週刊女性 1月17/24日号|自作の漫画コミック・雑誌・同人誌・小説を自由に投稿し皆で共有&読み放題にできるファイル投稿共有サイト

  • ヘルプ
    ヘルプ
  • 閲覧履歴
    閲覧履歴
  • 問い合わせ
    問い合わせ
  • ログイン
    ログイン
表示設定

週刊女性 1月17/24日号

週刊女性
投稿日
発売日
ページ数
202
作家・サークル名
登録されていません
投稿者
ゲスト投稿
みんなのオススメ度
0

芸能情報を中心とした女性週刊誌。

ビューワーで読むと正常に閲覧できない方(途中で強制的に先頭ページに戻ってしまうなど)向け
ビューワーを正常にご利用できない方はこちらのよくある質問をご確認ください。

ビューワー(書籍閲覧機能)の使い方の説明」を見る

  • この作品を友達に紹介♪
  • この作品をLINEで送る‹

この作品の関連書籍

同じカテゴリのおすすめ作品

AUTOSPORT (オートスポーツ) 2017年01月20号

AUTOSPORT (オートスポーツ) 2017年01月20号
雑誌
発売日
ページ数
81ページ
作家名
投稿)

■見どころ: 限界スクープ2017 複雑すぎるシート争奪戦 ■目次: PINPOINT SCOPE 【特集】レース界の「非公開情報」を追え! 限界スクープ2017 [GT500]翼をさずかる!? レクサスLC500 [GT500]×[SUPER FORMULA]「わずかな席」が絡み合う── 複雑すぎるシート争奪劇 [GT300]上位ランカーに異常事態 [F1]ホンダ、第3のチームが2018年に誕生する!? [F1]アロンソ引退!? [FE]いまこそアースカラー復活を [WEC/LE MANS]ニッサン、LMP1(-L)復帰の“裏ワザ” [WTCC]幻の“新型シビック・ハッチ”とホンダの思惑 [SUPER TAIKYU]“世界”が日本へ押し寄せる! SUPER FORMULA 2017 最重要人物 野尻智紀 野尻サン、マジかよ! バンドーンが覚えた日本語、一挙公開 数字で見るFIA-GT3パフォーマンス分析 GT3サポート体制事情。頼れる四次元ポケットの存在 F1 DEEP NETWORK 全日本MS会議/F1 Paddock Focus Grandstand’s View from Worldwide Pressroom 目次 SUPER GT FILE Ver.3 告知 試される“ホンダ復活”への底力 2017 WRC Preview_First Part ト ヨタが「新秩序」を作る。 Part 1 テストから見えた「戦闘力」 Part 2 ヤリスWRCメカ解説 インタビュー ヤリ-マティ・ラトバラ Part 3 出揃った4車から見る「2017 WRカーのトレンド」 日本一決定戦── S-FJ RACE REPORT F4 PADDOCK NEWS BBS RI-A ── ベストなタイヤ選択をアシスト 新春 2017カレンダープレゼント! PRESENT for Readers

GENROQ(ゲンロク) 5月号

GENROQ(ゲンロク)  5月号
雑誌
発売日
ページ数
228ページ
作家名
投稿)

Car Entertainment Magazine クルマそのものがあたりまえの存在になっている現代ですが、その中であえてクルマ雑誌を買う読者層の興味の中心は、高級輸入車、特にスポーツカーにあるといえるでしょう。GENROQは1986年の創刊以来、スーパーカー雑誌のパイオニアとして確固たる地位を築いてきました。現在は基本であるスーパーカーを中心に、輸入スポーツカーの魅力を余すことなく読者に伝える誌面づくりを推進し、絶大な支持を得ています。基本はあくまで輸入スポーツカーですが、読者が興味を持つものであればセダン、国産スポーツカー、を問わず、また新車だけでなく旧モデルまで積極的に誌面で取り上げています。決してスーパーカーマニアだけではありません。いまの時代のクルマ好きを最も満足させる雑誌、それがGENROQなのです。

BAILA(バイラ) 11月号

BAILA(バイラ) 11月号
雑誌
発売日
ページ数
412ページ
作家名
投稿)

30歳前後の都会で働く女性をターゲットに「オフィスで浮かない、フェミニンスタイル」を実践するためのファッション&コスメの最新情報を発信。展示会招待や会員限定プレゼントなど様々な特典満載の「バイラガール10万人クラブ」も運営。

LEON(レオン) 9月号

LEON(レオン) 9月号
雑誌
発売日
ページ数
252ページ
作家名
投稿)

掲載商品のほとんどが欧米ラグジュアリーブランドの高額商品で[1]、バブル景気時代に青春を過ごした、可処分所得の多い中年男性(いわゆる「オヤジ」)層に購買ターゲットを絞り、「モテるオヤジ」、「ちょい不良オヤジ」の在り方を読者に提供している。 提案されるコーディネートはスーツスタイル中心で、シーズンによってはハーフパンツ、マリンスタイルなどカジュアルなコーディネートもみられる。靴・バッグ・時計などの小物、その他男性美容、スポーツなどをテーマとした記事も多数掲載されている。

エルネオス(ELNEOS) 2017年04月号

エルネオス(ELNEOS) 2017年04月号
雑誌
発売日
ページ数
96ページ
作家名
投稿)

