終わりのセラフ 13巻|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て無料読み放題のファイル投稿共有サイト

終わりのセラフ 13巻

終わりのセラフ
投稿日
発売日
ページ数
188
作家・サークル名
鏡貴也
タグ
登録されていません

「グレンが世界を滅亡させた」と語る吸血鬼の言葉に動揺する優一郎たち。フェリドと共に大阪湾に向かうが、そこでは捕われのクルルの前に謎の人物が出現。海外からも上位始祖が到着。一体、フェリドの目的とは…!?

「終わりのセラフ」一覧1巻〜13巻(未完結)

おすすめ関連書籍

うしおととら 32巻

うしおととら 32巻
単行本(32巻)
発売日
ページ数
194ページ
作家名

藤田和日郎

閲覧数:0回(投稿)

▼第51章「降下停止、浮上」第2話/破壊妖▼第51章「降下停止、浮上」第3話/希望▼第51章「降下停止、浮上」第4話/記憶奪回▼第51章「降下停止、浮上」第5話/降下停止、浮上▼第52章「鳴動天、開門す」第1話/冥界の門ふたたび▼第52章「鳴動天、開門す」第2話/開門▼第52章「鳴動天、開門す」第3話/獣の槍 復活▼第53章「約束の夜へ」前編▼第53章「約束の夜へ」後編

金色のガッシュ!! 9巻

金色のガッシュ!! 9巻
単行本(9巻)
発売日
ページ数
190ページ
作家名

雷句誠

閲覧数:0回(投稿)

モチノキ第二中学校に通う中学二年生の少年・高嶺清麿は、MIT(マサチューセッツ工科大学)の論文さえもたやすく理解してしまう凄まじい頭脳の持ち主だった。しかし、中学進学を期にしてその頭脳が周囲からの嫉妬を生み、清磨はクラスに馴染めず、不登校を繰り返す鬱屈した日々を送っていた。 そんなある日、清麿の家に天真爛漫な謎の少年・ガッシュ・ベルが現れる。彼はイギリスにいる清麿の父・清太郎から「息子の友達になってくれ」と頼まれ、遥々日本までやってきた。ガッシュは過去の記憶を失っており、唯一の所持品は謎の言語で記された赤い本だけ。本に記された呪文を読むと電撃を発する力を持つガッシュを清磨は危険視するが、協力して銀行強盗を撃退したことで打ち解ける。このことを切っ掛けに清磨とクラスメートの関係も改善されるなど、ガッシュの来訪によって清磨の生活は変わり始めた。 やがて清麿とガッシュの前には、ガッシュの赤い本と似た本を携えた敵が次々と現れ、戦いを挑んでくる。実はガッシュは、千年に一度行われる魔界の王を決める戦いに参加させられた100人の魔物の子の一人だった。戦いが激しくなる中、戦いを強要されていた魔物の少女・コルルと出会ったガッシュは「やさしい王様になってこの戦いを止めさせる」という志を抱き、清磨もその願いを叶えようと決意する。

蒼天の拳 21巻

蒼天の拳 21巻
単行本(21巻)
発売日
ページ数
175ページ
作家名

原哲夫

閲覧数:0回(投稿)

真の伝承者を決める「天授の儀」は拳志郎の勝利で決着した。その後、女人像が崩れ、現れたのは、北斗伝承者たちの哀しみを伝える"鎮魂の塔"。拳志郎は真の北斗神拳伝承者として、塔から全ての物語を伝えられる。始祖シュケンの哀しみ、西斗月拳々の怨念の理由、空海、信長まで伝わる歴史と秘密...。そして、遂に生みの母の秘密さえ明らかになっていく...。北斗の秘密と哀しみを詰め込んだ珠玉の21巻!!

凍牌 人柱篇 11巻

凍牌 人柱篇  11巻
単行本(11巻)
発売日
ページ数
194ページ
作家名

志名坂高次

閲覧数:0回(投稿)

人柱篇、最終章サバイバルマッチ!! ラスを引いたら己の頭に引き金を引く……。生存を賭けたロシアンルーレット麻雀!! 壮絶な戦いを繰り広げる猛者達の中、氷のKが対峙するのは帝王・高津…!!

機動戦士ガンダム サンダーボルト 4巻

機動戦士ガンダム サンダーボルト  4巻
単行本(4巻)
発売日
ページ数
233ページ
作家名

太田垣康男

閲覧数:0回(投稿)

次なる舞台は地球!新しい宿命の始まり!! サンダーボルト宙域での死闘から7か月。終わったかに見えたイオとダリルの宿命はまだ続いていた。宇宙世紀0080年。次なる舞台は青い惑星・地球。果たしてイオは、ダリルは、そして地獄の宙域の生き残りたちの運命は……!!!

未来人カオス 2巻

未来人カオス  2巻
単行本(2巻)
発売日
ページ数
232ページ
作家名

手塚治虫

閲覧数:0回(投稿)

幼いころからの親友だった須波光二と大郷錠は、ともに銀河総合アカデミーの試験を控える学生。一見、とても仲のよい二人だが、大郷はひそかに須波の頭脳に嫉妬していた。そんなところに、大郷をそそのかす謎の男が現れ、「須波を殺せ。殺せばアカデミーに合格させてやる」という男の言葉にそそのかされ、ついに須波を殺してしまう。ところが、須波は謎の少女に助けられ、姿を変えて生き返っていた…。

GetBackers 奪還屋 27巻

GetBackers  奪還屋  27巻
単行本(27巻)
発売日
ページ数
191ページ
作家名

青樹佑夜

閲覧数:0回(投稿)

世界中の名だたる数学者の頭を悩ませてきた「フェルマーの最終定理」を一瞬にして解き明かした“犬”を奪還せよ――!! 仲介屋ヘヴンが持って来た奪還依頼は、かなりヤバイ筋の男から“犬”を奪り還えせというものだった。しかし、それを断った蛮(ばん)と銀次(ぎんじ)。その直後、彼らのもとに飛び込んできた少女・夏実(なつみ)から、同じ“犬”の奪還を依頼された!! この“犬”の“秘密”とは――!?

キテレツ大百科 1巻

キテレツ大百科 1巻
単行本(1巻)
発売日
ページ数
182ページ
作家名

藤子不二雄

閲覧数:0回(投稿)

発明好きの小学生・木手英一(通称:キテレツ)が、江戸時代の発明家であった先祖・キテレツ斎の残した書物『奇天烈大百科』(キテレツだいひゃっか)を基に様々な発明道具を作り、その発明道具で起こす騒動を描く。

めしばな刑事タチバナ 6巻

めしばな刑事タチバナ 6巻
単行本(6巻)
発売日
ページ数
200ページ
作家名

坂戸佐兵衛

閲覧数:0回(投稿)

城西署の刑事であるタチバナが、牛丼やカップ焼きそばなどB級・C級グルメについて幅広い薀蓄を熱く語っていく。 従来のグルメ漫画と趣を異にするのは、素材・栄養・調理法などに触れることが非常に少なく、店のサービス体制や歴史、あるいはその食品のコンセプト・価格・登場した時代背景や変遷に焦点をあて、さらには食べるシチュエーション・食べ方・食感にまで言及しておきながら味のことにはほとんど触れず、題材となる食材への「愛情」を語り尽くす点にある。