「マンガ」一覧|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て無料で見放題のファイル投稿共有サイト

1〜601ページ目を表示
カテゴリ
並べ替え
アップロード期間

週刊ヤングマガジン 2月6日号

週刊ヤングマガジン 2月6日号
マンガ雑誌
ページ数
418ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

男性向け週刊マンガ雑誌 キャラクター重視、個性的な作品を生みだすことにこだわった漫画づくりで、話題作・人気作がつぎつぎ登場。特にクルマ漫画とギャグ漫画は他誌をぶっちぎり独走中。明るく健康的な女の子のグラビアも大人気。

ビッグコミックスピリッツ 2月6日号

ビッグコミックスピリッツ 2月6日号
マンガ雑誌
ページ数
388ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

1980年10月創刊。創刊編集長は白井勝也。創刊当初は月刊(毎月14日発売)だったが、1981年6月から15日と30日の月2回発売に。1986年4月からは週刊となっている。毎週月曜日に発売。発行部数は約30万部。現編集長は村山広。単行本はビッグコミックスレーベルで発売される。週刊誌のため、4大ビッグコミックの中で発行頻度が最も多い。

ビッグコミックオリジナル 2月5日号

ビッグコミックオリジナル 2月5日号
マンガ雑誌
ページ数
392ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

『ビッグコミック』創刊者が、「ビッグコミックより1歳半上の読者層」をターゲットにして創刊した。そのため、ベテラン作家の力作が掲載されていた『ビッグコミック』との差別化を図って、より若手(当時)の漫画家たちによるエンターテインメント性の濃い作品が掲載されることになった。

ビッグコミックスピリッツ 1月30日号

ビッグコミックスピリッツ 1月30日号
マンガ雑誌
ページ数
372ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

1980年10月創刊。創刊編集長は白井勝也。創刊当初は月刊(毎月14日発売)だったが、1981年6月から15日と30日の月2回発売に。1986年4月からは週刊となっている。毎週月曜日に発売。発行部数は約30万部。現編集長は村山広。単行本はビッグコミックスレーベルで発売される。週刊誌のため、4大ビッグコミックの中で発行頻度が最も多い。

週刊ヤングマガジン 1月30日号

週刊ヤングマガジン 1月30日号
マンガ雑誌
ページ数
442ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

男性向け週刊マンガ雑誌 キャラクター重視、個性的な作品を生みだすことにこだわった漫画づくりで、話題作・人気作がつぎつぎ登場。特にクルマ漫画とギャグ漫画は他誌をぶっちぎり独走中。明るく健康的な女の子のグラビアも大人気。

週刊少年ジャンプ 1月30日

週刊少年ジャンプ 1月30日
マンガ雑誌
ページ数
464ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

子ども~大人まで大人気♪発行部数NO.1の漫画雑誌★少年ジャンプ!! ONE PIECE、ナルト、BLEACH、こち亀、銀魂、トリコ、べるぜバブ、黒子のバスケ等の圧倒的人気を誇る漫画が連載中!今や、子ども~大人まで幅広い年齢層にファンが多い週刊少年漫画雑誌。

YOU(ユー) 2月号

YOU(ユー)  2月号
マンガ雑誌
ページ数
412ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

創刊時の誌名は『Lady's Comic YOU(レディーズコミックユー)』。レディースコミック誌の先駆けで、読者は20代後半から50代と幅が広い。

BE・LOVE(ビーラブ) 2月1日号

BE・LOVE(ビーラブ) 2月1日号
マンガ雑誌
ページ数
346ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

1979年9月に発行された『週刊ヤングレディ増刊 漫画特集BE・LOVE』が前身。1980年10月、月刊漫画雑誌として創刊。1982年5月、月2回刊となる。一時、誌名も『BE in LOVE』(ビー・ラブ)だったが、後に現在の『BE・LOVE』へ。大人の女性を対象とする作品を掲載。現在は30代・40代女性が読者の中心で、感動的でストーリー性の高い作品を多く掲載。

別冊マーガレット 2月号

別冊マーガレット 2月号
マンガ雑誌
ページ数
656ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

1963年の創刊[1]。当初は少女向けの総合週刊誌『マーガレット』の別冊として創刊されたが、現在では独自に作家を育成しており、単行本レーベルが同一であること、姉妹誌『ザ マーガレット』を共同編集していることを除くと『マーガレット』との直接の関係は薄い。

ビッグコミック 1月25日号

ビッグコミック 1月25日号
マンガ雑誌
ページ数
354ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

創刊より手塚治虫、石ノ森章太郎、白土三平、水木しげる、さいとう・たかを、藤子不二雄(藤子・F・不二雄&藤子不二雄A) 、楳図かずお、ちばてつやらの大御所が寄稿し、超長期連載で知られる『ゴルゴ13』の掲載誌として知られる。

週刊ヤングマガジン 1月23日号

週刊ヤングマガジン 1月23日号
マンガ雑誌
ページ数
422ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

男性向け週刊マンガ雑誌 キャラクター重視、個性的な作品を生みだすことにこだわった漫画づくりで、話題作・人気作がつぎつぎ登場。特にクルマ漫画とギャグ漫画は他誌をぶっちぎり独走中。明るく健康的な女の子のグラビアも大人気。

