「藤原カムイ」一覧|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て見放題のファイル投稿共有サイト

1〜601ページ目を表示
カテゴリ
並べ替え
アップロード期間

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 26巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  26巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
209ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

舞台はアリアハン平原。獣王グノン、ゾルマフィオーレ、そして大地を覆うようにはびこる木の根から次々に生み出されるモンスターの大群を相手に、苦戦する勇者アロス達。ジパングでは、イサリが最後の神器を神座(カミクラ)へと納め、ついに全ての呪文がこの世界に復活を果たす!! しかし、神器からは今まで計測されたことのない力が発され、神器の聖域の守人達は神座へと集結し、精霊との対話を試みることに。時同じくして、復活した呪文で応戦するも、モンスターの数に押されて絶体絶命かのようなアリアハンで、民を守りながら戦っていたシルシルとミシルが、大きな決断を下す───!! 導かれし者達の物語、第二十六幕───。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 25巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  25巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
195ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

クインゾルマが復活して、世界中に出現した“木の根”。無差別に生き物を取り込んでは、新たな魔物を生み出すその“根”は、アリアハンにも甚大な被害をもたらしていた。かけつけたアロス達を最初に待ち受けていたのは、復活した新生・獣王グノンが率いる四天王!! かつて勇者を見捨てたという過去を悔いていたアリアハンの民も、アロス達を懸命に援助する。戦況の変化を受け、ベゼルは雷の神器・シュライをジパングのイサリへ届けにいくが、炎の神器・オウエンを納めたイサリのダメージが大きすぎ……。新たなアリアハンの戦いは始まったばかり!! 導かれし者達の物語、第二十五幕───。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 24巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  24巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
193ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

勇者、因縁の地にて天地万物の大バトル! ! 新章[アリアハン編]開幕! ! 6種のオーブを全て手に入れたクインゾルマは、この世界に復活を果たした。彼女の目的、それは「ゾーマが率いる帝国を復活させること」だった───! 戦慄するアロス等は、アレフガルドから地上世界へと向かう。舞台となるのは。かつての合戦の地に現れたのは、軍師・新生獣王グノンとその四天王! ! そして、見覚えのある姿をした女の魔物が一人……。新たなバトルが、ここから始まる! ! 導かれし者達の物語、第二十四幕───。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 23巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  23巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
197ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

逃げないと決めた。そして僕等は勇者となる───! ! 竜王城を舞台に、二つの戦いが平行していた。勇者アロスと、闇に沈むアニス。アレフガルドを統(す)べる竜王(りゅうおう)と、レッドオーブの守護竜レド。オーブを巡る戦いは最終局面へ。そして激しい衝突の末、アロスとアニスの確執にもついに決着が……! ? 世界は、ラーミアを完全に取り込んだクインゾルマの策謀に溺れて、もう抗(あらが)うこともかなわない───! 導かれし者達の物語、第二十三幕─────。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 22巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  22巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
193ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

来るべき戦いのために、竜王の下で修業に励むアロス。シルシルとミシルとともに本気の戦いを挑む。ファン爺を追ってバハラタへ向かっていたリーは、そこで宿敵グードと再び相見える。魔石の力を得てさらに強くなったグードに苦戦を強いられるリー。その様子を鏡の世界から見守っていたヤオは、自らのことを省みない行動へ……! その時、リーの封じられていた本当の力が解放される───!!! 鏡の中の世界では、クインゾルマがアラン・アステア達の前に姿を現し、一触即発の事態に!! 導かれし者達の物語、第二十二幕────。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 21巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  21巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
193ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

潮の神器を狙ってジパングの神座に攻め入ったハロルド。果敢に立ち向かうも、瀕死となって倒れたイサリの前に現れたのは、賢王として覚醒したベゼルだった! ファン爺とヤオは、取り込まれた異世界で神鳥ラーミアと出会い、そこがラーミアの卵の中の世界であることを知る。一方、ファン爺を捜しに向かったリーは、バハラタの地で強力な魔物が“何か”を守っていることに感づく。雷の力を手にしたアニスは、修業の仕上げとして、ラダトーム城へと攻め込む──! 導かれし者達の物語、第二十一幕─────。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 20巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  20巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
195ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

蜃気楼の塔へとやってきたポロン、レーベン、ベゼル達。塔の中で異空間の迷宮へと迷い込んだレーベンとベゼルは、賢王となるための試練を課せられることになる。はたして、無事新たなる賢王が誕生し、この迷宮から抜け出せるのか───!? その時、ジパングには神器を狙うハロルドの魔の手が迫っていた。イサリは、自らの使命を帯びて、人ならざる者へと変貌しつつあるハロルドと対峙するが───!? 導かれし者達の物語、第二十幕─────。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 19巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  19巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
197ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

竜王の元で修業をすることになった勇者アロス。 竜王城の地下に蠢く瘴気を祓いに向かったアロスは、そこで大魔王ゾーマの怨念、そしてシドーと遭遇する!! 彼らとの戦いで、勇者としてまた一つ上のステージへ……。 クインゾルマに唆され、アロスへの憎悪をつのらせる実妹・アニスとの決戦も近い───!? 一方、炎の神器をベゼルの体内から取り出すため、賢者の覚醒が切望されていた。ポロン達が賢者の手がかりを探すべく向かったのは、賢王カダルゆかりの地・スー。 そこで、彼らは蜃気楼の塔の出現を目の当たりにし───!? 導かれし者達の物語、第十九幕─────。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 18巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  18巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
207ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

