MORE(モア) 2月号|自作の漫画コミック・雑誌・同人誌・小説を自由に投稿し皆で共有&読み放題にできるファイル投稿共有サイト

  • ヘルプ
    ヘルプ
  • 閲覧履歴
    閲覧履歴
  • 問い合わせ
    問い合わせ
  • ログイン
    ログイン
表示設定

MORE(モア) 2月号

MORE(モア)
投稿日
発売日
ページ数
210
作家・サークル名
登録されていません
投稿者
ゲスト投稿
みんなのオススメ度
0

20代中心のOL/通勤服・フェミニンスタイルが豊富な月刊誌です。

ビューワーで読むと正常に閲覧できない方(途中で強制的に先頭ページに戻ってしまうなど)向け
ビューワーを正常にご利用できない方はこちらのよくある質問をご確認ください。

ビューワー(書籍閲覧機能)の使い方の説明」を見る

  • この作品を友達に紹介♪
  • この作品をLINEで送る‹

この作品の関連書籍

同じカテゴリのおすすめ作品

週刊新潮 7月28日

週刊新潮 7月28日
雑誌
発売日
ページ数
158ページ
作家名
投稿)

「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。

おとなの週末 10月号

おとなの週末 10月号
雑誌
発売日
ページ数
140ページ
作家名
投稿)

三大テーマ「食を愛する・街を楽しむ・旅に恋する」を、毎号、大きな写真と見やすい文字で大特集。すべてスタッフが覆面取材を重ねた厳選情報です。「大人の役に立つ、こんな雑誌を待っていた」と大評判。職場や家族での回読率が高く、バックナンバーを保持する人も多い、みんなで楽しめる情報誌です。

Pen+(ペン・プラス) 完全保存版 いまだから、赤塚不二夫

Pen+(ペン・プラス) 完全保存版 いまだから、赤塚不二夫
雑誌
発売日
ページ数
121ページ
作家名
投稿)

特集 完全保存版 いまだから、赤塚不二夫 目次 赤塚不二夫の生涯を、詳細な年譜で辿る。 脈々と受け継がれる、赤塚不二夫のDNA  赤塚不二夫のDNA 祖父江 慎 グラフィックデザイナー | 誰かが笑えばそれでいい、バカに命を懸けた希有な存在。  赤塚不二夫のDNA 会田 誠 美術家 | その先が崖であっても、突っ込んでいく潔さに憧れる。  赤塚不二夫のDNA 四方田犬彦 エッセイスト/批評家 | 赤塚不二夫作品にみる、満洲の影。 Tribute Works 丸山誠司 イラストレーター  赤塚不二夫のDNA 甲本ヒロト ミュージシャン | リミッターが外れた感覚は、読まなきゃわからない。  赤塚不二夫のDNA 柴田元幸 米文学者/翻訳家 | 赤塚マンガを感じさせる、アメリカ文学。  赤塚不二夫のDNA 町田 康 作家 | 赤塚作品も『宇治拾遺物語』も、常識からの解毒剤。  赤塚不二夫のDNA 椹木野衣 美術評論家 | 恐怖さえ覚える、アナーキーな世界観。 アラーキー、赤塚不二夫を撮る。 対談 漫画家/イラストレーター 江口寿史 大地丙太郎 アニメーション監督 Tribute Works 最果タヒ 詩人/小説家 いつ読んでも面白い、お薦めの作品ガイド  作品ガイド『おそ松くん』 泉 麻人 コラムニスト  作品ガイド『ひみつのアッコちゃん』 大森美香 脚本家  作品ガイド『もーれつア太郎』 渋谷直角 漫画家/コラムニスト Tribute Works 大原大次郎 グラフィックデザイナー  作品ガイド『天才バカボン』 FROGMAN 映像クリエイター  作品ガイド『レッツラゴン』 喰 始 WAHAHA本舗主宰  そのほかの気になる作品も、要チェック! Tribute Works 山本さほ 漫画家 対談 『天才バカボン』初代担当編集者 五十嵐隆夫 赤塚りえ子 フジオ・プロダクション代表取締役 対談 ミュージシャン 坂田 明 赤塚りえ子 フジオ・プロダクション代表取締役 漫画家/音楽家 久住昌之 赤塚不二夫が愛した町を、のんびりと歩く。 Tribute Works カレー沢 薫 漫画家/コラムニスト 記憶に残る、赤塚アニメを振り返る。 『おそ松さん』は、なぜ面白いのか? アニメーション監督 藤田陽一 思いつくものは、すべてやり切りました。 Tribute Works 米田渉&畠山祐二 フォトグラファー&レタッチャー シチュエーション提案 キノ・イグルー 生誕80周年記念で開催された、さまざまなイベント チェックしておきたい、赤塚不二夫の情報あれこれ。 一話完全収録 原画で味わう『天才バカボン』「わしの天才がバカになったのだ」 赤塚不二夫の漫画を、いますぐ読みたいなら。 思い出が甦る、『おそ松くん』コレクション こんなグッズがあれば、毎日が楽しくなる。

