「長崎尚志(東周斎雅楽)」一覧|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て見放題のファイル投稿共有サイト

1〜211ページ目を表示
カテゴリ
並べ替え
アップロード期間

デカガール 6巻

デカガール  6巻
単行本(6巻)
ページ数
191ページ
発売日
作家名

長崎尚志(東周斎雅楽)

閲覧数:0回(投稿)

派出所勤務の警察官・まる香は、自分の素質のなさに、幼い頃から憧れた刑事への道を諦めかけていた。そんなある日、たくさんの動物と暮らすことで磨かれた鋭い嗅覚がある事件を解決し、なんと県警捜査一課へ!

デカガール 5巻

デカガール  5巻
単行本(5巻)
ページ数
189ページ
発売日
作家名

長崎尚志(東周斎雅楽)

閲覧数:0回(投稿)

派出所勤務の警察官・まる香は、自分の素質のなさに、幼い頃から憧れた刑事への道を諦めかけていた。そんなある日、たくさんの動物と暮らすことで磨かれた鋭い嗅覚がある事件を解決し、なんと県警捜査一課へ!

デカガール 4巻

デカガール  4巻
単行本(4巻)
ページ数
191ページ
発売日
作家名

長崎尚志(東周斎雅楽)

閲覧数:0回(投稿)

派出所勤務の警察官・まる香は、自分の素質のなさに、幼い頃から憧れた刑事への道を諦めかけていた。そんなある日、たくさんの動物と暮らすことで磨かれた鋭い嗅覚がある事件を解決し、なんと県警捜査一課へ!

デカガール 3巻

デカガール  3巻
単行本(3巻)
ページ数
191ページ
発売日
作家名

長崎尚志(東周斎雅楽)

閲覧数:0回(投稿)

派出所勤務の警察官・まる香は、自分の素質のなさに、幼い頃から憧れた刑事への道を諦めかけていた。そんなある日、たくさんの動物と暮らすことで磨かれた鋭い嗅覚がある事件を解決し、なんと県警捜査一課へ!

デカガール 2巻

デカガール  2巻
単行本(2巻)
ページ数
191ページ
発売日
作家名

長崎尚志(東周斎雅楽)

閲覧数:0回(投稿)

派出所勤務の警察官・まる香は、自分の素質のなさに、幼い頃から憧れた刑事への道を諦めかけていた。そんなある日、たくさんの動物と暮らすことで磨かれた鋭い嗅覚がある事件を解決し、なんと県警捜査一課へ!

デカガール 1巻

デカガール  1巻
単行本(1巻)
ページ数
191ページ
発売日
作家名

長崎尚志(東周斎雅楽)

閲覧数:0回(投稿)

派出所勤務の警察官・まる香は、自分の素質のなさに、幼い頃から憧れた刑事への道を諦めかけていた。そんなある日、たくさんの動物と暮らすことで磨かれた鋭い嗅覚がある事件を解決し、なんと県警捜査一課へ!

イリヤッド 入矢堂見聞録 15巻

イリヤッド  入矢堂見聞録  15巻
単行本(15巻)
ページ数
242ページ
発売日
作家名

長崎尚志(東周斎雅楽)

閲覧数:0回(投稿)

主人公の入矢修造は、アトランティスを発見すべく世界各地を訪れるが、その入矢の命を謎の暗殺集団「山の老人」が狙う(「山の老人」伝説については、暗殺教団の項を参照)。アトランティス探索という歴史ミステリー的性格と、謎の暗殺集団である「山の老人」との対決というサスペンス的性格とを兼ね備えた作品である。また、挫折したり心に傷を負ったりした人物が、入矢の夢を諦めない姿勢に感動して立ち直るという話も多く見られ(そもそも、主人公の入矢自身が挫折した人物である。登場人物の項を参照)、ヒューマンストーリー的性格の強い作品でもある。

イリヤッド 入矢堂見聞録 14巻

イリヤッド  入矢堂見聞録  14巻
単行本(14巻)
ページ数
219ページ
発売日
作家名

長崎尚志(東周斎雅楽)

閲覧数:0回(投稿)