クインゾルマの策略により、5つのオーブはその手中に納まってしまった。 残る最後のパープルオーブが竜王の手にあることを知り、地下世界へ急いだアロス達。 訪れた城塞都市メルキドには人間の姿はなく、クインゾルマがオーブ捜索のため差し向けた魔物がアロス達に襲いかかってきた。 その窮地を救ったのは…地下世界の魔物を統べる竜王だった!! それを契機に地下世界でクインゾルマ率いる魔物軍と竜王軍の想像を絶する戦いが勃発する───!!! はたして竜王は人類の味方なのか、オーブを巡る死闘、そしてパープルオーブの行方は…? 導かれし者達の物語、第十八幕─────。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 17巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  17巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
205ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

シャンパーニの塔に集結したロマリア・ポルトガ・エジンベアの王達。魔克爆弾の封印を条件に、三国間に平和が訪れかけた時、突如王達は、ハロルドの襲撃を受ける。アロスは一人塔に留まってハロルドと対峙するが、以前とは違う強さのハロルドに苦戦を強いられる……。リー達と三王は、魔克爆弾を狙うポルトガ軍ダコスタの暴走を止めるべく、飛行船に乗って魔石採掘場へと向かう。しかしそこには傷ついたダコスタ、そして魔克爆弾から生まれたモンスター<ボマグラ>が待ち構えていた───!!! 一方では、ジパングに向かったイサリとヤルバーによって、潮の神器が収められる時が迫る!! 導かれし者達の物語、第十七幕───。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 16巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  16巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
229ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

5年前に出現した「光の柱」の謎を求め、ファンは単身バハラタの地へと向かった。そこに待ち受けていたのは、シルバーオーブの守護竜・シルヴィア。ファンは世界に起こった“歪み”の真相へと一歩近づくが──? 一方、アロスはレッドオーブの手がかりを求めて戦下のロマリアに赴き、若き女王ゼラニウムと謁見する。三国間の戦争を終結させるために、シャンパーニの塔を目指す各国の王達。しかし王達の英断はポルトガ軍総督ダコスタの独断に阻まれて────!? 導かれし者達の物語、第十六幕──。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 15巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  15巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
229ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

レッドオーブの手がかりを求め、戦下のロマリアへと向かったアロス達は、ロマリア・ポルトガ・エジンベアの三国同士の戦いを目の当たりにして人間同士の争いの虚しさを知る。一方、潮の神器が発見されたという報せを受け、“チュクチの聖域”へと向かったイサリとヤルバー。そこで知ったのは、神器が失われた5年前の≪失われし日≫の真実。雷の神器を持ってアロス達の前から姿を消したハロルドは“おかあさま”の元へ。百年以上の時を経てもなお神器の力を欲する“おかあさま”の目的とは──!? 導かれし者達の物語、第十五幕──。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 14巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  14巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
221ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

炎の神器・黄炎をその身に取り込んだべゼル。発せられる豪炎から、神器が秘めたる強大な力を身を持って知るアロス達。一方ハロルドは、力への誘惑に抗えずに雷の神器を手にして姿を消す……。“おかあさま”の元に集められた4つのオーブ。その力を受けてラーミアが生長し、時の牢獄に囚われていたラダトーム城が──!? そしてラーミアが抱き始める“おかあさま”への不信の理由は──!? 導かれし者達の物語、第十四幕──。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 13巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  13巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
223ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

オーブを手に入れるため訪れた地で、再び巡り会うアロスとアニス。それぞれの“希望”を手に入れるため彼らが伸ばした手は、果たして何を掴むのか──。疑念と疑惑、裏切りと焦燥。圧倒的な敵を前に、少年達は自らの運命(さだめ)を突きつけられる──!! 導かれし者達の物語、第十三幕──。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 12巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  12巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
219ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

武闘大会決勝戦。ついに雌雄を決する時が迫る。しかし、大会は見えない敵が支配する舞台へと変わってしまう。疑心暗鬼の中で始まるアロス達の戦い──。果たして勝ち進むのは? そして見えない敵とは一体? 導かれし者達の物語、第十二幕──。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 11巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  11巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
215ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

武闘大会予選、遂にアロスの出番となる。修行の成果を見せ、アロスも順調に大会を勝ち進むかと思われた矢先、新たなる敵の存在に彼らは警戒を余儀なくされる。「勝ち進め」新たな敵が告げた言葉の真意とは──? そして決勝に残るのは果たして、誰か──? 導かれし者達の物語、第十一幕──。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 10巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  10巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
222ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

アニスに近づく唯一の手段・オーブを求めて、アロス達はイシスで開催する武闘大会に参加する。自らの「弱点」と「可能性」を抱えたまま、彼らは勝利することができるのか──? 導かれし者達の物語、第十幕──。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 9巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  9巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
208ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

イシスの王宮を訪れたアロス達は、ある条件と交換に新たなオーブの情報を得られることになった。果たして、その条件とは──? 一方で、ラーミアとアニスの強い絆に隠された「辛く永い物語」の真実が今、明らかとなる──!! 導かれし者達の物語、第九幕――。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 7巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  7巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
224ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

オーブを求め、テドンを訪れたアロス達一行は、ラーミアの刺客・ブルーノに襲撃される。死した者を操る強敵に、苦戦を強いられるアロス達。そして知らされるアニスの目的――。絶体絶命の中、選択を迫られたアロスは、どんな答えを導き出すのか――? 導かれし者達の物語、第七幕――!