ROSSO(ロッソ) 3月号

ROSSO(ロッソ) 3月号
雑誌
発売日
ページ数
180ページ
作家名
投稿)

「イタリア語の赤(Rosso)」に込められるもの 赤い車から連想されるもの、それは、スポーツカーやエキゾチックカ―であったり、スピードであったりする。「ROSSO」では毎号フェラーリを中心に海外のスーパーカーの詳細な情報を華麗なグラフィックとともにお届け。最新のスポーツカーからハイクオリティセダン、そしてチューンドコンプリートカーなど…それらに対する熱い思いを詰め込んだ雑誌がこのRosso。特別付録ではエンツォやマクラーレンなど高級車尽くしのカレンダー等。憧れの車を知れるこれ以上ない雑誌です。

FLASH(フラッシュ) 9月27日/10月4日号

FLASH(フラッシュ) 9月27日/10月4日号
雑誌
発売日
ページ数
120ページ
作家名
投稿)

話題を直撃!気になるニュースをクローズアップ! 男の痛快報道マガジン。 食やネットの連載コラム、ビジネス誌より中身が濃いと好評の 企業、経済、投資を中心としたサラリーマン生き方企画、 気鋭執筆者による人間ドキュメンタリーなどを掲載する パワー溢れる写真週刊誌。

Begin(ビギン) 10月号

Begin(ビギン)  10月号
雑誌
発売日
ページ数
184ページ
作家名
投稿)

定番から最新作まで価値あるアイテムを紹介。こだわる男の「モノ&ファッション」

週刊新潮 9月17日

週刊新潮 9月17日
雑誌
発売日
ページ数
156ページ
作家名
投稿)

「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。

つくばスタイル No.24

つくばスタイル No.24
雑誌
発売日
ページ数
147ページ
作家名
投稿)

ホームドクター(かかりつけ医)はいますか? 健康都市つくばを支えているのは、地域密着のドクターがいればこそ。 赤ちゃんからお年寄りまで、わたしたちのまちで、 末長く健康をサポートしてくれるのに欠かせない存在が、 さまざまな科を専門とする病院群です。 その病院のドクターの皆さんにお話をうかがいながら、いま気になる さまざまな病気の症状・対症療法・予防までのノウハウをリポートします。 たとえば、乳がん。たとえば、子宮にまつわる病や、 アレルギー事情、乳幼児をおそう病やケガの数々。 たとえば、突然ふりかかる脳卒中、インフルエンザと ノロウイルスなど、読み応え十分。 特別企画として、わかりやすい東洋医学の特集を組みました。

美人百花 4月号

美人百花 4月号
雑誌
発売日
ページ数
252ページ
作家名
投稿)

もっとオシャレを楽しみたい25歳からのバラ色のおしゃれ人生をフィーチャー! 「もっとオシャレを楽しみたい!でも仕事の場で浮いたり、年齢不相応と思われるのもいや」という女性向けに、流行感がありながら社会性もある、楽しくて華やかなセクシースタイルを提案していきます。「コンサバより若くて華やか、ギャルより可愛くてリッチ」をテーマに最新のファッションやコスメ情報が満載!

With(ウィズ) 5月号

With(ウィズ)  5月号
雑誌
発売日
ページ数
216ページ
作家名
投稿)

「おしゃれ」も「恋」もwithと一緒。 「おしゃれ」も「恋」もwithと一緒。20代独身女性へのライフスタイル提案!! ポジティブに毎日を送るOLたちのために、ファッションとビューティーを中心に、豊かなライフスタイルを提案☆毎号豪華ブランド付録つき♪ [人気連載] 関ジャニ∞「Free!!」。東山紀之〝本物〟を知るって楽しい!。宮田聡子の聡子BEAUTY。ピース綾部の恋メール相談室。SHIORIんちのThe 定番!