ウロボロス 15巻|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て無料読み放題のファイル投稿共有サイト

ウロボロス 15巻

ウロボロス
投稿日
発売日
ページ数
203
作家・サークル名
神崎裕也
タグ

イクオと美月の二人は刑事部から警務部へと異動を命じられ、警察を取り締まる警察「監察官」として働くことに。遂に“金時計”との直接対決が迫る!?

「ウロボロス」一覧1巻〜24巻(未完結)

おすすめ関連書籍

怪物王女 15巻

怪物王女  15巻
単行本(15巻)
発売日
ページ数
190ページ
作家名

光永康則

閲覧数:0回(投稿)

血の一滴は、生命の雫――。平凡な少年、ヒロは交通事故によってその命を失う。謎の少女「姫(ひめ)」の血を飲むことによって、ヒロは死から生還する。しかし、不思議な血の力によって蘇った少年を、血の戦士としての戦いが待っていた。「姫」は怪物と呼ばれる異形の者たちの頂点に立つ王族の一員だったのだ。王位をめぐる、血を分けた兄弟姉妹による殺戮。策謀と憎悪の渦に、姫とその血の戦士となったヒロは飲み込まれていく。

日常 7巻

日常 7巻
単行本(7巻)
発売日
ページ数
168ページ
作家名

あらゐけいいち

閲覧数:0回(投稿)

普段はおとなしめな夢見る女子高生・みおのまわりにはロボやら大福やら謎なものがいっぱい。七巻でもシュールなのかかわいいのか予断を許さない日常。てか、カボチャかてぇ…。

有閑倶楽部 13巻

有閑倶楽部 13巻
単行本(13巻)
発売日
ページ数
217ページ
作家名

一条ゆかり

閲覧数:0回(投稿)

香港で煮湯を飲まされたシンジケートのボス・茅台が有閑倶楽部に復讐をしかけてきた! 万作の初恋の女性を助けるために計画した偽装誘拐が、途中から茅台による本物の誘拐にすり替わり…。危うし、6人組!!

ゴルゴ13 120巻

ゴルゴ13 120巻
単行本(120巻)
発売日
ページ数
313ページ
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

ホムンクルス 14巻

ホムンクルス 14巻
単行本(14巻)
発売日
ページ数
256ページ
作家名

山本英夫

閲覧数:0回(投稿)

驚愕のラストシーンまで……あと2巻! 顔がコロコロ変わる顔面変形女・ななみと対峙した名越は、 その深層心理を暴こうと、自らの過去、抱き続けていたコンプレックスを 洗いざらい語る。すると、名越の記憶に反応して目の前の「世界」が 変わり始め、女の顔が見た事もない「醜男」に変幻! 謎めく女は、果たして名越の元カノ・ななこなのか!? 一方、鏡の玉子に引きこもる元板前のホームレス、 その深層心理に名越がいよいよ踏み込んでいく。 そこで暴かれていく元板前の過去は、名越の心を深く揺さぶり…!? 頭蓋骨に穴を開ける「トレパネーション手術」によって 人が潜在意識下に抱える歪みが、カタチとして 見えるようになってしまった名越の命運は!? 世界を剥き出しにする、ダークな美醜エンターテインメント、 ついに佳境へ。

ベルセルク 30巻

ベルセルク 30巻
単行本(30巻)
発売日
ページ数
218ページ
作家名

三浦建太郎

閲覧数:1回(投稿)

対クシャーン決戦への出陣式前日催された、ヴリタニス市庁での舞踏会。その舞台にクシャーン妖獣兵が!! そして、地獄と化した舞踏会の中にはファルネーゼが!! ガッツは果たして…!? 2006年3月刊。

ドーベルマン刑事 18巻

ドーベルマン刑事  18巻
単行本(18巻)
発売日
ページ数
306ページ
作家名

武論尊

閲覧数:0回(投稿)

凶悪犯罪専門の警視庁特別犯罪課に所属する、「ドーベルマン」と呼ばれる刑事・加納錠治(かのう・じょうじ)の活躍を描いたハードボイルド・アクション。ハイジャック事件を起こし、乗客全員を人質に取った犯人・三杉(みすぎ)は、かつて自分の片腕を銃で吹き飛ばした刑事・加納錠治の身柄を要求する。そして現場に現れた加納は、三杉の命令によって銃を捨てて全裸にされて……!?

ゴルゴ13 109巻

ゴルゴ13 109巻
単行本(109巻)
発売日
ページ数
313ページ
作家名

さいとう・たかを

閲覧数:0回(投稿)

社会の裏側、あるいは裏と表の境界線上がゴルゴ13の活躍の舞台である。ストーリーの題材は多数の脚本協力者が脚本を執筆していることもあって非常に多岐にわたる。諜報戦に代表される国家間の暗闘、世界各地の戦争・紛争、ゲリラ活動やテロリズムを題材としたもの、または麻薬組織など犯罪を扱ったもの、最新テクノロジー、企業活動に関連したもの、歴史問題・地理問題をテーマにしたもの、芸術、スポーツ、文化学術活動なども題材となっている。ミステリー調やコメディ調のエピソードもある。

緑山高校 16巻

緑山高校 16巻
単行本(16巻)
発売日
ページ数
195ページ
作家名

桑沢篤夫

閲覧数:0回(投稿)

夏の甲子園出場をかけた予選・決勝に、とんでもない高校が勝ち上がってきた。 今年創立されたばかりの全員一年生チームの緑山高校。怪物・二階堂を筆頭に、個性豊かというか、チームワーク無視の目立ちたがり屋軍団。試合中も喧嘩してばかりだった。優勝候補の神堂高校と、1対1のまま延長16回の表、3ランを打たれる二階堂だが、最後花岡が暴走的ランニング・ホームランでサヨナラ勝ち。甲子園出場を決めた。 甲子園では、コントロールの定まらない二階堂が、初回4点を取られてしまうが、その後は0封を続ける。 二階堂には、三振記録だけが目標だった。うだる暑さの中、緑山高の反撃は…

コウノドリ 11巻

コウノドリ 11巻
単行本(11巻)
発売日
ページ数
176ページ
作家名

鈴ノ木ユウ

閲覧数:0回(投稿)

【長期入院】長い入院生活は、ベッドの上で一日を過ごすことが多く、何もすることがない。単調な毎日の中、赤ちゃんの様子を見られるエコー検査や面会の人との会話が楽しみになる。他【フルコース】【未熟児網膜症】を収録。