主人公の入矢修造は、アトランティスを発見すべく世界各地を訪れるが、その入矢の命を謎の暗殺集団「山の老人」が狙う(「山の老人」伝説については、暗殺教団の項を参照)。アトランティス探索という歴史ミステリー的性格と、謎の暗殺集団である「山の老人」との対決というサスペンス的性格とを兼ね備えた作品である。また、挫折したり心に傷を負ったりした人物が、入矢の夢を諦めない姿勢に感動して立ち直るという話も多く見られ(そもそも、主人公の入矢自身が挫折した人物である。登場人物の項を参照)、ヒューマンストーリー的性格の強い作品でもある。

イリヤッド 入矢堂見聞録 13巻

イリヤッド  入矢堂見聞録  13巻
単行本(13巻)
ページ数
195ページ
発売日
作家名

長崎尚志(東周斎雅楽)

閲覧数:0回(投稿)

主人公の入矢修造は、アトランティスを発見すべく世界各地を訪れるが、その入矢の命を謎の暗殺集団「山の老人」が狙う(「山の老人」伝説については、暗殺教団の項を参照)。アトランティス探索という歴史ミステリー的性格と、謎の暗殺集団である「山の老人」との対決というサスペンス的性格とを兼ね備えた作品である。また、挫折したり心に傷を負ったりした人物が、入矢の夢を諦めない姿勢に感動して立ち直るという話も多く見られ(そもそも、主人公の入矢自身が挫折した人物である。登場人物の項を参照)、ヒューマンストーリー的性格の強い作品でもある。

イリヤッド 入矢堂見聞録 12巻

イリヤッド  入矢堂見聞録  12巻
単行本(12巻)
ページ数
199ページ
発売日
作家名

長崎尚志(東周斎雅楽)

閲覧数:0回(投稿)

主人公の入矢修造は、アトランティスを発見すべく世界各地を訪れるが、その入矢の命を謎の暗殺集団「山の老人」が狙う(「山の老人」伝説については、暗殺教団の項を参照)。アトランティス探索という歴史ミステリー的性格と、謎の暗殺集団である「山の老人」との対決というサスペンス的性格とを兼ね備えた作品である。また、挫折したり心に傷を負ったりした人物が、入矢の夢を諦めない姿勢に感動して立ち直るという話も多く見られ(そもそも、主人公の入矢自身が挫折した人物である。登場人物の項を参照)、ヒューマンストーリー的性格の強い作品でもある。

イリヤッド 入矢堂見聞録 11巻

イリヤッド  入矢堂見聞録  11巻
単行本(11巻)
ページ数
201ページ
発売日
作家名

長崎尚志(東周斎雅楽)

閲覧数:0回(投稿)

主人公の入矢修造は、アトランティスを発見すべく世界各地を訪れるが、その入矢の命を謎の暗殺集団「山の老人」が狙う(「山の老人」伝説については、暗殺教団の項を参照)。アトランティス探索という歴史ミステリー的性格と、謎の暗殺集団である「山の老人」との対決というサスペンス的性格とを兼ね備えた作品である。また、挫折したり心に傷を負ったりした人物が、入矢の夢を諦めない姿勢に感動して立ち直るという話も多く見られ(そもそも、主人公の入矢自身が挫折した人物である。登場人物の項を参照)、ヒューマンストーリー的性格の強い作品でもある。

イリヤッド 入矢堂見聞録 10巻

イリヤッド  入矢堂見聞録  10巻
単行本(10巻)
ページ数
195ページ
発売日
作家名

長崎尚志(東周斎雅楽)

閲覧数:0回(投稿)

主人公の入矢修造は、アトランティスを発見すべく世界各地を訪れるが、その入矢の命を謎の暗殺集団「山の老人」が狙う(「山の老人」伝説については、暗殺教団の項を参照)。アトランティス探索という歴史ミステリー的性格と、謎の暗殺集団である「山の老人」との対決というサスペンス的性格とを兼ね備えた作品である。また、挫折したり心に傷を負ったりした人物が、入矢の夢を諦めない姿勢に感動して立ち直るという話も多く見られ(そもそも、主人公の入矢自身が挫折した人物である。登場人物の項を参照)、ヒューマンストーリー的性格の強い作品でもある。

