勇者に期待した僕がバカでした 3巻|自作の漫画コミック・雑誌・同人誌・小説を自由に投稿し皆で共有&読み放題にできるファイル投稿共有サイト

  • ヘルプ
    ヘルプ
  • 閲覧履歴
    閲覧履歴
  • 問い合わせ
    問い合わせ
  • ログイン
    ログイン
表示設定

勇者に期待した僕がバカでした 3巻

勇者に期待した僕がバカでした
投稿日
発売日
ページ数
294
作家・サークル名
ハマカズシ
投稿者
ゲスト投稿
みんなのオススメ度
0

モンスターたちの生きる意味。それは――。

新たな勇者戦がはじまっていた。
再び担当魔王軍となったゴルディアス軍は、エルブランコを責任者として任命し、事にあたっていた。
しかし、そこでエルブランコはとんでもないスキャンダルに巻き込まれる。
ホテルの前で週刊誌に撮られた勇者との密会写真。
それを発端に勇者戦は打ち切り。
ゴルディアス軍は解散にまで追い込まれることになった。

悲嘆に暮れるエルブランコ。
スラムに消えるエルブランコ。
自分を捨てて、第2の人生を歩み始めたエルブランコ。

そんな彼の元に、かつての部下・ウニベルがやってくる。
スキャンダルの本当の意味。
勇者協会と人間という闇が孕んだ、汚い手段。

エルブランコは矮小な自分を見つめ直し、再び立ち上がる。
それでゴルディアス軍が元に戻るわけでは無いことを知りながら……。

働くなんて辛いこと。
それでも、過ごした時間は確かに自分が歩いた道。
だから、それが失敗だったとしても、やってきたことを否定なんてしなくていいじゃないか。

自分が自分を認めなくて、誰が認めてくれるんだ。
あらゆる理不尽をはねのけろ! ファンタジー社畜コメディ完結編。
――社蓄はついに、答えを見つける。

ビューワーで読むと正常に閲覧できない方(途中で強制的に先頭ページに戻ってしまうなど)向け
ビューワーを正常にご利用できない方はこちらのよくある質問をご確認ください。

ビューワー(書籍閲覧機能)の使い方の説明」を見る

  • この作品を友達に紹介♪
  • この作品をLINEで送る‹

この作品の関連書籍

同じカテゴリのおすすめ作品

狼と香辛料 10巻

狼と香辛料 10巻
ラノベ(10巻)
発売日
ページ数
363ページ
作家名

支倉凍砂

投稿)

ケルーベでの騒動の後、ロレンスたちが向かったのは、海を渡った島国のウィンフィール王国。目的地は、『狼の骨』を持つというブロンデル大修道院だ。王国に着いたロレンスたちは、羊毛取引で富裕なはずの修道院が経済的危機に陥っていると耳にする。しかも、世界最強と名高い経済同盟・ルウィック同盟が、修道院の土地を狙って王国に進出してきたという。不穏な情勢の中、ロレンスたちは修道院へ近づく足がかりを作るため、同盟の一員である商人ピアスキーに協力を依頼することになるのだが―?絶好調の新感覚ファンタジー第10弾、舞台はウィンフィール王国へ。

アルカ 創生のエコーズ 1巻

アルカ 創生のエコーズ 1巻
ラノベ(1巻)
発売日
ページ数
391ページ
作家名

project-ALCA-

投稿)

未曾有の大災害によって壊れた世界は、旧人類ヒトと新人類アウラドに別れ、辛うじてその姿を保っていた。 涼風若葉はヒトの国レイメイで、学生バンドのボーカルをしていたが、ひょんなことから中立国ファルネに向かい、二つの世界 の矛盾に満ちた関係に触れる。 おりしもアウラドの国エルゼムから、全世界に向けたプロパガンダ放送が流される。 群衆の前で歌うアウラドの少女メイ。驚くべきことに彼女は若葉と瓜二つの顔を持っていた。 世代を超えた愛が少女たちの運命を紡ぎ、人類の進むべき道を切り開く、壮大な近未来ラブストーリー。

幼女戦記 1巻

幼女戦記 1巻
ラノベ(1巻)
発売日
ページ数
451ページ
作家名

カルロ・ゼン

投稿)

金髪、碧眼そして白く透き通った肌の幼女が、空を飛び、容赦なく敵を撃ち落とす。 幼女らしい舌足らずさで軍を指揮する彼女の名はターニャ・デグレチャフ。 だが、その中身は、神の暴走により幼女へと生まれ変わることとなった日本のエリートサラリーマン。 効率化と自らの出世をなにより優先する幼女デグレチャフは、 帝国軍魔導士の中でも最も危険な存在へとなっていく――。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 2巻

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 2巻
ラノベ(2巻)
発売日
ページ数
376ページ
作家名

伏見つかさ

投稿)

冷戦関係にあった妹・桐乃からとんでもない秘密をカミングアウトされ、ガラにもなく相談に乗ってやる―という思い出したくもない出来事からしばらく経つが、俺たち兄妹の冷めた関係は変わりゃしなかった。ところが“人生相談”はまだ続くらしく、「エロゲー速攻クリアしろ」だの「不快にした責任とりなさい」(どうしろと?)だの見下し態度全開で言ってくるからマジで勘弁して欲しい。誰だこんな女を「可愛い」なんて言う奴は?でまあ今回俺に下った指令は「夏の想い出」作り(?)。どうも都内某所で開催される、なんたらとかいう祭りに連れてけってことらしいんだが…。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 5巻