[感度を磨くビジネス情報] ■巻頭リポート 「慢心」しきった安倍内閣を突き崩す 悪夢「閣僚辞任ドミノ」の既視感 ■都市政策の混乱 本当は豊洲より危うい築地市場 掘れば何でも出る「汚染地」が現実 ■原発事業 底なしの東芝・WH問題 原発「国有化」へ秒読み ■国際金相場 通貨暴落、悪性インフレを予感? 金価格が上昇を続ける"不気味" ■経済理論の落とし穴 課題先送りの理論的支柱に利用される ノーベル経済学賞学者の「奇怪理論」 ■勝ち組地方都市 北九州と九州全体の人口を吸収して 不動産ビッグバンを続ける福岡市天神 ■官製相場の不安要因 相場のリスク要因か、守り神か 株式市場に棲む“二頭のクジラ” ■精密機械産業 ニコン、リコーが主力事業で苦戦、日本のお家芸にリストラの嵐 ■著者インタビュー――『色弱の子どもがわかる本 コミックQ&A』岡部正隆氏 色弱者自身が対処法を解説した注目書籍 色弱は劣った色覚ではなく少数派の色覚 ■〈シリーズ〉メディア激動時代(97)──神余心 ようやく動き出した偽ニュース対策で 信頼できるネットメディアは育つか ■〈シリーズ・世界は今〉(24)チリ──宮崎正弘(国際エコノミスト) 「チリの奇跡」で高度成長を成し遂げたが なぜか人気復活の旧社会主義政権 [連載企画] ■キーパースン──野村證券/森田敏夫新社長 豊富な経験と味方を増やす強力な推進力で変化する国内証券事業を牽引 ■佐藤優の情報照射「一片一条」第126回 領土交渉の前進が見えてきた 北方領土の「共同経済活動」協議 ■硬派経済ジャーナリスト磯山友幸の「生きてる経済解読」(72) 禁煙をめぐり自民党vs.厚労省が激突 「吸わない」8割の国民の声は届かない? ■早川和宏のベンチャー発掘(212)──石川県加賀市/あらや滔々庵[後編] 「どん底」からの再生を果たした18代目の 山代温泉全体を見据えた持続可能性への試み ■元木昌彦のメディアを考える旅231──村西とおる(AV監督) 中国人に一番影響を与えている 日本文化はアダルトビデオです [世界を俯瞰する情報群] ■国際トピックス ◇中国/米中首脳会談で注目される北朝鮮と台湾問題のリンケージ ◇中東情勢/トランプ政権のIS掃討計画で“嵐の目”となるロシアの動き ◇米国企業/インテルが自動運転車市場睨みワンストップショップ企業へ ◇欧州企業/仏PSAがGMからオペル買収、規模の拡大で「攻め」に転換 ■来日ビジネスマンの主張(210)──タン・シュウ・ウォン氏(ホンリョン・グループ市場調査主任/マレーシア) TPPから多国間貿易協定へマレーシアが経済連携政策転換

日経ビジネス 10月17日号

日経ビジネス  10月17日号
雑誌
発売日
ページ数
120ページ
作家名
投稿)

新創刊した日経ビジネス。一歩踏み出すあなたにこそ本物の1冊を。 1969年の創刊から、日経ビジネスは、経済界のトップをはじめ、多くのオピニオンリーダーが読むナンバー1経済誌としてご愛顧いただいております。そして、2014年、大幅な誌面刷新に取り組みました。大変ご好評いただいている毎号の特集を大増量。さらに新連載を一挙10本同時スタート。経済事件を追跡する「シリーズ検証」、著名経営者が世相を斬る「賢人の警鐘」、街角の動きと専門家の分析から市場を予測する「マーケット潜望鏡」、知的好奇心を刺激する「CULTURE」など、ビジネスリーダーを支える知識や教養が身につく誌面構成にパワーアップしました。他の経済誌が身の回りの話題に傾斜するなか、日経ビジネスは、日本を支えるビジネスリーダーが変化を先取りし、チャンスを掴むきっかけをお届けする硬派な経済誌

WORLD SOCCER DIGEST 1月21日号

WORLD SOCCER DIGEST 1月21日号
雑誌
発売日
ページ数
116ページ
作家名
投稿)

読者の圧倒的支持を受ける独自企画満載 斬新なエディターの目で構成された企画が読者に新たなワールドサッカーの世界を提供します。欧州サッカーを中心とした各国の現地記者によるレポートやコラムによって世界の有名選手や欧州で活躍する日本人選手の情報も知れる。海外のマイナーリーグの選手など、スポーツニュースを見ているだけでは入手できないコアな現地情報も掲載しています。写真や図解で海外サッカーを紹介するので初心者からマニアまで満足できる内容になっています。

Hanako FOR MEN vol.12 肉食紳士。

Hanako FOR MEN vol.12 肉食紳士。
雑誌
発売日
ページ数
87ページ
作家名

マガジンハウス

投稿)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※祐真朋樹さんの「Smart [email protected][email protected][email protected][email protected][email protected][email protected][email protected][email protected]指すのです! 霜降りから赤身、そして熟成肉と流れる肉ムーブメント。アメリカ産牛肉(月齢30か月以下)の輸入解禁から1年が経過し、“黒船”ステーキブランドの上陸や骨付き肉の解禁など、まさに「肉・新時代」の幕開けとなった2014年に必読の肉食本。もちろん肉好き女子にもオススメです♪主なラインナップは── ○BEEF STUDY・日本と世界の肉牛図鑑/焼肉&ステーキ お肉用語辞典○さらば草食! 漢(オトコ)の必食ステーキ体験ルポ。○今晩、肉イク?BOOK 全39軒 ・焼肉編/肉&ワイン編○肉の聖地大阪で、“肉黒帯”になる旅。○GENTLE BBQ 塊肉を焼いて、ふるまえ! ・部位/焼き方/アレンジ料理/アイテム/スパイス&お酒○全国取り寄せ39肉。 ・注目産地/注目品種/個人銘柄/特殊飼料/加工品

週刊新潮 4月23日

週刊新潮 4月23日
雑誌
発売日
ページ数
156ページ
作家名
投稿)

「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。