イリヤッド 入矢堂見聞録 9巻

イリヤッド  入矢堂見聞録  9巻
単行本(9巻)
ページ数
195ページ
発売日
作家名

長崎尚志(東周斎雅楽)

閲覧数:0回(投稿)

主人公の入矢修造は、アトランティスを発見すべく世界各地を訪れるが、その入矢の命を謎の暗殺集団「山の老人」が狙う(「山の老人」伝説については、暗殺教団の項を参照)。アトランティス探索という歴史ミステリー的性格と、謎の暗殺集団である「山の老人」との対決というサスペンス的性格とを兼ね備えた作品である。また、挫折したり心に傷を負ったりした人物が、入矢の夢を諦めない姿勢に感動して立ち直るという話も多く見られ(そもそも、主人公の入矢自身が挫折した人物である。登場人物の項を参照)、ヒューマンストーリー的性格の強い作品でもある。

イリヤッド 入矢堂見聞録 8巻

イリヤッド  入矢堂見聞録  8巻
単行本(8巻)
ページ数
197ページ
発売日
作家名

長崎尚志(東周斎雅楽)

閲覧数:0回(投稿)

主人公の入矢修造は、アトランティスを発見すべく世界各地を訪れるが、その入矢の命を謎の暗殺集団「山の老人」が狙う(「山の老人」伝説については、暗殺教団の項を参照)。アトランティス探索という歴史ミステリー的性格と、謎の暗殺集団である「山の老人」との対決というサスペンス的性格とを兼ね備えた作品である。また、挫折したり心に傷を負ったりした人物が、入矢の夢を諦めない姿勢に感動して立ち直るという話も多く見られ(そもそも、主人公の入矢自身が挫折した人物である。登場人物の項を参照)、ヒューマンストーリー的性格の強い作品でもある。

イリヤッド 入矢堂見聞録 7巻

イリヤッド  入矢堂見聞録  7巻
単行本(7巻)
ページ数
203ページ
発売日
作家名

長崎尚志(東周斎雅楽)

閲覧数:0回(投稿)

主人公の入矢修造は、アトランティスを発見すべく世界各地を訪れるが、その入矢の命を謎の暗殺集団「山の老人」が狙う(「山の老人」伝説については、暗殺教団の項を参照)。アトランティス探索という歴史ミステリー的性格と、謎の暗殺集団である「山の老人」との対決というサスペンス的性格とを兼ね備えた作品である。また、挫折したり心に傷を負ったりした人物が、入矢の夢を諦めない姿勢に感動して立ち直るという話も多く見られ(そもそも、主人公の入矢自身が挫折した人物である。登場人物の項を参照)、ヒューマンストーリー的性格の強い作品でもある。

イリヤッド 入矢堂見聞録 6巻

イリヤッド  入矢堂見聞録  6巻
単行本(6巻)
ページ数
207ページ
発売日
作家名

長崎尚志(東周斎雅楽)

閲覧数:0回(投稿)

主人公の入矢修造は、アトランティスを発見すべく世界各地を訪れるが、その入矢の命を謎の暗殺集団「山の老人」が狙う(「山の老人」伝説については、暗殺教団の項を参照)。アトランティス探索という歴史ミステリー的性格と、謎の暗殺集団である「山の老人」との対決というサスペンス的性格とを兼ね備えた作品である。また、挫折したり心に傷を負ったりした人物が、入矢の夢を諦めない姿勢に感動して立ち直るという話も多く見られ(そもそも、主人公の入矢自身が挫折した人物である。登場人物の項を参照)、ヒューマンストーリー的性格の強い作品でもある。

イリヤッド 入矢堂見聞録 5巻

イリヤッド  入矢堂見聞録  5巻
単行本(5巻)
ページ数
211ページ
発売日
作家名

長崎尚志(東周斎雅楽)

閲覧数:0回(投稿)