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 5巻
ラノベ(5巻)
発売日
ページ数
232ページ
作家名

渡航

投稿)

間違い、すれ違い……少しずつ変わる景色。 長いようで短い夏も、もうすぐ終わり。 小町といつもの日々を過ごす八幡の家に、結衣が訪れる。 さらには戸塚からの誘い、クラスメイトからの頼み事……そして花火大会で偶然再会したのは、雪乃の姉・陽乃だった! 孤高を貫く“ぼっちの達人”八幡のスルースキルをもってしても、見過ごせない、やり過ごせない事実が雪乃、結衣、八幡の3人の関係を少しずつ変えていく。 「みんなが選ぶベストライトノベル2011」1位、「第一回ラノベ好き書店員大賞」2位など、各所で高い評価を受け、今最も注目を集めるシリーズ。 間違い続ける青春模様、第5弾!

デート・ア・ライブ 8巻

デート・ア・ライブ 8巻
ラノベ(8巻)
発売日
ページ数
330ページ
作家名

橘公司

投稿)

『この中に、私がいる。誰が私か、当てられる?』変身能力を持った第7の精霊、七罪。士道の身近な人に化けたという七罪を捜し出すことになり、デートして突き止めようとするのだが、容疑者の数は十二名で――!?

ヴァンキッシュ・オーバーロード 1巻

ヴァンキッシュ・オーバーロード  1巻
ラノベ(1巻)
発売日
ページ数
300ページ
作家名

柳実冬貴

投稿)

才能が因子という形で具現化して全てを決める時代――その因子が目覚めずに悩むアーガスシティの少年・桐生将人は、ある日の放課後、二人の女殺し屋の襲撃を受ける。危機の中ついに目覚めた将人の才能――それは『王の因子』として世界中から危険視される『覇王因子』だった。覚醒した《侵略者の鎖》で殺し屋の少女アイリとリゼットを奴隷化し、なんとか窮地を切り抜けた将人。だが、世界の均衡を破る覇王=将人の出現により、他の王たちが次々と刺客を送り込んでくると告げられ……将人は非服従な少女たちと共に、世界の覇権をめぐる「王の戦い」に無理やり引きずりこまれてしまうのだった。宿命を鎖でつなぐ覇道のサバイバルアクション、堂々の開演――!

ストライク・ザ・ブラッド 9巻

ストライク・ザ・ブラッド 9巻
ラノベ(9巻)
発売日
ページ数
292ページ
作家名

三雲岳斗

マニャ子

投稿)

ブルーエリジアムは、“魔族特区”絃神島に新たに建設された増設人工島。ホテルやプール、遊園地などを擁する最新のリゾート施設である。正式開業前のその島に無料で招待されたはずの古城たちは、矢瀬の策略によって、なぜか過酷なアルバイトに駆り出されることに―。そのころ獅子王機関の舞威媛、煌坂紗矢華もブルーエリジアムを訪れていた。彼女の任務は、研究施設に囚われている謎の少女、結瞳の救出。だが、その紗矢華の前に、雪菜と同じ技を使う見知らぬ攻魔師“六刃”が立ちはだかる―!世界最強の吸血鬼が、常夏の人工島で繰り広げる学園アクションファンタジー、待望の第九弾!

織田信奈の野望 全国版 12巻

織田信奈の野望 全国版 12巻
ラノベ(12巻)
発売日
ページ数
375ページ
作家名

春日みかげ

投稿)

小早川隆景率いる村上水軍を辛くも打ち破った織田信奈。だが、関東では不倶戴天だったはずの上杉謙信と武田信玄が手を結び、上洛を開始する! 人を捨て、神でいることを選んだ少女・上杉謙信を前に、良晴は――!?

精霊幻想記 4巻

精霊幻想記 4巻
ラノベ(4巻)
発売日
ページ数
329ページ
作家名

北山結莉

Riv

投稿)

両親の故郷カラスキを出立したその足で、ラティーファたちの待つ精霊の里を訪れたリオ。里の民たちから熱烈な歓待を受けた後、情報収集目的でシュトラール地方へと向かったリオは、その道中に見かけた巨大な光の柱に導かれ、奴隷にされかけていた三人の男女を助けるのだが―なんとその中の一人は、リオの前世である天川春人の初恋の少女で!?

翼の帰る処 04上 −時の階梯−

翼の帰る処 04上 −時の階梯−
ラノベ
発売日
ページ数
355ページ
作家名

妹尾ゆふ子

投稿)

≪黒狼公≫をキーナンに譲り、待望の隠居生活に突入した過去視の力を持つヤエト。しかし、残念ながら隠居とはほど遠い仕事量に忙殺される日々を送っていた。そんな中、ターンの預言者・ウィナエに導かれ、ヤエトはジェイサルドらと共に世界の罅を塞ぐ手がかりを得るため、砂漠の深部・シンリールへと赴く。数ヵ月後、ようやく都へと戻ったヤエトだったが、都では第七皇子が反旗を翻し、まさに戦いの火蓋が切られようとしていて――。