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 6巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  6巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
208ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

レイアムランドで目撃した姉・アニスの凶行――その事件を機に、少年達の間には亀裂が生まれ始める。消えゆく信頼……想い……そして、世界……。不安と疑心が交錯する中、アロス達は次なる地・テドンへと旅立つ――。その地で待ち受ける、少年達の運命は――!? 導かれし者達の物語 第六幕――。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 5巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  5巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
213ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

そこは、聖地と呼ばれた極寒の地・レイアムランド。消えた姉・アニスの行方を求め、アロス達はレイアムランドへ旅立つ……。その地で少年を待ち受ける、過酷な現実と衝撃の事実! 揺れ動く少年の心に突きつけられた真実とは――!? 導かれし者達の物語 第五幕――。

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 3巻 紋章を継ぐ者達へ

ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章  3巻 紋章を継ぐ者達へ
単行本
ページ数
194ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

始まりの地・ラダトーム城で自らの記憶を取り戻した少年・アロス。その時に垣間見た姉・アニスの記憶――。生き別れとなったアニスを求め、アロスは地上世界へと旅立つ――。まだ見ぬ地・アリアハンでアロスを待ち受ける衝撃の運命とは!? そして胎動する世界の異変が次第に明かされる――!

ロトの紋章 ドラゴンクエスト列伝 18巻

ロトの紋章  ドラゴンクエスト列伝 18巻
単行本(18巻)
ページ数
176ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、それぞれの国にはロトの紋章が分けて伝えられていた。 またアレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。 ゾーマが倒れて100年…世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。 魔王軍に襲われたカーメン城は陥落するものの、王子であるロトの子孫アルスは救出され、聖域に逃げ込んでいた。一方同じように襲撃を受けたローラン城も陥落、ロトの子孫はジャガンと名づけられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとなった。やがて聖域にも魔の手が及び、アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

ロトの紋章 ドラゴンクエスト列伝 7巻

ロトの紋章  ドラゴンクエスト列伝 7巻
単行本(7巻)
ページ数
173ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、それぞれの国にはロトの紋章が分けて伝えられていた。 またアレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。 ゾーマが倒れて100年…世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。 魔王軍に襲われたカーメン城は陥落するものの、王子であるロトの子孫アルスは救出され、聖域に逃げ込んでいた。一方同じように襲撃を受けたローラン城も陥落、ロトの子孫はジャガンと名づけられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとなった。やがて聖域にも魔の手が及び、アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

ロトの紋章 ドラゴンクエスト列伝 10巻

ロトの紋章  ドラゴンクエスト列伝 10巻
単行本(10巻)
ページ数
200ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、それぞれの国にはロトの紋章が分けて伝えられていた。 またアレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。 ゾーマが倒れて100年…世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。 魔王軍に襲われたカーメン城は陥落するものの、王子であるロトの子孫アルスは救出され、聖域に逃げ込んでいた。一方同じように襲撃を受けたローラン城も陥落、ロトの子孫はジャガンと名づけられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとなった。やがて聖域にも魔の手が及び、アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

ロトの紋章 ドラゴンクエスト列伝 8巻

ロトの紋章  ドラゴンクエスト列伝 8巻
単行本(8巻)
ページ数
176ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、それぞれの国にはロトの紋章が分けて伝えられていた。 またアレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。 ゾーマが倒れて100年…世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。 魔王軍に襲われたカーメン城は陥落するものの、王子であるロトの子孫アルスは救出され、聖域に逃げ込んでいた。一方同じように襲撃を受けたローラン城も陥落、ロトの子孫はジャガンと名づけられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとなった。やがて聖域にも魔の手が及び、アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

ロトの紋章 ドラゴンクエスト列伝 2巻

ロトの紋章  ドラゴンクエスト列伝 2巻
単行本(2巻)
ページ数
210ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、それぞれの国にはロトの紋章が分けて伝えられていた。 またアレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。 ゾーマが倒れて100年…世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。 魔王軍に襲われたカーメン城は陥落するものの、王子であるロトの子孫アルスは救出され、聖域に逃げ込んでいた。一方同じように襲撃を受けたローラン城も陥落、ロトの子孫はジャガンと名づけられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとなった。やがて聖域にも魔の手が及び、アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

