KIPPO(キッポ) 6巻|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て無料読み放題のファイル投稿共有サイト

KIPPO(キッポ) 6巻

KIPPO(キッポ)
投稿日
発売日
ページ数
226
作家・サークル名
田中宏
タグ

史上最悪の男・松尾の魂が入り交じる化物となったイチローは大友彩
抹殺計画を失敗し、激怒するファミリーの目を掻い潜り逃走中!
久司の事があきらめられない彩とファミリーの行方は…!?

「KIPPO(キッポ)」一覧1巻〜6巻(未完結)

おすすめ関連書籍

静かなるドン 2巻

静かなるドン 2巻
単行本(2巻)
発売日
ページ数
225ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

関東最大の暴力団・新鮮組の総長が射殺された! 跡目を継いだのは息子の静也。しかし彼の本業は、ランジェリー会社「プリティ」のデザイナーだったのだ。かくして、昼はしがないサラリーマン、夜はヤクザの大親分という、奇妙な生活が始まった……。

放課後のカリスマ 3巻

放課後のカリスマ 3巻
単行本(3巻)
発売日
ページ数
198ページ
作家名

スエカネクミコ

閲覧数:0回(投稿)

マリ・キュリーと呼ばれる少女と、史良によく似た男・カイに出会い、困惑する史良。学園のOBであるカイも何者かのクローンであることを明かされ、自分自身もクローンである可能性の出てきた史良は、自分の存在意義について悩み始める。一方、その場に居合わせたフロイトも、史良とカイの関係性について考え出して…

R.O.D 2巻

R.O.D 2巻
単行本(2巻)
発売日
ページ数
202ページ
作家名

倉田英之

閲覧数:0回(投稿)

本を愛し愛される、無類の読書家『読子』は、紙を自在に操り『ザ・ペーパー』と呼ばれる大英図書館のエージェント。人気女子高生作家『ねねね』を守るため、今日も今日とて大暴れ!! 戦え読子!! 必殺の紙技をおみまいだ!!

QP(キューピー) 2巻

QP(キューピー) 2巻
単行本(2巻)
発売日
ページ数
186ページ
作家名

高橋ヒロシ

閲覧数:0回(投稿)

てめー、ふざけんなよ!少年院でカマでも掘られボケたのか!?あー!?てめーは暴力の世界で生きてくために生まれてきたよーな男だろーが!?オレはずっとおまえを待ってたお前とオレが組みゃーなんでもできそーだろうが小鳥!?目ェ覚ませよ!!

鉄拳チンミ 14巻

鉄拳チンミ 14巻
単行本(14巻)
発売日
ページ数
198ページ
作家名

前川たけし

閲覧数:0回(投稿)

天性の身軽さと、天真爛漫な素直さ、そして類稀なる拳法の才能をもつ少年チンミ。姉と猿のゴクウとで平和に暮らしていたチンミは、「拳精」をさがす旅をしていた大林寺(時代が、元以降の清と思われるので、『曹洞宗』)の老師に見出されて、大陸一とも言われる大林寺に入門し、仲間たちと共に修行をすることになる。 仲間たちと厳しい修行を続け、大林寺の老師たちから秘伝を授かるチンミ。そして、多くの凶悪な拳法を使う悪人たちと戦い、様々な人助けをしていくうちに、チンミの活躍は大陸中に噂になっていくのであった……。

キン肉マン 23巻

キン肉マン 23巻
単行本(23巻)
発売日
ページ数
201ページ
作家名

ゆでたまご

閲覧数:0回(投稿)

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年から1987年まで連載。日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。 戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせており、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと戦い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。格闘ものに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い内容だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。

風飛び一斗 23巻

風飛び一斗  23巻
単行本(23巻)
発売日
ページ数
188ページ
作家名

門馬もとき

閲覧数:0回(投稿)

中学生編の「かっとび一斗」から続く長期連載だが、色褪せない試合展開で衰えない人気を博す。「かっとび一斗」時代はギャグサッカー漫画に近く、必殺技もばんばん出てきたが、高校生編の「風飛び一斗」になってからは純粋にサッカーの描写が増える。

宮本から君へ 5巻

宮本から君へ  5巻
単行本(5巻)
発売日
ページ数
455ページ
作家名

新井英樹

閲覧数:0回(投稿)

世の中VS俺、連戦連敗。 1992年度小学館漫画賞受賞、今こそ読まれるべき“バブル期の日本で最も嫌われたマンガ”がここに復刻! どこに行っても犬に吠えられる熱血営業マン・宮本浩、七転八倒の記録--。 「おれは誰に感情移入すればいいんだ? おれは宮本に感情移入すればいいのか? だけど青いだろ。痛いだろ。困っちゃうんだよな。そして読み進めてるとさ、自然にそれを、したよ。感情移入したよ。最後は……感動したよ。」古川日出男(作家)

柔道讃歌 5巻

柔道讃歌  5巻
単行本(5巻)
発売日
ページ数
366ページ
作家名

梶原一騎

閲覧数:0回(投稿)

主人公・巴突進太(ともえ・とっしんた)は背が低いが喧嘩好きの暴れん坊。千葉県立紅洋高校に入学して、そこで新任の教師・利鎌竜平(とがま・りゅうへい)に出会う。彼にはどこか言い知れぬ凄みがあり、何か秘密を抱えているらしい。 突進太は高校の番長になるべく全スポーツ部に喧嘩を挑んで勝つが、唯一、柔道部の主将大東坊には大いに痛めつけられる。しかし最後に巴投げで勝利、彼に認められて柔道部に入部。 実は突進太の母・輝子は昔講道館で女三四郎と呼ばれた天才柔道家で、そのころ利鎌の兄を投げたことがあり、兄はそれが原因で人生を誤り、孤独な死を迎えていた。利鎌はその復讐のため柔道に打ち込み、必殺技「天地返し」を修得していた。そして兄の仇である女の息子もまた許せないと、柔道部のコーチに就任して突進太らを徹底的にしごく。 突進太の前には様々なライバル達が現れる。突進太は彼らとの戦いの中で必殺技を編み出し、柔道家としても人間としても大きく成長していく。