刃牙道 15巻|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て無料読み放題のファイル投稿共有サイト

刃牙道 15巻

刃牙道
投稿日
発売日
ページ数
191
作家・サークル名
板垣恵介
タグ
登録されていません

武蔵に幾度となく斬り付けられ、戦意喪失のピクル。決着の時かと思いきや、ある気配を感じ、ピクルはその発生源へと逃げ込んだ…。そこに立っていたのは本部以蔵。「守護る」。歴戦の強者たちに放った言葉。ついにそれを果たす時が来たッッ!!

夜間など、サイトが混み合ってる時間帯は画像が読み込見込まれにくくなる場合があります。その場合は別の時間に閲覧するか「よくある質問:画像が表示されない時の対処法」をお試しください。

「刃牙道」一覧

おすすめ関連書籍

北斗の拳 21巻

北斗の拳 21巻
単行本(21巻)
発売日
ページ数
189ページ
作家名

原哲夫

閲覧数:0回(投稿)

二番目の羅将・ヒョウの居城へと向かうケンシロウ。だがその頃、リンは第一の羅将・カイオウに連れ去られてしまった。またヒョウの居城ではヒョウとその師・ジュウケイとの戦いが起こり…!?

マルドゥック・スクランブル 4巻

マルドゥック・スクランブル 4巻
単行本(4巻)
発売日
ページ数
195ページ
作家名

大今良時

閲覧数:0回(投稿)

なんで私なの? 身寄りのない少女・バロットは、救いの手を差し伸べたはずの男・シェルに突然殺されかける! 瀕死の状態から目覚めると、その身には金属繊維の人工皮膚と、あらゆる電子機器を操る力が与えられていた。ネズミ型万能兵器・ウフコックの力を借りて、答えを探し求めるバロットの闘いが、今、始まる!! なんで私なの? 身寄りのない少女・バロットは、救いの手を差し伸べたはずの男・シェルに突然殺されかける! 瀕死の状態から目覚めると、その身には金属繊維の人工皮膚と、あらゆる電子機器を操る力が与えられていた。ネズミ型万能兵器・ウフコックの力を借りて、答えを探し求めるバロットの闘いが、今、始まる!!

俺の空 刑事編 1巻

俺の空 刑事編  1巻
単行本(1巻)
発売日
ページ数
210ページ
作家名

本宮ひろ志

閲覧数:0回(投稿)

あの男が帰ってきた。安田財閥の跡取りにして、スポーツ万能、安田一平!京橋警察所の新米刑事になった一平の前に権力者達の理不尽な犯罪が立ちはだかる。その行動力と財力をフルに使って悪を追い詰める!痛快娯楽巨編第1弾。 

ふたりエッチ 39巻

ふたりエッチ 39巻
単行本(39巻)
発売日
ページ数
191ページ
作家名

克・亜樹

閲覧数:0回(投稿)

真の努力が実った!? 最近エッチに目覚めた優良さんがシゲキ的なエッチを切望☆ SM好きなご近所夫婦にあてられて、ついにディープな「SMプレイ」の世界へ!! イケナイ雰囲気ただよう第39巻です!! 2008年6月刊。

デザートイーグル 2巻

デザートイーグル 2巻
単行本(2巻)
発売日
ページ数
190ページ
作家名

和久井健

閲覧数:0回(投稿)

鷹見沢林檎は、ある種の天才だった。ID偽造という闇ビジネスを生業とし、新宿の底でたった一人で生きていた。すべては、復讐の為。母の人生を崩壊させた悪党共を見つけ出し、一人一人ぶちのめす。その、ただ一つの希望が巨悪の前に潰えかけた時、一人の少年が林檎の前に現れた。 鷲尾一期。今日、すれ違っただけの少年。林檎と一期。ふたつの孤独な魂が出会った時、新宿の均衡を破る、鉄と血のサーガが幕を開ける!!!! 美しいもの。醜いもの。正しいこと。間違ったこと。すべてがごった煮のように詰め込まれた街。新宿・歌舞伎町で、少年は生まれた。鷲尾一期の夢はただひとつ。「トモダチの林檎と桜を守ること」 冠城組! 天一連合! グリム! 群雄、巨悪が入り乱れる新宿で、少年はぬくもりを求め、不器用にあがいていた…!!

はじめの一歩 14巻

はじめの一歩 14巻
単行本(14巻)
発売日
ページ数
188ページ
作家名

森川ジョージ

閲覧数:0回(投稿)

相手が伊達(チャンピオン)でも、遠慮するな一歩!!「とにかく、思いきりやるしかない!」チャンピオンの伊達から、直々にスパーリングの要請を受けた一歩。これは、試合カンを取り戻すためにも、一歩にとってまたとないチャンスだ!!実力と経験(キャリア)の差は大きいけれど、このスパーリングでなにかを学びとれ、一歩!!

金魚屋古書店 15巻

金魚屋古書店 15巻
単行本(15巻)
発売日
ページ数
211ページ
作家名

芳崎せいむ

閲覧数:0回(投稿)

いまから少し前の、お話。 金魚屋古書店に転がり込んだ「伝説の書店員」斯波さん。しかし、店主代理の菜月はそんな斯波さんを「伝説」扱いするつもり全くなしで、じつはそれが居心地よかったりする斯波さんだったが、さらにそこへやってきたのが、「凄腕のセドリ」の岡留高志・通称トメさん。とある依頼により、「入った店を繁盛させ過ぎてしまう」という伝説をもつ書店員・斯波さんを捜していたトメさんだが、その気もなくぶらりと立ち寄った金魚屋でまさかの遭遇!はじめから“ともだち”感覚の斯波さんVS“俺とおまえは絶対友達じゃない!”感覚のトメさん。このふたり、いったいどなる!?