ロトの紋章 ドラゴンクエスト列伝 14巻

ロトの紋章  ドラゴンクエスト列伝 14巻
単行本(14巻)
ページ数
181ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、それぞれの国にはロトの紋章が分けて伝えられていた。 またアレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。 ゾーマが倒れて100年…世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。 魔王軍に襲われたカーメン城は陥落するものの、王子であるロトの子孫アルスは救出され、聖域に逃げ込んでいた。一方同じように襲撃を受けたローラン城も陥落、ロトの子孫はジャガンと名づけられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとなった。やがて聖域にも魔の手が及び、アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

ロトの紋章 ドラゴンクエスト列伝 13巻

ロトの紋章  ドラゴンクエスト列伝 13巻
単行本(13巻)
ページ数
177ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、それぞれの国にはロトの紋章が分けて伝えられていた。 またアレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。 ゾーマが倒れて100年…世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。 魔王軍に襲われたカーメン城は陥落するものの、王子であるロトの子孫アルスは救出され、聖域に逃げ込んでいた。一方同じように襲撃を受けたローラン城も陥落、ロトの子孫はジャガンと名づけられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとなった。やがて聖域にも魔の手が及び、アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

ロトの紋章 ドラゴンクエスト列伝 9巻

ロトの紋章  ドラゴンクエスト列伝 9巻
単行本(9巻)
ページ数
179ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、それぞれの国にはロトの紋章が分けて伝えられていた。 またアレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。 ゾーマが倒れて100年…世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。 魔王軍に襲われたカーメン城は陥落するものの、王子であるロトの子孫アルスは救出され、聖域に逃げ込んでいた。一方同じように襲撃を受けたローラン城も陥落、ロトの子孫はジャガンと名づけられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとなった。やがて聖域にも魔の手が及び、アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

ロトの紋章 ドラゴンクエスト列伝 1巻

ロトの紋章  ドラゴンクエスト列伝 1巻
単行本(1巻)
ページ数
201ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、それぞれの国にはロトの紋章が分けて伝えられていた。 またアレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。 ゾーマが倒れて100年…世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。 魔王軍に襲われたカーメン城は陥落するものの、王子であるロトの子孫アルスは救出され、聖域に逃げ込んでいた。一方同じように襲撃を受けたローラン城も陥落、ロトの子孫はジャガンと名づけられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとなった。やがて聖域にも魔の手が及び、アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

ロトの紋章 ドラゴンクエスト列伝 19巻

ロトの紋章  ドラゴンクエスト列伝 19巻
単行本(19巻)
ページ数
173ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、それぞれの国にはロトの紋章が分けて伝えられていた。 またアレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。 ゾーマが倒れて100年…世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。 魔王軍に襲われたカーメン城は陥落するものの、王子であるロトの子孫アルスは救出され、聖域に逃げ込んでいた。一方同じように襲撃を受けたローラン城も陥落、ロトの子孫はジャガンと名づけられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとなった。やがて聖域にも魔の手が及び、アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

ロトの紋章 ドラゴンクエスト列伝 3巻

ロトの紋章  ドラゴンクエスト列伝 3巻
単行本(3巻)
ページ数
189ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、それぞれの国にはロトの紋章が分けて伝えられていた。 またアレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。 ゾーマが倒れて100年…世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。 魔王軍に襲われたカーメン城は陥落するものの、王子であるロトの子孫アルスは救出され、聖域に逃げ込んでいた。一方同じように襲撃を受けたローラン城も陥落、ロトの子孫はジャガンと名づけられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとなった。やがて聖域にも魔の手が及び、アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

ロトの紋章 ドラゴンクエスト列伝 5巻

ロトの紋章  ドラゴンクエスト列伝 5巻
単行本(5巻)
ページ数
182ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、それぞれの国にはロトの紋章が分けて伝えられていた。 またアレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。 ゾーマが倒れて100年…世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。 魔王軍に襲われたカーメン城は陥落するものの、王子であるロトの子孫アルスは救出され、聖域に逃げ込んでいた。一方同じように襲撃を受けたローラン城も陥落、ロトの子孫はジャガンと名づけられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとなった。やがて聖域にも魔の手が及び、アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

ロトの紋章 ドラゴンクエスト列伝 4巻

ロトの紋章  ドラゴンクエスト列伝 4巻
単行本(4巻)
ページ数
189ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、それぞれの国にはロトの紋章が分けて伝えられていた。 またアレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。 ゾーマが倒れて100年…世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。 魔王軍に襲われたカーメン城は陥落するものの、王子であるロトの子孫アルスは救出され、聖域に逃げ込んでいた。一方同じように襲撃を受けたローラン城も陥落、ロトの子孫はジャガンと名づけられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとなった。やがて聖域にも魔の手が及び、アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

ロトの紋章 ドラゴンクエスト列伝 17巻

ロトの紋章  ドラゴンクエスト列伝 17巻
単行本(17巻)
ページ数
185ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、それぞれの国にはロトの紋章が分けて伝えられていた。 またアレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。 ゾーマが倒れて100年…世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。 魔王軍に襲われたカーメン城は陥落するものの、王子であるロトの子孫アルスは救出され、聖域に逃げ込んでいた。一方同じように襲撃を受けたローラン城も陥落、ロトの子孫はジャガンと名づけられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとなった。やがて聖域にも魔の手が及び、アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

