテルは完璧からは程遠い―。ミスター・パーフェクトと呼ばれる熟練バーテンダー・葛原にそう指摘された佐々倉溜。自分のカクテルに何が足りないのか。それを確かめるべく、葛原の店へ…!!

バーテンダー 6巻

バーテンダー 6巻
単行本(6巻)
ページ数
205ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

溜が一人でカウンターを任されているバー・イーデンホール。今宵訪れたお客様は、常連の商社マン・早瀬と傷心の美人外科医。葉巻の煙をめぐるトラブルが、2人の間に思わぬドラマを呼び込んで…!?

バーテンダー 5巻

バーテンダー 5巻
単行本(5巻)
ページ数
208ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

銀座の名店・バー東山を出ることになった溜。至高のサービスを追求するバーテンダー・東山から最後の餞別として供された一杯のウイスキーに、込められた若きバーテンダーへのメッセージとは…!?

バーテンダー 3巻

バーテンダー 3巻
単行本(3巻)
ページ数
209ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

君のカクテルは完璧からは程遠い―。ミスター・パーフェクトと呼ばれる熟練バーテンダー・葛原にそう指摘された佐々倉溜。自分のカクテルに何が足りないのか。それを確かめるべく、葛原の店へ…!!

バーテンダー 2巻

バーテンダー 2巻
単行本(2巻)
ページ数
207ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

君のカクテルは完璧からは程遠い―。ミスター・パーフェクトと呼ばれる熟練バーテンダー・葛原にそう指摘された佐々倉溜。自分のカクテルに何が足りないのか。それを確かめるべく、葛原の店へ…!!

バーテンダー 1巻

バーテンダー 1巻
単行本(1巻)
ページ数
214ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

新しくオープンするBARのため、バーテンダーを探していたホテル社員・美和。かつて世界的なコンクールで優勝したこともある天才バーテンダー・佐々倉溜と出会い、半信半疑で採用面接の場に送り込むが…!?

新ソムリエ瞬のワイン 6巻

新ソムリエ瞬のワイン  6巻
単行本(6巻)
ページ数
270ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

「最高のソムリエ」といわれつつ、ワインを取り巻く状況に絶望し、彷徨い続けていた北村瞬。だが、偶然に再会した親友に新規開店のレストランでソムリエの職に就くことを熱心に誘われ…。ワインに込められた情熱と、飲む者のドラマを、瞬が感動へと昇華させる!

新ソムリエ瞬のワイン 5巻

新ソムリエ瞬のワイン  5巻
単行本(5巻)
ページ数
268ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

「最高のソムリエ」といわれつつ、ワインを取り巻く状況に絶望し、彷徨い続けていた北村瞬。だが、偶然に再会した親友に新規開店のレストランでソムリエの職に就くことを熱心に誘われ…。ワインに込められた情熱と、飲む者のドラマを、瞬が感動へと昇華させる!

新ソムリエ瞬のワイン 4巻

新ソムリエ瞬のワイン  4巻
単行本(4巻)
ページ数
266ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

「最高のソムリエ」といわれつつ、ワインを取り巻く状況に絶望し、彷徨い続けていた北村瞬。だが、偶然に再会した親友に新規開店のレストランでソムリエの職に就くことを熱心に誘われ…。ワインに込められた情熱と、飲む者のドラマを、瞬が感動へと昇華させる!

新ソムリエ瞬のワイン 3巻

新ソムリエ瞬のワイン  3巻
単行本(3巻)
ページ数
283ページ
発売日
作家名

城アラキ

閲覧数:0回(投稿)

「最高のソムリエ」といわれつつ、ワインを取り巻く状況に絶望し、彷徨い続けていた北村瞬。だが、偶然に再会した親友に新規開店のレストランでソムリエの職に就くことを熱心に誘われ…。ワインに込められた情熱と、飲む者のドラマを、瞬が感動へと昇華させる!

1〜601ページ目を表示