週刊現代 1月14/21日号|自作の漫画コミック・雑誌・同人誌・小説を自由に投稿し皆で共有&読み放題にできるファイル投稿共有サイト

  • ヘルプ
    ヘルプ
  • 閲覧履歴
    閲覧履歴
  • 問い合わせ
    問い合わせ
  • ログイン
    ログイン
表示設定

週刊現代 1月14/21日号

週刊現代
投稿日
発売日
ページ数
260
作家・サークル名
登録されていません
投稿者
ゲスト投稿
みんなのオススメ度
0

説明はありません。

ビューワーで読むと正常に閲覧できない方(途中で強制的に先頭ページに戻ってしまうなど)向け
ビューワーを正常にご利用できない方はこちらのよくある質問をご確認ください。

ビューワー(書籍閲覧機能)の使い方の説明」を見る

  • この作品を友達に紹介♪
  • この作品をLINEで送る‹

この作品の関連書籍

同じカテゴリのおすすめ作品

ViVi(ビビ) 7月号

ViVi(ビビ) 7月号
雑誌
発売日
ページ数
266ページ
作家名
投稿)

「流行情報」と「実用情報」が満載!人気ViViモデルズ多数! 20歳前後の女子大生とOLがメインターゲット。いまの世の中でもっとも元気な彼女たちのニーズに応える情報を満載した新生活術提案誌

CYCLE SPORTS

CYCLE SPORTS
雑誌
発売日
ページ数
195ページ
作家名
投稿)

CYCLE SPORTSはロードバイク、MTBを中心に、スポーツ自転車のトレンドや最新の製品情報はもちろんのこと、その使いこなしや楽しみ方など、いち早くお届けします。※電子版は、紙版に含まれている内容とは異り、記事、画像、付録が一部含まれない場合があります。また読者プレゼントページは含まれておりません。予めご了承ください。2017年4月号主な内容・【大特集】2017年に走りたい 「一周ライド」17選・リヤ変速がより堅ろうに 新型電動デュラエース 初検分・ロードバイクインプレッション・ロード&MTBニューモデル登場 ロヴァール 米国試乗会速報!・イタリアンカーボンフレームメーカー 仕立て屋“サルト”の本社に潜入・エレクトリック時代到来 eバイクの波に乗り遅れるな!・“日本製であること”にはどんな意味があるのか Made in Japanの自転車を作る・デザインができなくても大丈夫! こだわりのチームジャージを作ろう!・シマノが新たに放つウエアの最高峰 S-PHYRE エス・ファイア・気持ち良く走り続けたいあなたへ ケミカルを使いこなせ!・大きく選手を入れ替えたプロコン3年目 NIPPO・ヴィーニファンティーニの2017年・大会史上最大タイム差でポートが初優勝! オーストラリア勢の快進撃 サントス・ツアー・ダウンアンダー・エースで臨んだ萩原が表彰台に!! カデルエヴァンス・グレートオーシャンロードレース・大自然をゆったり満喫! FELLOW CYCLEでカナダを走りたい・出張! サイスポ編集会議 国際サイクル専門学校をジャック★・石田ゆうすけのNIPPON漂流 僕の細道 ●昭和風情残る温泉を目指して山陰の里山をひた走る・物欲Goodsをトライ&ジャッジ! [安井行生/吉本司]

ALBA(アルバ) 9月8日号

ALBA(アルバ) 9月8日号
雑誌
発売日
ページ数
208ページ
作家名
投稿)

明日のゴルフ」に役立つ情報満載! トッププロのレッスンを豊富なビジュアルで分かりやすく伝えるゴルフレッスン誌。人気プロコーチの技術・スイング論、最新ギア情報、お得なコース情報、ゴルフファッションなど「明日のゴルフ」に役立つ情報を掲載しています。

女性自身 2月7日号

女性自身 2月7日号
雑誌
発売日
ページ数
212ページ
作家名
投稿)

女性の生活を豊かにする情報満載の週刊誌!

週刊女性 1月1日号

週刊女性 1月1日号
雑誌
発売日
ページ数
172ページ
作家名
投稿)

芸能情報を中心とした女性週刊誌。

JELLY(ジェリー) 2017年5月号

JELLY(ジェリー) 2017年5月号
雑誌
発売日
ページ数
109ページ
作家名
投稿)

カワイイよりカッコイイが憧れ! 「いつでもイケてる私でいたい!」美意識が高くてオシャレ感度も高い。そんな女の子のためのライフスタイルファッション誌です。

ALBA(アルバ) 2月26日号

ALBA(アルバ) 2月26日号
雑誌
発売日
ページ数
192ページ
作家名
投稿)

明日のゴルフ」に役立つ情報満載! トッププロのレッスンを豊富なビジュアルで分かりやすく伝えるゴルフレッスン誌。人気プロコーチの技術・スイング論、最新ギア情報、お得なコース情報、ゴルフファッションなど「明日のゴルフ」に役立つ情報を掲載しています。

Pen(ペン) 2017年 4/15号

Pen(ペン) 2017年 4/15号
雑誌
発売日
ページ数
138ページ
作家名
投稿)