ロトの紋章 ドラゴンクエスト列伝 11巻

ロトの紋章  ドラゴンクエスト列伝 11巻
単行本(11巻)
ページ数
187ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、それぞれの国にはロトの紋章が分けて伝えられていた。 またアレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。 ゾーマが倒れて100年…世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。 魔王軍に襲われたカーメン城は陥落するものの、王子であるロトの子孫アルスは救出され、聖域に逃げ込んでいた。一方同じように襲撃を受けたローラン城も陥落、ロトの子孫はジャガンと名づけられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとなった。やがて聖域にも魔の手が及び、アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

ロトの紋章 ドラゴンクエスト列伝 20巻

ロトの紋章  ドラゴンクエスト列伝 20巻
単行本(20巻)
ページ数
179ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、それぞれの国にはロトの紋章が分けて伝えられていた。 またアレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。 ゾーマが倒れて100年…世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。 魔王軍に襲われたカーメン城は陥落するものの、王子であるロトの子孫アルスは救出され、聖域に逃げ込んでいた。一方同じように襲撃を受けたローラン城も陥落、ロトの子孫はジャガンと名づけられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとなった。やがて聖域にも魔の手が及び、アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

ロトの紋章 ドラゴンクエスト列伝 16巻

ロトの紋章  ドラゴンクエスト列伝 16巻
単行本(16巻)
ページ数
185ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、それぞれの国にはロトの紋章が分けて伝えられていた。 またアレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。 ゾーマが倒れて100年…世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。 魔王軍に襲われたカーメン城は陥落するものの、王子であるロトの子孫アルスは救出され、聖域に逃げ込んでいた。一方同じように襲撃を受けたローラン城も陥落、ロトの子孫はジャガンと名づけられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとなった。やがて聖域にも魔の手が及び、アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

ロトの紋章 ドラゴンクエスト列伝 15巻

ロトの紋章  ドラゴンクエスト列伝 15巻
単行本(15巻)
ページ数
182ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、それぞれの国にはロトの紋章が分けて伝えられていた。 またアレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。 ゾーマが倒れて100年…世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。 魔王軍に襲われたカーメン城は陥落するものの、王子であるロトの子孫アルスは救出され、聖域に逃げ込んでいた。一方同じように襲撃を受けたローラン城も陥落、ロトの子孫はジャガンと名づけられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとなった。やがて聖域にも魔の手が及び、アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

ロトの紋章 ドラゴンクエスト列伝 6巻

ロトの紋章  ドラゴンクエスト列伝 6巻
単行本(6巻)
ページ数
184ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、それぞれの国にはロトの紋章が分けて伝えられていた。 またアレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。 ゾーマが倒れて100年…世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。 魔王軍に襲われたカーメン城は陥落するものの、王子であるロトの子孫アルスは救出され、聖域に逃げ込んでいた。一方同じように襲撃を受けたローラン城も陥落、ロトの子孫はジャガンと名づけられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとなった。やがて聖域にも魔の手が及び、アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

ロトの紋章 ドラゴンクエスト列伝 21巻

ロトの紋章  ドラゴンクエスト列伝 21巻
単行本(21巻)
ページ数
195ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、それぞれの国にはロトの紋章が分けて伝えられていた。 またアレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。 ゾーマが倒れて100年…世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。 魔王軍に襲われたカーメン城は陥落するものの、王子であるロトの子孫アルスは救出され、聖域に逃げ込んでいた。一方同じように襲撃を受けたローラン城も陥落、ロトの子孫はジャガンと名づけられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとなった。やがて聖域にも魔の手が及び、アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

ロトの紋章 ドラゴンクエスト列伝 12巻

ロトの紋章  ドラゴンクエスト列伝 12巻
単行本(12巻)
ページ数
186ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

かつて大魔王ゾーマを倒したロトの名を継ぐ勇者アレルの子、ローランとカーメンがアレフガルドより帰ってきた。彼らは地上で自らの国を築き、それぞれの国にはロトの紋章が分けて伝えられていた。 またアレルと共に旅をした3人のケンオウ(剣王=戦士フルカス、拳王=武闘家フォン、賢王=賢者カダル)もまた、いずれ現れるであろう闇に対抗するため、子孫にその技を伝承していた。 ゾーマが倒れて100年…世界は異魔神という更なる闇によって脅かされようとしていた。 魔王軍に襲われたカーメン城は陥落するものの、王子であるロトの子孫アルスは救出され、聖域に逃げ込んでいた。一方同じように襲撃を受けたローラン城も陥落、ロトの子孫はジャガンと名づけられ、異魔神の配下・魔人王ジャガンとなった。やがて聖域にも魔の手が及び、アルスは異魔神を倒すため、3人のケンオウの子孫を探すために仲間と共に旅立つ。

