anan(アンアン) 9月14日号|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て無料読み放題のファイル投稿共有サイト

anan(アンアン) 9月14日号

anan(アンアン)
投稿日
発売日
ページ数
112
作家・サークル名
登録されていません
タグ

『20代女性の好奇心に応えるウィークリーマガジン』恋愛、仕事、ファッション、美容、健康、芸能など、そんな読者の気になること、知りたいことを何でもミーハーに、かつ徹底的に調べ上げる週刊ライフスタイル誌。

「anan(アンアン)」一覧

おすすめ関連書籍

美人百花 10月号

美人百花 10月号
雑誌
発売日
ページ数
236ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

もっとオシャレを楽しみたい25歳からのバラ色のおしゃれ人生をフィーチャー! 「もっとオシャレを楽しみたい!でも仕事の場で浮いたり、年齢不相応と思われるのもいや」という女性向けに、流行感がありながら社会性もある、楽しくて華やかなセクシースタイルを提案していきます。「コンサバより若くて華やか、ギャルより可愛くてリッチ」をテーマに最新のファッションやコスメ情報が満載!

おとなの週末 6月号

おとなの週末 6月号
雑誌
発売日
ページ数
140ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

三大テーマ「食を愛する・街を楽しむ・旅に恋する」を、毎号、大きな写真と見やすい文字で大特集。すべてスタッフが覆面取材を重ねた厳選情報です。「大人の役に立つ、こんな雑誌を待っていた」と大評判。職場や家族での回読率が高く、バックナンバーを保持する人も多い、みんなで楽しめる情報誌です。

BAILA(バイラ) 2月号

BAILA(バイラ) 2月号
雑誌
発売日
ページ数
240ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

30歳前後の都会で働く女性をターゲットに「オフィスで浮かない、フェミニンスタイル」を実践するためのファッション&コスメの最新情報を発信。展示会招待や会員限定プレゼントなど様々な特典満載の「バイラガール10万人クラブ」も運営。

YOU(ユー) 11月号

YOU(ユー)  11月号
マンガ雑誌
発売日
ページ数
426ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

創刊時の誌名は『Lady's Comic YOU(レディーズコミックユー)』。レディースコミック誌の先駆けで、読者は20代後半から50代と幅が広い。

CanCan(キャンキャン) 3月号

CanCan(キャンキャン) 3月号
雑誌
発売日
ページ数
246ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

OL1~3年生を中心に、向上心、好奇心旺盛な若い女性を対象としたファッション情報誌 購買意欲が旺盛で、おしゃれなOLが欲しい服、コスメetc.がどこよりも早く載っている雑誌です。ヤングOLのライフスタイルが「CanCam(キャンキャン)」1冊のなかにつまっています。

別冊マーガレット 9月号

別冊マーガレット 9月号
マンガ雑誌
発売日
ページ数
820ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

1963年の創刊[1]。当初は少女向けの総合週刊誌『マーガレット』の別冊として創刊されたが、現在では独自に作家を育成しており、単行本レーベルが同一であること、姉妹誌『ザ マーガレット』を共同編集していることを除くと『マーガレット』との直接の関係は薄い。

hanako(ハナコ) 10月22日号

hanako(ハナコ)  10月22日号
雑誌
発売日
ページ数
156ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

『毎日を“ステキ”に変える、魔法の女子的情報誌』ちょっと素敵な生活を送りたい東京女子のためのライフスタイル誌。グルメ、エリア、ビューティ、ファッション、酒、スイーツ、雑貨、エンタテインメントetc. 東京女子がリアルに楽しめる情報をテーマ

ビッグコミックオリジナル 7月5日号

ビッグコミックオリジナル 7月5日号
マンガ雑誌
発売日
ページ数
348ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

『ビッグコミック』創刊者が、「ビッグコミックより1歳半上の読者層」をターゲットにして創刊した。そのため、ベテラン作家の力作が掲載されていた『ビッグコミック』との差別化を図って、より若手(当時)の漫画家たちによるエンターテインメント性の濃い作品が掲載されることになった。

ビッグコミックスピリッツ 8月3日号

ビッグコミックスピリッツ 8月3日号
マンガ雑誌
発売日
ページ数
386ページ
作家名
閲覧数:0回(投稿)

1980年10月創刊。創刊編集長は白井勝也。創刊当初は月刊(毎月14日発売)だったが、1981年6月から15日と30日の月2回発売に。1986年4月からは週刊となっている。毎週月曜日に発売。発行部数は約30万部。現編集長は村山広。単行本はビッグコミックスレーベルで発売される。週刊誌のため、4大ビッグコミックの中で発行頻度が最も多い。