特集 いまこそ、結婚の話をしよう。 未婚率が上がり、式を挙げない「ナシ婚」も増加するいま、次号のPenは、あえて結婚について考えます。 人類における結婚の歴史をふまえると、現行の結婚制度が完成形ではない、と感じる人が多いかもしれません。 確かにその通りなのです。だからこそ── 真剣に考えている人だけでなく、諦めかけている人にも、 現状に満足している人にも読んでほしい、総力を挙げてつくる大特集です。 特集 いまこそ、結婚の話をしよう。 結婚とはいつ、現在のような形になった? プロポーズの文句は、先達の名言に学ぼう。 江川達也が熱く叫ぶ、「結婚とは修行だ!」 恋愛の教祖、柴門ふみが考える「結婚の虚実」 愛の形を鋭く描写した、名作について語ろう。 CINEMA 片寄明人 ミュージシャン│清水 節 編集者、映画評論家│立田敦子 映画ジャーナリスト│星野概念 精神科医、ミュージシャン ……ほか MUSIC ピーター・バラカン ブロードキャスター│栗本 斉 音楽ライター、選曲家│伊藤なつみ 音楽ジャーナリスト、編集者 BOOK 伊賀大介 スタイリスト│森岡督行 「森岡書店」店主│辻山良雄 書店「Title」店主│新元良一 文筆家 ……ほか COMIC 宇野常寛 評論家│枡野浩一 歌人 名画から読み解く、天才画家たちの結婚観。 三十一文字で詠む、夫婦という不思議な絆。 テクノロジーが変える、婚活やウェディングの形。 昔ながらの「嫁入り」を、自宅で撮ることの意味。 ステージ別にプロが指南! 幸せの育て方。 揃いのアイテムで、ふたりの暮らしを彩る。 記念日に贈りたい、“一生モノ”の輝き。 孤高のブランドで永遠の約束を ハリー・ウィンストンの真実。 メイド・イン・ジャパンの美しい文房具。 重ねて着崩す、ランバンの流儀。 クラフトに秘めた、トッズの遊び心。 上質さと機能性を併せもつ、ブルックス ブラザーズ PenNews EDITOR'S VIEW/TOKYO NEWCOMERS/WORLD SCOPE DESIGN LOG/FASHION SQUARE 腕時計のポートレイト #145 ─ 並木浩一 「白モノ」家電コンシェルジュ ─ 神原サリー WHO'S WHO 超・仕事人 Creator's file アイデアの扉 #065 MIKIKO 演出振付家 人間国宝の肖像│第5回 山本 晃 彫金 × 小山薫堂 ART BOOK CINEMA MUSIC 木村宗慎 利休によろしく ⑲ そして怪物たちは旅立った。-60- 島地勝彦 Brand New Board 次号予告

上野・御徒町Walker

上野・御徒町Walker
雑誌
発売日
ページ数
108ページ
作家名
投稿)

「上野・御徒町を楽しむためのニュース&トピックス20」では、上野・御徒町を賑わす2015年以降の最新ニュースや街ネタTOPICSを紹介。3/14開業の「上野東京ライン」をはじめ、パルコやTOHOシネマズが入る「上野松坂屋南館」、「さくらテラス」「吉池本店」など注目の飲食ビル、2014年12月に改装した「御徒町ラーメン横丁」、アイドルの聖地・上野に誕生した「アメ横アイドル劇場」、老舗ディスカウントショップ「多慶屋」の裏側、2014~2015のニューオープンなど、上野・御徒町に住む・働く人なら知っておきたい情報が満載です。 また、11万件以上に上る収蔵品のほか、名建築家が手掛けた建造物をも誇る「東京国立博物館」や、世界遺産登録を目指す「国立西洋美術館」、「鳥獣戯画展」「大英博物館展」といった2015年春以降に行われる話題の展覧会など、世界有数の上野のアートにディープに迫ります。 さらに、雑然とした雰囲気が魅力のアメ横商店街を徹底取材。商店街を歩くだけでも「やたらとサービス過剰な店」「やたら高い技術力を持つオーナー」など、アメ横の歴史から“ここにしかない店”まで、やたらとディープな魅力満載で掲載。 ほか、日本で初めて喫茶店が誕生した上野の純喫茶文化を堪能できる名店めぐり、名代酒場から屋台風の立ち飲み屋まで昼からにぎわうJRガード下のワンコインで呑んで食べられるメニュー、センスとクオリティの高い若きクリエイターたちが集まる「2K540」「カチクラエリア」でいいもの探し、「上野公園」「上野動物園」の裏案内など、実は知られていない上野・御徒町の魅力が続々登場。グルメ企画では、地元民が通う本当にいい店を多数紹介します!

週刊新潮 5月19日

週刊新潮 5月19日
雑誌
発売日
ページ数
172ページ
作家名
投稿)

「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。

LEON(レオン) 10月号

LEON(レオン) 10月号
雑誌
発売日
ページ数
314ページ
作家名
投稿)

掲載商品のほとんどが欧米ラグジュアリーブランドの高額商品で[1]、バブル景気時代に青春を過ごした、可処分所得の多い中年男性(いわゆる「オヤジ」)層に購買ターゲットを絞り、「モテるオヤジ」、「ちょい不良オヤジ」の在り方を読者に提供している。 提案されるコーディネートはスーツスタイル中心で、シーズンによってはハーフパンツ、マリンスタイルなどカジュアルなコーディネートもみられる。靴・バッグ・時計などの小物、その他男性美容、スポーツなどをテーマとした記事も多数掲載されている。