雷火 18巻

雷火  18巻
単行本(18巻)
ページ数
192ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

紀元3世紀頃、倭の国の中心都市「邪馬台国」は、女王・卑弥呼を擁立し、彼女と魏の国より迎えた帯方軍塞曹掾史(いわゆる外交官)・張政を中心とし、新しい時代を迎えつつあった。 そんな折、邪馬台国の近く、熊木山に住む孤児たちの一員で神仙術の使い手、ライカ・オタジ・ウツキたち三羽烏は、ある日山の中で不思議な少女を目にする。少女の名は壱与。邪馬台国次期女王候補の巫女であった。その出会いはライカに強く、国というものの有り方を意識させることになる。その後国に魅せられたライカは邪馬台国へ侵入したが、張政たち魏の人間の策略にはまり、女王卑弥呼殺しの罪を着せられる。卑弥呼を暗殺した張政は魏の権威を利用し、自分に抵抗する力を持たない壱与を女王に即位させることにより、張政自身が邪馬台国を支配、魏の属国にしようと企んでいた。 徐々に明らかになっていく張政の謀略。壱与を中心とした張政とライカ達の戦いは、隣国をも巻き込む戦となっていく。

雷火 9巻

雷火  9巻
単行本(9巻)
ページ数
191ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

紀元3世紀頃、倭の国の中心都市「邪馬台国」は、女王・卑弥呼を擁立し、彼女と魏の国より迎えた帯方軍塞曹掾史(いわゆる外交官)・張政を中心とし、新しい時代を迎えつつあった。 そんな折、邪馬台国の近く、熊木山に住む孤児たちの一員で神仙術の使い手、ライカ・オタジ・ウツキたち三羽烏は、ある日山の中で不思議な少女を目にする。少女の名は壱与。邪馬台国次期女王候補の巫女であった。その出会いはライカに強く、国というものの有り方を意識させることになる。その後国に魅せられたライカは邪馬台国へ侵入したが、張政たち魏の人間の策略にはまり、女王卑弥呼殺しの罪を着せられる。卑弥呼を暗殺した張政は魏の権威を利用し、自分に抵抗する力を持たない壱与を女王に即位させることにより、張政自身が邪馬台国を支配、魏の属国にしようと企んでいた。 徐々に明らかになっていく張政の謀略。壱与を中心とした張政とライカ達の戦いは、隣国をも巻き込む戦となっていく。

雷火 14巻

雷火  14巻
単行本(14巻)
ページ数
191ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

紀元3世紀頃、倭の国の中心都市「邪馬台国」は、女王・卑弥呼を擁立し、彼女と魏の国より迎えた帯方軍塞曹掾史(いわゆる外交官)・張政を中心とし、新しい時代を迎えつつあった。 そんな折、邪馬台国の近く、熊木山に住む孤児たちの一員で神仙術の使い手、ライカ・オタジ・ウツキたち三羽烏は、ある日山の中で不思議な少女を目にする。少女の名は壱与。邪馬台国次期女王候補の巫女であった。その出会いはライカに強く、国というものの有り方を意識させることになる。その後国に魅せられたライカは邪馬台国へ侵入したが、張政たち魏の人間の策略にはまり、女王卑弥呼殺しの罪を着せられる。卑弥呼を暗殺した張政は魏の権威を利用し、自分に抵抗する力を持たない壱与を女王に即位させることにより、張政自身が邪馬台国を支配、魏の属国にしようと企んでいた。 徐々に明らかになっていく張政の謀略。壱与を中心とした張政とライカ達の戦いは、隣国をも巻き込む戦となっていく。

雷火 3巻

雷火  3巻
単行本(3巻)
ページ数
190ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

紀元3世紀頃、倭の国の中心都市「邪馬台国」は、女王・卑弥呼を擁立し、彼女と魏の国より迎えた帯方軍塞曹掾史(いわゆる外交官)・張政を中心とし、新しい時代を迎えつつあった。 そんな折、邪馬台国の近く、熊木山に住む孤児たちの一員で神仙術の使い手、ライカ・オタジ・ウツキたち三羽烏は、ある日山の中で不思議な少女を目にする。少女の名は壱与。邪馬台国次期女王候補の巫女であった。その出会いはライカに強く、国というものの有り方を意識させることになる。その後国に魅せられたライカは邪馬台国へ侵入したが、張政たち魏の人間の策略にはまり、女王卑弥呼殺しの罪を着せられる。卑弥呼を暗殺した張政は魏の権威を利用し、自分に抵抗する力を持たない壱与を女王に即位させることにより、張政自身が邪馬台国を支配、魏の属国にしようと企んでいた。 徐々に明らかになっていく張政の謀略。壱与を中心とした張政とライカ達の戦いは、隣国をも巻き込む戦となっていく。

雷火 13巻

雷火  13巻
単行本(13巻)
ページ数
191ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

紀元3世紀頃、倭の国の中心都市「邪馬台国」は、女王・卑弥呼を擁立し、彼女と魏の国より迎えた帯方軍塞曹掾史(いわゆる外交官)・張政を中心とし、新しい時代を迎えつつあった。 そんな折、邪馬台国の近く、熊木山に住む孤児たちの一員で神仙術の使い手、ライカ・オタジ・ウツキたち三羽烏は、ある日山の中で不思議な少女を目にする。少女の名は壱与。邪馬台国次期女王候補の巫女であった。その出会いはライカに強く、国というものの有り方を意識させることになる。その後国に魅せられたライカは邪馬台国へ侵入したが、張政たち魏の人間の策略にはまり、女王卑弥呼殺しの罪を着せられる。卑弥呼を暗殺した張政は魏の権威を利用し、自分に抵抗する力を持たない壱与を女王に即位させることにより、張政自身が邪馬台国を支配、魏の属国にしようと企んでいた。 徐々に明らかになっていく張政の謀略。壱与を中心とした張政とライカ達の戦いは、隣国をも巻き込む戦となっていく。

