週刊少年サンデー 9月14日号|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て無料読み放題のファイル投稿共有サイト

週刊少年サンデー 9月14日号

週刊少年サンデー
投稿日
発売日
ページ数
466
作家・サークル名
登録されていません
タグ

説明はありません。

「週刊少年サンデー」一覧

おすすめ関連書籍

FLASH(フラッシュ) 1月31日号

FLASH(フラッシュ) 1月31日号
雑誌
発売日
ページ数
96ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

話題を直撃!気になるニュースをクローズアップ! 男の痛快報道マガジン。 食やネットの連載コラム、ビジネス誌より中身が濃いと好評の 企業、経済、投資を中心としたサラリーマン生き方企画、 気鋭執筆者による人間ドキュメンタリーなどを掲載する パワー溢れる写真週刊誌。

CLASSY(クラッシー) 2月号

CLASSY(クラッシー) 2月号
雑誌
発売日
ページ数
236ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

流行を取り入れた自分らしいスタイルを提供するオン&オフに使えるライフスタイルマガジン! 「可愛さもあり女性らしく上品、でも派手さもちょっぴり」。

LEON(レオン) 1月号

LEON(レオン) 1月号
雑誌
発売日
ページ数
400ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

掲載商品のほとんどが欧米ラグジュアリーブランドの高額商品で[1]、バブル景気時代に青春を過ごした、可処分所得の多い中年男性(いわゆる「オヤジ」)層に購買ターゲットを絞り、「モテるオヤジ」、「ちょい不良オヤジ」の在り方を読者に提供している。 提案されるコーディネートはスーツスタイル中心で、シーズンによってはハーフパンツ、マリンスタイルなどカジュアルなコーディネートもみられる。靴・バッグ・時計などの小物、その他男性美容、スポーツなどをテーマとした記事も多数掲載されている。

週刊新潮 9月15日

週刊新潮 9月15日
雑誌
発売日
ページ数
156ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。

ビッグコミックスピリッツ 9月12日号

ビッグコミックスピリッツ 9月12日号
マンガ雑誌
発売日
ページ数
388ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

1980年10月創刊。創刊編集長は白井勝也。創刊当初は月刊(毎月14日発売)だったが、1981年6月から15日と30日の月2回発売に。1986年4月からは週刊となっている。毎週月曜日に発売。発行部数は約30万部。現編集長は村山広。単行本はビッグコミックスレーベルで発売される。週刊誌のため、4大ビッグコミックの中で発行頻度が最も多い。

ゴルフダイジェスト 11月号

ゴルフダイジェスト 11月号
雑誌
発売日
ページ数
274ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

1961年(昭和36年)8月に創刊。レッスンを始め最新ギア・ファッション、さらにプレー情報も掲載。ゴルフ雑誌の草分け的存在としてゴルファー及びゴルフファンに支持されている。

週刊ヤングマガジン 1月5/12日号

週刊ヤングマガジン 1月5/12日号
マンガ雑誌
発売日
ページ数
456ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

男性向け週刊マンガ雑誌 キャラクター重視、個性的な作品を生みだすことにこだわった漫画づくりで、話題作・人気作がつぎつぎ登場。特にクルマ漫画とギャグ漫画は他誌をぶっちぎり独走中。明るく健康的な女の子のグラビアも大人気。

別冊マーガレット 10月号

別冊マーガレット  10月号
マンガ雑誌
発売日
ページ数
758ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

1963年の創刊[1]。当初は少女向けの総合週刊誌『マーガレット』の別冊として創刊されたが、現在では独自に作家を育成しており、単行本レーベルが同一であること、姉妹誌『ザ マーガレット』を共同編集していることを除くと『マーガレット』との直接の関係は薄い。

POPEYE(ポパイ) 1月号

POPEYE(ポパイ) 1月号
雑誌
発売日
ページ数
196ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

当初は月2回女性誌の「anan別冊・Men's an an POPEYE」として、コラム・マガジンとしてスタートした。漫画の主人公ポパイをキャラクターに、1976年6月に、平凡出版(現マガジンハウス)より、「Magazine for City Boys」というサブタイトルで創刊[2]された。創刊当時は、これまでの男性ファッション誌にはなかった切り口で、当時の男性誌の世界を一新する、新たな世界観を10代後半から20代前半の若者に植え付けた雑誌として瞬く間に人気を博した。当初は、月刊誌として創刊されたが、すぐに隔週刊となった。