ウロボロス 5巻|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て無料読み放題のファイル投稿共有サイト

ウロボロス 5巻

ウロボロス
投稿日
発売日
ページ数
195
作家・サークル名
神崎裕也
タグ

最愛の人を亡くした15年前の事件をきっかけに、警察機構に復讐を誓った、龍崎イクオと段野竜哉。二人は復讐の為、刑事と極道、表と裏の二匹の龍となった----。
ある人物の推薦により、新宿第二署から警視庁捜査一課に仮配属となったイクオ。15年前の事件の真相に一歩近づいた二匹の龍の行く手を阻むは、更なる疑惑と危険!
二人の復讐の行方は? 金時計の男とは一体? 本格警察コミック、緊迫の第5巻!!

「ウロボロス」一覧1巻〜24巻(未完結)

おすすめ関連書籍

釣りキチ三平 16巻

釣りキチ三平 16巻
単行本(16巻)
発売日
ページ数
391ページ
作家名

矢口高雄

閲覧数:0回(投稿)

魚釣りが大好きな「釣りキチ」(「釣りキチガイ」の略、つまり熱狂的に釣りが好きな人のこと)少年三平が、日本中、世界中のさまざまな魚釣りに挑戦する釣り漫画である。矢口高雄の代表作となっている。韓国、台湾、イタリアでも出版され、特にイタリア語ではオリジナルソングも作られた。

湾岸MIDNIGHT 12巻

湾岸MIDNIGHT  12巻
単行本(12巻)
発売日
ページ数
225ページ
作家名

楠みちはる

閲覧数:0回(投稿)

それはパーフェクトに仕上げられた、男たちの情熱の結晶である!! ケイの80スープラ。ブラックバード。そして“悪魔のZ”……。ゆずれぬ男のプライドと、伝説に忍び寄る終止符の予感……。すべてが最速のステージへ集結する!! 緊迫と官能の湾岸モーターストーリー!!

鉄拳チンミ 34巻

鉄拳チンミ 34巻
単行本(34巻)
発売日
ページ数
191ページ
作家名

前川たけし

閲覧数:0回(投稿)

天性の身軽さと、天真爛漫な素直さ、そして類稀なる拳法の才能をもつ少年チンミ。姉と猿のゴクウとで平和に暮らしていたチンミは、「拳精」をさがす旅をしていた大林寺(時代が、元以降の清と思われるので、『曹洞宗』)の老師に見出されて、大陸一とも言われる大林寺に入門し、仲間たちと共に修行をすることになる。 仲間たちと厳しい修行を続け、大林寺の老師たちから秘伝を授かるチンミ。そして、多くの凶悪な拳法を使う悪人たちと戦い、様々な人助けをしていくうちに、チンミの活躍は大陸中に噂になっていくのであった……。

釣りキチ三平 平成版 5巻

釣りキチ三平 平成版  5巻
単行本(5巻)
発売日
ページ数
262ページ
作家名

矢口高雄

閲覧数:0回(投稿)

前人未踏の秘境で、三平三平(みひら・さんぺい)、魚紳(ぎょしん)が幻の魚・キノシリマスに挑む!!そこには若き日の一平じいさんの熱い思いが隠されていた。果たして幻の魚の正体とは、なんなのか?そして、一平じいさんが残したものとは?

こちら葛飾区亀有公園前派出所 42巻

こちら葛飾区亀有公園前派出所 42巻
単行本(42巻)
発売日
ページ数
200ページ
作家名

秋本治

閲覧数:0回(投稿)

亀有公園前派出所に勤務する警察官両津勘吉(りょうつ かんきち)を主人公とし、その同僚や周辺の人物が繰り広げるギャグ漫画。劇画に近い比較的リアルな絵柄を用いたギャグ漫画としては先駆的な作品である。

繰繰れ!コックリさん 12巻

繰繰れ!コックリさん 12巻
単行本(12巻)
発売日
ページ数
217ページ
作家名

遠藤ミドリ

閲覧数:0回(投稿)

泣いても笑っても、もう、コックリさんの声は聞こえない。あのうるさく感じたおかんのようなお節介も、今はもう昔のこと、さようならコックリさん。コックリさん、コックリさん、お帰りください、そして今まで、ありがとう。

吼えろペン 8巻

吼えろペン  8巻
単行本(8巻)
発売日
ページ数
187ページ
作家名

島本和彦

閲覧数:0回(投稿)

決して妥協を許さない大熱血マンガ家・炎尾燃は、今日も作品のため燃えに燃えまくる。超熱血&爆笑の、半実録マンガ家一代記。伝説の名作『燃えよペン』の魂を継ぐ勇者たちが、ここに集う!

てーきゅう 10巻

てーきゅう 10巻
単行本(10巻)
発売日
ページ数
142ページ
作家名

Piyo

閲覧数:0回(投稿)

亀井戸高校に通う全然普通じゃないテニス部の女の子4人と、その仲間たちが、 ボウリングをしたり、お見舞いに行ったり、合コンに行ったり、キャンプしたり、 ロボに殴られたりする抱腹絶倒の日常、第10巻。描き下ろし漫画も満載!

ヒロイン失格 4巻

ヒロイン失格 4巻
単行本(4巻)
発売日
ページ数
201ページ
作家名

幸田もも子

閲覧数:0回(投稿)

安達さんが短期留学で不在の間に、思わず勢いではとりとキスしちゃった利太! 夏休みも終わり波乱の新学期が始まる。さらに、元気のない利太を見た弘光は、ここぞとばかりにちょっかい出してくるが、弘光自身も予想しなかった展開に…!?