プレイボール 21巻|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て無料読み放題のファイル投稿共有サイト

プレイボール 21巻

プレイボール
投稿日
発売日
ページ数
199
作家・サークル名
ちばあきお
タグ

墨高に入学した谷口は、中学時代、全国野球大会で優勝の経験を持つ。しかし、その時の骨折が原因で、指が曲がり、ボールが投げられなくなってしまった。野球への情熱を捨て切れないまま、サッカー部の勧誘を受けるが…!?

「プレイボール」一覧1巻〜22巻(未完結)

おすすめ関連書籍

新・のぞき屋 1巻

新・のぞき屋 1巻
単行本(1巻)
発売日
ページ数
209ページ
作家名

山本英夫

閲覧数:0回(投稿)

登場人物/見(のぞき屋。人の行動をのぞくことで、心の中までのぞいてしまう) 高見沢れいか(都内の女子校生。本当の自分の居場所を探し求める)あらすじ/見、スマイル(新人)、聴(イルカ並の聴覚をもつ)、ハスキー(犬)の4人で活動しているのぞき屋に、娘にイカレている父親、高見沢が娘の行動調査を頼んでくる。高見沢家は一見あたたかい家族にみえるが、裏では親子で盗聴しあっているという現状があった。都内の女子高に通う高見沢の娘、レイカは、管理売春を行っていた。嘘つき家族や仲間に囲まれた生活の中で、唯一本物の現実に浸れる場所が金と欲の塊だったのである。見は、そんなレイカの心の中をのぞくため、直接レイカと接触する。見との接触により、レイカは本当の自分に気付き始める。一方、その調査の一部始終が書かれた報告書を見た父親は、遂に行動を起こす。 ▼第1話/盗聴▼第2話/尾行▼第3話/再生▼第4話/指令▼第5話/微笑▼第6話/応答▼第7話/鏡影▼第8話/流血▼第9話/報告

バガボンド 29巻

バガボンド 29巻
単行本(29巻)
発売日
ページ数
203ページ
作家名

井上雄彦

閲覧数:0回(投稿)

「強い」とはどういうことか……。 六十余戦無敗だった男「宮本武蔵」を、井上雄彦が圧倒的画力で描く超話題作! 七十人斬りの咎で囚われた武蔵。命と引き換えに、深く傷付いたその右足は、武蔵に剣を捨てることを迫る。殺し合いの螺旋から逃れられるーー。そう思いながらも、武蔵は、燃え残る剣への執着に煩悶する。

江戸前の旬 64巻 銀座柳寿司三代目

江戸前の旬 64巻 銀座柳寿司三代目
単行本
発売日
ページ数
206ページ
作家名

九十九森

閲覧数:0回(投稿)

銀座「柳寿司」──。そこを訪れた客は、優しき空気に包まれる。良き友でありライバルでもある者達と切磋琢磨しつつ、より高みを目指し精進を続ける三代目・柳葉旬。そんな彼の、心の支えとも言うべき人物に、思いもよらぬ事が…!! 大切に思う人々のために、大切に思ってくれる人々のために今日も旬はその握りに愛を込める!!

クレヨンしんちゃん 42巻

クレヨンしんちゃん 42巻
単行本(42巻)
発売日
ページ数
121ページ
作家名

臼井儀人

閲覧数:0回(投稿)

嵐を呼ぶ幼稚園児、野原しんのすけ!毎日が大騒動!嵐を呼びっぱなしの幼稚園児、しんちゃんの活躍ぶりをご覧ください!「祝・連載15周年!!オラのあいかわらずの毎日はまだまだ続くゾ~編」ほか。

ドカベン 24巻

ドカベン 24巻
単行本(24巻)
発売日
ページ数
216ページ
作家名

水島新司

閲覧数:0回(投稿)

「ドカベン」こと山田太郎と、岩鬼正美、殿馬一人、里中智、微笑三太郎などの仲間達を中心とした野球漫画。主な舞台は高校野球である。 連載初期は、山田、岩鬼、山田の妹サチ子の三人を主軸とし、鷹丘中学を舞台とした柔道漫画だった。単行本7巻目に至り、野球漫画へ方向転換する。元々野球漫画として描く計画だったようで、野球をやることへの伏線は最初から張られている。

ヒカルの碁 15巻

ヒカルの碁  15巻
単行本(15巻)
発売日
ページ数
218ページ
作家名

ほったゆみ

閲覧数:0回(投稿)

プロ棋士としてさらなる高みを目指し、その未知なる可能性をうかがわせるヒカル。しかしその一方で、ヒカルを囲碁の世界へと導いた佐為に、抗うことのできない運命が待ち受けていた。その瞬間は、突然やってきて…!?

ザ・シェフ 15巻

ザ・シェフ 15巻
単行本(15巻)
発売日
ページ数
206ページ
作家名

剣名舞

閲覧数:0回(投稿)

法外な報酬を受け取る、臨時雇い専門のニヒルな天才シェフ・味沢 匠(あじさわ たくみ)を主人公とする料理漫画である。また、本質はヒューマンドラマであり料理を通した人間模様を追求した内容となっている。

王様の仕立て屋 サルトリア・ナポレターナ 11巻

王様の仕立て屋 サルトリア・ナポレターナ 11巻
単行本(11巻)
発売日
ページ数
182ページ
作家名

大河原遁

閲覧数:0回(投稿)

紳士服の聖地と呼ばれるナポリに自らの店をオープンした織部悠。彼は伝説の名仕立て職人マリオ・サントリヨが唯一認めた弟子であり、“究めし職人"と称される男。そんな悠の許に、ひとりのルポライターが客として現れた。彼は実は北イタリア屈指の財閥バルツァーギ家の御曹司。黒ずくめの装いを好む彼だが、財閥総帥の曾祖父は黒が大っ嫌い。曾祖父が繰り出す様々な妨害工作に、悠はどう立ち向かうのか…!? ナポリ仕立てをモノトーンでまとめた大人の着こなしが満載! 「モノトーンの彩り」編、全7話+特別描きおろしを収録!!

うえきの法則 11巻

うえきの法則 11巻
単行本(11巻)
発売日
ページ数
187ページ
作家名

福地翼

閲覧数:0回(投稿)

二次選考当日。神の使いを待つ森たちは、なぜか全力でランニングをしていた植木を除き、アイスを食べながらくつろいでいた。1人だけアイスを食べ損なった植木は、神の使いが差し出した二次選考会のクジ付きアイスで特大のものを選び、ハズレを引いてしまう。あっさり二次選考で落選…!?