オーバーロード 2巻|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て無料読み放題のファイル投稿共有サイト

オーバーロード 2巻

オーバーロード
投稿日
発売日
ページ数
152
作家・サークル名
丸山くがね 深山フギン
タグ
登録されていません

この世界の情報を得るため、冒険者に身をやつし市街での活動を開始することにしたアインズ。「森の賢王」との邂逅などを経て順調に名声を獲得するが、その先には狂気渦巻く陰謀が待ち受けていた――。

夜間など、サイトが混み合ってる時間帯は画像が読み込見込まれにくくなる場合があります。その場合は別の時間に閲覧するか「よくある質問:画像が表示されない時の対処法」をお試しください。

「オーバーロード」一覧1巻〜5巻(未完結)

おすすめ関連書籍

サイレーン 5巻

サイレーン  5巻
単行本(5巻)
発売日
ページ数
209ページ
作家名

山崎紗也夏(山崎さやか)

閲覧数:0回(投稿)

橘(たちばな)カラの罠にはまった里見(さとみ)は、カノジョ・猪熊(いのくま)との間に溝ができてしまった。一向にカラの正体を暴けず、調査に限界を感じる里見の前に、カワイイ「ふたご」が登場。援軍を得た里見は、一歩ずつ橘カラの正体に近づいていく――。

ウイングマン 2巻

ウイングマン 2巻
単行本(2巻)
発売日
ページ数
195ページ
作家名

桂正和

閲覧数:0回(投稿)

ウイングマンからドリムノートを奪うべく、ポドリムスからの刺客・キータクラーがやって来た!!キータクラーの操る“シードマン”と闘うウイングマンは、次々と新しい必殺技を作り対抗していく!

ジパング 深蒼海流 12巻

ジパング 深蒼海流 12巻
単行本(12巻)
発売日
ページ数
205ページ
作家名

かわぐちかいじ

閲覧数:0回(投稿)

平家追討の勢いに乗り、都入りを果たした義仲。しかし、革新を求める義仲は後白河法皇との対立を深めていくこととなる。また、法皇と結託した叔父・行家の謀略によって、頼朝とすれ違い、二人の源氏は少しずつ争いへと向かっていくのだった。そして、信じた者の裏切りの事実を知った時、木曾義仲は復讐の鬼となった。

おぼっちゃまくん 23巻

おぼっちゃまくん 23巻
単行本(23巻)
発売日
ページ数
188ページ
作家名

小林よしのり

閲覧数:0回(投稿)

ぼっくん、御坊茶魔。11歳。このマンガの主人公。良家のお坊ちゃま、お嬢ちゃまをエリート教育する田園調布学園に、超巨大財閥・御坊コンツェルンの御曹子が転校してきた。茶魔語が社会問題にまでなった。「ゴー宣」直前、よしりん80年代の愛と笑いの傑作。

GANGSTA:CURSED.EP_MARCO ADRIANO 2巻

GANGSTA:CURSED.EP_MARCO ADRIANO 2巻
単行本(2巻)
発売日
ページ数
197ページ
作家名

コースケ

鴨修平

閲覧数:0回(投稿)

「GANGSTA.」公式スピンオフ!! マルコ・アドリアーノ、知られざる贖罪。 黄昏種を駆除することで、か弱き者を救えると信じていたスパス。 陽のあたらない場所で学んだ教えと実態の乖離に、拠り所を失い――。 人が人であるために、虚構の第2巻

switch 3巻

switch  3巻
単行本(3巻)
発売日
ページ数
178ページ
作家名

nakedape

閲覧数:0回(投稿)

関東信越厚生局麻薬取締部の新人捜査官・衛藤快(カイ)と倉林春(ハル)は、中国の密売組織「龍玄」の捜査を進めるうちに、「switch」という謎の言葉と出会う。それは16年前の未解決事件に繋がっていく。16年前、関わった人間が容疑者・捜査官に至るまで次々と死亡し、捜査資料もすべて忽然と消えた「幻のドラッグ」の名前、それが「switch」だった…。

フルーツバスケット 17巻

フルーツバスケット 17巻
単行本(17巻)
発売日
ページ数
197ページ
作家名

高屋奈月

閲覧数:0回(投稿)

紅葉が紅野に手渡したDVD。うおちゃんの想いが届くことを願っていた透だが、紅野の口から告げられた衝撃の事実に、何も言えずその場で動けなくなってしまう…。そして透の涙に依鈴が、花ちゃんが動き出す…。十二支の“呪い”——その謎への扉が今、開く!

伊賀の影丸 2巻

伊賀の影丸  2巻
単行本(2巻)
発売日
ページ数
241ページ
作家名

横山光輝

閲覧数:0回(投稿)

1961年から1966年まで「週刊少年サンデー」に連載された。主人公の影丸は江戸幕府の隠密で、伊賀流の忍者。彼は服部半蔵の命を受けて日本各地に赴き、徳川家に敵対する勢力と戦う。

銀魂―ぎんたま― 1巻

銀魂―ぎんたま― 1巻
単行本(1巻)
発売日
ページ数
214ページ
作家名

空知英秋

閲覧数:1回(投稿)

江戸では、突如宙から舞い降りた異人「天人」の台頭と廃刀令により侍が衰退の一途をたどっていた。しかし一人、侍の魂を堅持する男が…。その名は坂田銀時。甘党&無鉄砲なこの男が、腐った江戸を一刀両断…するかも!?

ふしぎ遊戯 7巻

ふしぎ遊戯 7巻
単行本(7巻)
発売日
ページ数
345ページ
作家名

渡瀬悠宇

閲覧数:0回(投稿)

中学3年生の夕城美朱(みあか)は現在、花の受験生。女手ひとつで育ててくれた母親の期待に応えるために、超難関進学校の城南学院を目指して猛勉強の毎日を送っていた。ある日、美朱は親友の唯と受験勉強をしていた図書館で“四神天地書”という古い本を見つけた。この本を読み終わると、本の主人公と同じように朱雀(すざく)の力を手に入れて、望みがかなうという。その本を開いてしまった2人は、本の中に吸い込まれてしまった。本の世界でさらわれそうになった2人。あぶないところを鬼宿(たまほめ)という額に“鬼”と書かれた青年に助けてもらう。なんとか本から出られた2人だが、本のことが気になって…!?