主人公の入矢修造は、アトランティスを発見すべく世界各地を訪れるが、その入矢の命を謎の暗殺集団「山の老人」が狙う(「山の老人」伝説については、暗殺教団の項を参照)。アトランティス探索という歴史ミステリー的性格と、謎の暗殺集団である「山の老人」との対決というサスペンス的性格とを兼ね備えた作品である。また、挫折したり心に傷を負ったりした人物が、入矢の夢を諦めない姿勢に感動して立ち直るという話も多く見られ(そもそも、主人公の入矢自身が挫折した人物である。登場人物の項を参照)、ヒューマンストーリー的性格の強い作品でもある。

イリヤッド 入矢堂見聞録 4巻

イリヤッド  入矢堂見聞録  4巻
単行本(4巻)
ページ数
211ページ
発売日
作家名

長崎尚志(東周斎雅楽)

閲覧数:0回(投稿)

主人公の入矢修造は、アトランティスを発見すべく世界各地を訪れるが、その入矢の命を謎の暗殺集団「山の老人」が狙う(「山の老人」伝説については、暗殺教団の項を参照)。アトランティス探索という歴史ミステリー的性格と、謎の暗殺集団である「山の老人」との対決というサスペンス的性格とを兼ね備えた作品である。また、挫折したり心に傷を負ったりした人物が、入矢の夢を諦めない姿勢に感動して立ち直るという話も多く見られ(そもそも、主人公の入矢自身が挫折した人物である。登場人物の項を参照)、ヒューマンストーリー的性格の強い作品でもある。

イリヤッド 入矢堂見聞録 3巻

イリヤッド  入矢堂見聞録  3巻
単行本(3巻)
ページ数
211ページ
発売日
作家名

長崎尚志(東周斎雅楽)

閲覧数:0回(投稿)

主人公の入矢修造は、アトランティスを発見すべく世界各地を訪れるが、その入矢の命を謎の暗殺集団「山の老人」が狙う(「山の老人」伝説については、暗殺教団の項を参照)。アトランティス探索という歴史ミステリー的性格と、謎の暗殺集団である「山の老人」との対決というサスペンス的性格とを兼ね備えた作品である。また、挫折したり心に傷を負ったりした人物が、入矢の夢を諦めない姿勢に感動して立ち直るという話も多く見られ(そもそも、主人公の入矢自身が挫折した人物である。登場人物の項を参照)、ヒューマンストーリー的性格の強い作品でもある。

イリヤッド 入矢堂見聞録 2巻

イリヤッド  入矢堂見聞録  2巻
単行本(2巻)
ページ数
207ページ
発売日
作家名

長崎尚志(東周斎雅楽)

閲覧数:0回(投稿)

主人公の入矢修造は、アトランティスを発見すべく世界各地を訪れるが、その入矢の命を謎の暗殺集団「山の老人」が狙う(「山の老人」伝説については、暗殺教団の項を参照)。アトランティス探索という歴史ミステリー的性格と、謎の暗殺集団である「山の老人」との対決というサスペンス的性格とを兼ね備えた作品である。また、挫折したり心に傷を負ったりした人物が、入矢の夢を諦めない姿勢に感動して立ち直るという話も多く見られ(そもそも、主人公の入矢自身が挫折した人物である。登場人物の項を参照)、ヒューマンストーリー的性格の強い作品でもある。

イリヤッド 入矢堂見聞録 1巻

イリヤッド  入矢堂見聞録  1巻
単行本(1巻)
ページ数
217ページ
発売日
作家名

長崎尚志(東周斎雅楽)

閲覧数:0回(投稿)

主人公の入矢修造は、アトランティスを発見すべく世界各地を訪れるが、その入矢の命を謎の暗殺集団「山の老人」が狙う(「山の老人」伝説については、暗殺教団の項を参照)。アトランティス探索という歴史ミステリー的性格と、謎の暗殺集団である「山の老人」との対決というサスペンス的性格とを兼ね備えた作品である。また、挫折したり心に傷を負ったりした人物が、入矢の夢を諦めない姿勢に感動して立ち直るという話も多く見られ(そもそも、主人公の入矢自身が挫折した人物である。登場人物の項を参照)、ヒューマンストーリー的性格の強い作品でもある。

1〜211ページ目を表示