我間乱 GAMARAN 11巻|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て無料読み放題のファイル投稿共有サイト

我間乱 GAMARAN 11巻

我間乱  GAMARAN(ガマラン)
投稿日
発売日
ページ数
192
作家・サークル名
中丸洋介
タグ

無宝(むほう)流との間に一年間の休戦協定が結ばれて以降、大亀(おおがめ)流の面々は修行の日々を送っていた。ところが休戦期間終了間際に、無宝流に奇襲を仕掛けられる。今こそ、戎簾山(じゅうれんさん)での厳しい修行の成果を見せる時! 無宝流当主・陣介(じんすけ)も現れ、大亀流はさらなる窮地に立たされる。「くだらねぇ剣士になってやがったら、この場で殺すぜ 我間(ガマ)――……」

「我間乱 GAMARAN(ガマラン)」一覧1巻〜22巻(未完結)

おすすめ関連書籍

神の雫(かみのしずく) 26巻

神の雫(かみのしずく) 26巻
単行本(26巻)
発売日
ページ数
226ページ
作家名

亜樹直

閲覧数:0回(投稿)

「そのワインは一人の女性であり“マドンナ”である」『第八の使徒』編、開幕! 雫の父・豊多香が胸を焦がし、手が届くことのなかった女性がいた――。彼女への想いをつづった『使徒』は、気高く黄金に煌めく「出会いのワイン」。

鉄拳チンミ 33巻

鉄拳チンミ 33巻
単行本(33巻)
発売日
ページ数
189ページ
作家名

前川たけし

閲覧数:0回(投稿)

天性の身軽さと、天真爛漫な素直さ、そして類稀なる拳法の才能をもつ少年チンミ。姉と猿のゴクウとで平和に暮らしていたチンミは、「拳精」をさがす旅をしていた大林寺(時代が、元以降の清と思われるので、『曹洞宗』)の老師に見出されて、大陸一とも言われる大林寺に入門し、仲間たちと共に修行をすることになる。 仲間たちと厳しい修行を続け、大林寺の老師たちから秘伝を授かるチンミ。そして、多くの凶悪な拳法を使う悪人たちと戦い、様々な人助けをしていくうちに、チンミの活躍は大陸中に噂になっていくのであった……。

超人ロック 聖者の涙 2巻

超人ロック 聖者の涙 2巻
単行本(2巻)
発売日
ページ数
197ページ
作家名

聖悠紀

閲覧数:0回(投稿)

惑星プラタのみならず宇宙へと麻薬の手は広まろうとしていた。麻薬組織の首領アフラは配下のエスパーを使いながら、全宇宙を手中に収めるため究極の麻薬を蔓延させようとしていた。パパ・ラスと名乗るロックは麻薬治療薬「聖者の涙」を広めんとする…。

ついでにとんちんかん 15巻

ついでにとんちんかん  15巻
単行本(15巻)
発売日
ページ数
194ページ
作家名

えんどコイチ

閲覧数:0回(投稿)

カンフーの達人・東風、超能力少女・甘子、天才発明家少年・珍平の三人を率いる謎のリーダー・抜作! 彼らこそ、ちまたを騒がす怪盗とんちんかんのメンバーであった! 一味を追う毒鬼警部&天地巡査の包囲網もなんのその!?

メイちゃんの執事 9巻

メイちゃんの執事 9巻
単行本(9巻)
発売日
ページ数
192ページ
作家名

宮城理子

閲覧数:0回(投稿)

今宵、俺の妃になってくれ(by 剣人) 超庶民の女の子が突然執事付きのお嬢様に!?でおなじみ、メイお嬢様の物語も9巻目でございます。婿候補達が留学してきて、学園内ははちゃめちゃ状態…。石油王の息子・イルの提案で、渋谷へ遠足へ行くことに! 街は大混乱!! 一方、最近、あまり優しくしてくれない理人に落ち込むメイの前に現れたのは、身長180cmに成長した…マメシバ!?

傷だらけの仁清 1巻

傷だらけの仁清 1巻
単行本(1巻)
発売日
ページ数
203ページ
作家名

猿渡哲也

閲覧数:0回(投稿)

この物語は、家族を知らずに育った永井仁清が、ある家族を護ろうとする漢のドラマである。生まれてまもなく捨てられ、福祉施設で擬似家族を体験した仁清は、より強い絆を求めてヤクザになった。仁義・恩義・律義に生きる無骨な生き様に熱くなる!! 

ザ・ファブル 8巻

ザ・ファブル 8巻
単行本(8巻)
発売日
ページ数
207ページ
作家名

南勝久

閲覧数:0回(投稿)

いがみ合うヤクザ、砂川と小島の闘争から、晴れてミサキちゃんを救出した無敵の殺し屋ファブル兄さん・・・・。屋上にてサンマを焼いて束の間の休息を堪能するファブル兄さん。お次は2泊3日の山籠りに行く事に・・・・。しかもファブルに弟子入りを志願するヤングヤクザのクロちゃんも同行する事になって、てんやわんやのサバイバル編、大突入!! ヘビを食ったり、虫を捕まえたり、さらにツキノワグマと対決するって本当??

でろでろ 4巻

でろでろ 4巻
単行本(4巻)
発売日
ページ数
161ページ
作家名

押切蓮介

閲覧数:0回(投稿)

日野耳雄(ひの・みみお)のクラスに、霊を引き寄せやすい少女、相原岬(あいはら・みさき)がやってきた。特異体質のせいで、前の学校でいじめられていた岬は、今度の学校でも馴染(なじ)めるか不安を募らす。案の定、学校に住み着く妖怪に目を付けられ、逃げ惑う岬。しかし、霊感体質ながら怪奇不感症の耳雄の、問答無用右ストレートで妖怪はあえなく撃沈。どうやら耳雄のおかげで、町の平和は保たれてるようです……。大人気ホラーギャグ!