POPEYE(ポパイ) 1月号|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て無料読み放題のファイル投稿共有サイト

POPEYE(ポパイ) 1月号

POPEYE(ポパイ)
投稿日
発売日
ページ数
196
作家・サークル名
登録されていません
タグ

当初は月2回女性誌の「anan別冊・Men's an an POPEYE」として、コラム・マガジンとしてスタートした。漫画の主人公ポパイをキャラクターに、1976年6月に、平凡出版(現マガジンハウス)より、「Magazine for City Boys」というサブタイトルで創刊[2]された。創刊当時は、これまでの男性ファッション誌にはなかった切り口で、当時の男性誌の世界を一新する、新たな世界観を10代後半から20代前半の若者に植え付けた雑誌として瞬く間に人気を博した。当初は、月刊誌として創刊されたが、すぐに隔週刊となった。

「POPEYE(ポパイ)」一覧

おすすめ関連書籍

With(ウィズ) 1月号

With(ウィズ) 1月号
雑誌
発売日
ページ数
234ページ
作家名
閲覧数:2回(投稿)

「おしゃれ」も「恋」もwithと一緒。20代独身女性へのライフスタイル提案!! ポジティブに毎日を送るOLたちのために、ファッションとビューティーを中心に、豊かなライフスタイルを提案☆毎号豪華ブランド付録つき♪ [人気連載] 関ジャニ∞「Free!!」。東山紀之〝本物〟を知るって楽しい!。宮田聡子の聡子BEAUTY。ピース綾部の恋メール相談室。SHIORIんちのThe 定番!

ビッグコミックオリジナル 7月5日号

ビッグコミックオリジナル 7月5日号
マンガ雑誌
発売日
ページ数
348ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

『ビッグコミック』創刊者が、「ビッグコミックより1歳半上の読者層」をターゲットにして創刊した。そのため、ベテラン作家の力作が掲載されていた『ビッグコミック』との差別化を図って、より若手(当時)の漫画家たちによるエンターテインメント性の濃い作品が掲載されることになった。

ALBA(アルバ) 6月11日号

ALBA(アルバ) 6月11日号
雑誌
発売日
ページ数
256ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

明日のゴルフ」に役立つ情報満載! トッププロのレッスンを豊富なビジュアルで分かりやすく伝えるゴルフレッスン誌。人気プロコーチの技術・スイング論、最新ギア情報、お得なコース情報、ゴルフファッションなど「明日のゴルフ」に役立つ情報を掲載しています。

ゴルフダイジェスト 11月号

ゴルフダイジェスト 11月号
雑誌
発売日
ページ数
274ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

1961年(昭和36年)8月に創刊。レッスンを始め最新ギア・ファッション、さらにプレー情報も掲載。ゴルフ雑誌の草分け的存在としてゴルファー及びゴルフファンに支持されている。

UOMO(ウオモ) 5月号

UOMO(ウオモ)  5月号
雑誌
発売日
ページ数
362ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

リアリティがあり、シンプルで洗練されたおしゃれを表現する、 集英社の男性ファッション誌「UOMO(ウオモ)」オトコが楽しくなかったら、オンナも楽しくない。オトナがかっこよくなかったら、コドモは夢を持て 誌面ではミラノだけでなくパリ・ロンドン・NY・東京のファッショニスタも活躍。 ビジネスウェアもオフスタイルも含め、人生を豊かにするファッションをお届け! もちろん、クルマやグルメなどライフスタイルの紹介も。 30~40代の男性に、新しい王道リアルファッション誌をご提案します!

hanako(ハナコ) 6月25日号

hanako(ハナコ)  6月25日号
雑誌
発売日
ページ数
134ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

『毎日を“ステキ”に変える、魔法の女子的情報誌』ちょっと素敵な生活を送りたい東京女子のためのライフスタイル誌。グルメ、エリア、ビューティ、ファッション、酒、スイーツ、雑貨、エンタテインメントetc. 東京女子がリアルに楽しめる情報をテーマ

BAILA(バイラ) 10月号

BAILA(バイラ) 10月号
雑誌
発売日
ページ数
346ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

30歳前後の都会で働く女性をターゲットに「オフィスで浮かない、フェミニンスタイル」を実践するためのファッション&コスメの最新情報を発信。展示会招待や会員限定プレゼントなど様々な特典満載の「バイラガール10万人クラブ」も運営。

ビッグコミックオリジナル 4月5日号

ビッグコミックオリジナル 4月5日号
マンガ雑誌
発売日
ページ数
416ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

『ビッグコミック』創刊者が、「ビッグコミックより1歳半上の読者層」をターゲットにして創刊した。そのため、ベテラン作家の力作が掲載されていた『ビッグコミック』との差別化を図って、より若手(当時)の漫画家たちによるエンターテインメント性の濃い作品が掲載されることになった。