本気!(マジ) 33巻|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て無料読み放題のファイル投稿共有サイト

「本気!(マジ)」一覧1巻〜50巻(未完結)

おすすめ関連書籍

ハカイジュウ 2巻

ハカイジュウ 2巻
単行本(2巻)
発売日
ページ数
196ページ
作家名

本田真吾

閲覧数:0回(投稿)

ビルは倒壊し、無数の死体が転がり、謎の生物が暴れまわる! 地獄と化した街中で陽たちは他の生存者と出会うのだが…!?

トキワ来たれり!! 7巻

トキワ来たれり!!  7巻
単行本(7巻)
発売日
ページ数
196ページ
作家名

松江名俊

閲覧数:0回(投稿)

カナタの誘いで意気揚々とカラオケボックスへと向かうトキワ団。 しかし、そんな彼等の前に突如として妖異が大量発生・・・! 力を合わせて妖異をねじ伏せるトキワ達だったが、 圧倒的妖力を持つ、強敵が出現! 超難敵を前に命を賭して闘うトキワ団・・・激闘の結末や如何に!?

ナニワ金融道 2巻

ナニワ金融道 2巻
単行本(2巻)
発売日
ページ数
234ページ
作家名

青木雄二

閲覧数:0回(投稿)

商業の町大阪を舞台に、マチ金(消費者金融)会社「帝国金融」(セリフ中ではこの表記、看板等では「帝國金融」)の営業マン灰原達之と、借金にまつわる因業深い人間模様を描いた作品。連帯保証人になった彼氏の借金の肩代わりをしてソープ嬢になる女、ご祝儀を盗まれてしまい穴埋めに奔走したあげく取り込み詐欺に手を出し破滅する男、詐欺的先物取引で全てを失う小学校教頭、法律の網の目をかいくぐる闇金融業者、更にはライバル企業との対決など、様々な人間や社会の裏表を描く。青木雄二の独特なアクのある絵が読者に強いインパクトを与え、人気作となった。最初は5週程度掲載される予定であったが、第1回目の掲載時に読者から多大な支持を得て連載が決定した。 作中では舞台となった大阪に合わせ関西弁(主人公の灰原だけは標準語)や、ステレオタイプな大阪として猥雑な雰囲気を描いている。 舞台となる地名、背景に登場する看板や物などに独特の名づけられ方がされているのも特徴で、連載当時の社会事象・事件等を茶化したものや、猥雑な文字列が容赦なく多用されている。登場人物の名前も多くはこの方法で名付けられているが、帝国金融の社員たちにはこの演出が適用されず、ごく一般的な名前が付けられている。また住所の番地や車のナンバーなど、数字が絡むものには頻繁に893(=ヤクザ)という文字列が使用されている。

ハゲしいな!桜井くん 4巻

ハゲしいな!桜井くん 4巻
単行本(4巻)
発売日
ページ数
351ページ
作家名

高倉あつこ

閲覧数:0回(投稿)

高校2年生の桜井くんは、顔よし、スタイルよし、頭だってそこそこいい。ところが、たった1つ、深い深ーい悩みがある。ふだんは髪型や帽子でごまかしているが、実は10代にして若ハゲが進行中なのだ!好きな女の子の前でも髪の毛の秘密がバレたらどうしようと悩む桜井くんだが…。涙の若ハゲ攻略奮戦記!涙ぐましい育毛コメディー、いよいよスタート!!

BLEACH―ブリーチ―  39巻

BLEACH―ブリーチ―  39巻
単行本(39巻)
発売日
ページ数
194ページ
作家名

久保帯人

閲覧数:0回(投稿)

死闘続く空座町決戦! 強敵・バラガンの従属官に対峙する護廷十三隊! 窮地に陥った乱菊は、雛森に救われるが、予想外の反撃に遭い二人は命の危機に…!! そして異形の敵の出現を受け、遂に山本総隊長が動く!

ドラゴンヘッド 3巻

ドラゴンヘッド 3巻
単行本(3巻)
発売日
ページ数
239ページ
作家名

望月峯太郎

閲覧数:0回(投稿)

それでも希望を生きていく――!! 落盤したトンネル内で、テル、アコ、ノブオ以外のクラスメート、全員死亡。心の壊れたノブオの“生け贄(にえ)”になるか、もしくは地獄の生き埋めか……。死すれすれの場所にいたテルとアコだが、偶然起こった地震というチャンスをきっかけにして、奇跡的にも地上に生還することに!! しかし彼らを待ち受ける“地上の光景”は、想像をはるかにブッ飛ばす、絶望そのものの世界だった――!!

カムイ外伝 7巻

カムイ外伝 7巻
単行本(7巻)
発売日
ページ数
230ページ
作家名

白土三平

閲覧数:0回(投稿)

『カムイ伝』で抜忍となったカムイは、変移抜刀霞斬り(へんいばっとうかすみぎり)や飯綱落し(いづなおとし)といった必殺忍法や、自己暗示等の技を駆使しつつ執拗に迫る追っ手と戦い、村々で起こる事件を解決しながら、終わりの無い旅を続けていく。エピソード内、カムイは下人や黒鍬・樵・漁師に代表される肉体労働者といった江戸時代の様々な階級に身をやつしている。

サザエさん 24巻

サザエさん 24巻
単行本(24巻)
発売日
ページ数
146ページ
作家名

長谷川町子

閲覧数:0回(投稿)

日本人ならばこの作品を知らない人はいないと言っても過言ではない、国民的作品である。 原作の漫画は新聞に掲載されていた4コマ漫画で、フジテレビ系にて現在も放送されているテレビアニメ版以前にもラジオ東京テレビ(現:TBSテレビ)にてテレビ漫画版(静止画にセリフや音楽をつけたもの)や実写ドラマ版が、ニッポン放送でラジオドラマ版が放送され、また東宝他で何度も実写映画化もされている。