雷火 21巻

雷火  21巻
単行本(21巻)
ページ数
215ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

紀元3世紀頃、倭の国の中心都市「邪馬台国」は、女王・卑弥呼を擁立し、彼女と魏の国より迎えた帯方軍塞曹掾史(いわゆる外交官)・張政を中心とし、新しい時代を迎えつつあった。 そんな折、邪馬台国の近く、熊木山に住む孤児たちの一員で神仙術の使い手、ライカ・オタジ・ウツキたち三羽烏は、ある日山の中で不思議な少女を目にする。少女の名は壱与。邪馬台国次期女王候補の巫女であった。その出会いはライカに強く、国というものの有り方を意識させることになる。その後国に魅せられたライカは邪馬台国へ侵入したが、張政たち魏の人間の策略にはまり、女王卑弥呼殺しの罪を着せられる。卑弥呼を暗殺した張政は魏の権威を利用し、自分に抵抗する力を持たない壱与を女王に即位させることにより、張政自身が邪馬台国を支配、魏の属国にしようと企んでいた。 徐々に明らかになっていく張政の謀略。壱与を中心とした張政とライカ達の戦いは、隣国をも巻き込む戦となっていく。

雷火 7巻

雷火  7巻
単行本(7巻)
ページ数
190ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

紀元3世紀頃、倭の国の中心都市「邪馬台国」は、女王・卑弥呼を擁立し、彼女と魏の国より迎えた帯方軍塞曹掾史(いわゆる外交官)・張政を中心とし、新しい時代を迎えつつあった。 そんな折、邪馬台国の近く、熊木山に住む孤児たちの一員で神仙術の使い手、ライカ・オタジ・ウツキたち三羽烏は、ある日山の中で不思議な少女を目にする。少女の名は壱与。邪馬台国次期女王候補の巫女であった。その出会いはライカに強く、国というものの有り方を意識させることになる。その後国に魅せられたライカは邪馬台国へ侵入したが、張政たち魏の人間の策略にはまり、女王卑弥呼殺しの罪を着せられる。卑弥呼を暗殺した張政は魏の権威を利用し、自分に抵抗する力を持たない壱与を女王に即位させることにより、張政自身が邪馬台国を支配、魏の属国にしようと企んでいた。 徐々に明らかになっていく張政の謀略。壱与を中心とした張政とライカ達の戦いは、隣国をも巻き込む戦となっていく。

雷火 19巻

雷火  19巻
単行本(19巻)
ページ数
191ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

紀元3世紀頃、倭の国の中心都市「邪馬台国」は、女王・卑弥呼を擁立し、彼女と魏の国より迎えた帯方軍塞曹掾史(いわゆる外交官)・張政を中心とし、新しい時代を迎えつつあった。 そんな折、邪馬台国の近く、熊木山に住む孤児たちの一員で神仙術の使い手、ライカ・オタジ・ウツキたち三羽烏は、ある日山の中で不思議な少女を目にする。少女の名は壱与。邪馬台国次期女王候補の巫女であった。その出会いはライカに強く、国というものの有り方を意識させることになる。その後国に魅せられたライカは邪馬台国へ侵入したが、張政たち魏の人間の策略にはまり、女王卑弥呼殺しの罪を着せられる。卑弥呼を暗殺した張政は魏の権威を利用し、自分に抵抗する力を持たない壱与を女王に即位させることにより、張政自身が邪馬台国を支配、魏の属国にしようと企んでいた。 徐々に明らかになっていく張政の謀略。壱与を中心とした張政とライカ達の戦いは、隣国をも巻き込む戦となっていく。

雷火 15巻

雷火  15巻
単行本(15巻)
ページ数
192ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

紀元3世紀頃、倭の国の中心都市「邪馬台国」は、女王・卑弥呼を擁立し、彼女と魏の国より迎えた帯方軍塞曹掾史(いわゆる外交官)・張政を中心とし、新しい時代を迎えつつあった。 そんな折、邪馬台国の近く、熊木山に住む孤児たちの一員で神仙術の使い手、ライカ・オタジ・ウツキたち三羽烏は、ある日山の中で不思議な少女を目にする。少女の名は壱与。邪馬台国次期女王候補の巫女であった。その出会いはライカに強く、国というものの有り方を意識させることになる。その後国に魅せられたライカは邪馬台国へ侵入したが、張政たち魏の人間の策略にはまり、女王卑弥呼殺しの罪を着せられる。卑弥呼を暗殺した張政は魏の権威を利用し、自分に抵抗する力を持たない壱与を女王に即位させることにより、張政自身が邪馬台国を支配、魏の属国にしようと企んでいた。 徐々に明らかになっていく張政の謀略。壱与を中心とした張政とライカ達の戦いは、隣国をも巻き込む戦となっていく。

雷火 1巻

雷火  1巻
単行本(1巻)
ページ数
191ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

紀元3世紀頃、倭の国の中心都市「邪馬台国」は、女王・卑弥呼を擁立し、彼女と魏の国より迎えた帯方軍塞曹掾史(いわゆる外交官)・張政を中心とし、新しい時代を迎えつつあった。 そんな折、邪馬台国の近く、熊木山に住む孤児たちの一員で神仙術の使い手、ライカ・オタジ・ウツキたち三羽烏は、ある日山の中で不思議な少女を目にする。少女の名は壱与。邪馬台国次期女王候補の巫女であった。その出会いはライカに強く、国というものの有り方を意識させることになる。その後国に魅せられたライカは邪馬台国へ侵入したが、張政たち魏の人間の策略にはまり、女王卑弥呼殺しの罪を着せられる。卑弥呼を暗殺した張政は魏の権威を利用し、自分に抵抗する力を持たない壱与を女王に即位させることにより、張政自身が邪馬台国を支配、魏の属国にしようと企んでいた。 徐々に明らかになっていく張政の謀略。壱与を中心とした張政とライカ達の戦いは、隣国をも巻き込む戦となっていく。

雷火 12巻

雷火  12巻
単行本(12巻)
ページ数
192ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

紀元3世紀頃、倭の国の中心都市「邪馬台国」は、女王・卑弥呼を擁立し、彼女と魏の国より迎えた帯方軍塞曹掾史(いわゆる外交官)・張政を中心とし、新しい時代を迎えつつあった。 そんな折、邪馬台国の近く、熊木山に住む孤児たちの一員で神仙術の使い手、ライカ・オタジ・ウツキたち三羽烏は、ある日山の中で不思議な少女を目にする。少女の名は壱与。邪馬台国次期女王候補の巫女であった。その出会いはライカに強く、国というものの有り方を意識させることになる。その後国に魅せられたライカは邪馬台国へ侵入したが、張政たち魏の人間の策略にはまり、女王卑弥呼殺しの罪を着せられる。卑弥呼を暗殺した張政は魏の権威を利用し、自分に抵抗する力を持たない壱与を女王に即位させることにより、張政自身が邪馬台国を支配、魏の属国にしようと企んでいた。 徐々に明らかになっていく張政の謀略。壱与を中心とした張政とライカ達の戦いは、隣国をも巻き込む戦となっていく。

雷火 17巻

雷火  17巻
単行本(17巻)
ページ数
208ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

紀元3世紀頃、倭の国の中心都市「邪馬台国」は、女王・卑弥呼を擁立し、彼女と魏の国より迎えた帯方軍塞曹掾史(いわゆる外交官)・張政を中心とし、新しい時代を迎えつつあった。 そんな折、邪馬台国の近く、熊木山に住む孤児たちの一員で神仙術の使い手、ライカ・オタジ・ウツキたち三羽烏は、ある日山の中で不思議な少女を目にする。少女の名は壱与。邪馬台国次期女王候補の巫女であった。その出会いはライカに強く、国というものの有り方を意識させることになる。その後国に魅せられたライカは邪馬台国へ侵入したが、張政たち魏の人間の策略にはまり、女王卑弥呼殺しの罪を着せられる。卑弥呼を暗殺した張政は魏の権威を利用し、自分に抵抗する力を持たない壱与を女王に即位させることにより、張政自身が邪馬台国を支配、魏の属国にしようと企んでいた。 徐々に明らかになっていく張政の謀略。壱与を中心とした張政とライカ達の戦いは、隣国をも巻き込む戦となっていく。

雷火 8巻

雷火  8巻
単行本(8巻)
ページ数
191ページ
発売日
作家名

藤原カムイ

閲覧数:0回(投稿)

紀元3世紀頃、倭の国の中心都市「邪馬台国」は、女王・卑弥呼を擁立し、彼女と魏の国より迎えた帯方軍塞曹掾史(いわゆる外交官)・張政を中心とし、新しい時代を迎えつつあった。 そんな折、邪馬台国の近く、熊木山に住む孤児たちの一員で神仙術の使い手、ライカ・オタジ・ウツキたち三羽烏は、ある日山の中で不思議な少女を目にする。少女の名は壱与。邪馬台国次期女王候補の巫女であった。その出会いはライカに強く、国というものの有り方を意識させることになる。その後国に魅せられたライカは邪馬台国へ侵入したが、張政たち魏の人間の策略にはまり、女王卑弥呼殺しの罪を着せられる。卑弥呼を暗殺した張政は魏の権威を利用し、自分に抵抗する力を持たない壱与を女王に即位させることにより、張政自身が邪馬台国を支配、魏の属国にしようと企んでいた。 徐々に明らかになっていく張政の謀略。壱与を中心とした張政とライカ達の戦いは、隣国をも巻き込む戦となっていく。

1〜601ページ目を表示