週刊少年ジャンプ 1月23日

週刊少年ジャンプ 1月23日
マンガ雑誌
ページ数
460ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

子ども~大人まで大人気♪発行部数NO.1の漫画雑誌★少年ジャンプ!! ONE PIECE、ナルト、BLEACH、こち亀、銀魂、トリコ、べるぜバブ、黒子のバスケ等の圧倒的人気を誇る漫画が連載中!今や、子ども~大人まで幅広い年齢層にファンが多い週刊少年漫画雑誌。

ビッグコミックスピリッツ 1月23日号

ビッグコミックスピリッツ 1月23日号
マンガ雑誌
ページ数
344ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

1980年10月創刊。創刊編集長は白井勝也。創刊当初は月刊(毎月14日発売)だったが、1981年6月から15日と30日の月2回発売に。1986年4月からは週刊となっている。毎週月曜日に発売。発行部数は約30万部。現編集長は村山広。単行本はビッグコミックスレーベルで発売される。週刊誌のため、4大ビッグコミックの中で発行頻度が最も多い。

月刊少年マガジン 2月号

月刊少年マガジン 2月号
マンガ雑誌
ページ数
748ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

『別冊少年マガジン』として1964年秋に創刊。1969年に季刊から月刊へと刊行頻度を変え『月刊別冊少年マガジン』に改称。休刊期間を経た後、1974年に復刊し、1975年に現誌名に変更した。 毎月6日発売。

ビッグコミックオリジナル 1月20日号

ビッグコミックオリジナル 1月20日号
マンガ雑誌
ページ数
392ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

『ビッグコミック』創刊者が、「ビッグコミックより1歳半上の読者層」をターゲットにして創刊した。そのため、ベテラン作家の力作が掲載されていた『ビッグコミック』との差別化を図って、より若手(当時)の漫画家たちによるエンターテインメント性の濃い作品が掲載されることになった。

BE・LOVE(ビーラブ) 1月1日号5

BE・LOVE(ビーラブ) 1月1日号5
マンガ雑誌
ページ数
378ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

1979年9月に発行された『週刊ヤングレディ増刊 漫画特集BE・LOVE』が前身。1980年10月、月刊漫画雑誌として創刊。1982年5月、月2回刊となる。一時、誌名も『BE in LOVE』(ビー・ラブ)だったが、後に現在の『BE・LOVE』へ。大人の女性を対象とする作品を掲載。現在は30代・40代女性が読者の中心で、感動的でストーリー性の高い作品を多く掲載。

週刊ヤングマガジン 1月12/16日号

週刊ヤングマガジン 1月12/16日号
マンガ雑誌
ページ数
424ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

男性向け週刊マンガ雑誌 キャラクター重視、個性的な作品を生みだすことにこだわった漫画づくりで、話題作・人気作がつぎつぎ登場。特にクルマ漫画とギャグ漫画は他誌をぶっちぎり独走中。明るく健康的な女の子のグラビアも大人気。

ビッグコミックスピリッツ 1月15/16日号

ビッグコミックスピリッツ 1月15/16日号
マンガ雑誌
ページ数
376ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

1980年10月創刊。創刊編集長は白井勝也。創刊当初は月刊(毎月14日発売)だったが、1981年6月から15日と30日の月2回発売に。1986年4月からは週刊となっている。毎週月曜日に発売。発行部数は約30万部。現編集長は村山広。単行本はビッグコミックスレーベルで発売される。週刊誌のため、4大ビッグコミックの中で発行頻度が最も多い。

週刊少年ジャンプ 1月15/16日

週刊少年ジャンプ 1月15/16日
マンガ雑誌
ページ数
530ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

子ども~大人まで大人気♪発行部数NO.1の漫画雑誌★少年ジャンプ!! ONE PIECE、ナルト、BLEACH、こち亀、銀魂、トリコ、べるぜバブ、黒子のバスケ等の圧倒的人気を誇る漫画が連載中!今や、子ども~大人まで幅広い年齢層にファンが多い週刊少年漫画雑誌。

ビッグコミック 1月10日号

ビッグコミック 1月10日号
マンガ雑誌
ページ数
352ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

創刊より手塚治虫、石ノ森章太郎、白土三平、水木しげる、さいとう・たかを、藤子不二雄(藤子・F・不二雄&藤子不二雄A) 、楳図かずお、ちばてつやらの大御所が寄稿し、超長期連載で知られる『ゴルゴ13』の掲載誌として知られる。

ビッグコミックオリジナル 1月5日号

ビッグコミックオリジナル 1月5日号
マンガ雑誌
ページ数
392ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

『ビッグコミック』創刊者が、「ビッグコミックより1歳半上の読者層」をターゲットにして創刊した。そのため、ベテラン作家の力作が掲載されていた『ビッグコミック』との差別化を図って、より若手(当時)の漫画家たちによるエンターテインメント性の濃い作品が掲載されることになった。

BE・LOVE(ビーラブ) 1月1日号

BE・LOVE(ビーラブ) 1月1日号
マンガ雑誌
ページ数
360ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

1979年9月に発行された『週刊ヤングレディ増刊 漫画特集BE・LOVE』が前身。1980年10月、月刊漫画雑誌として創刊。1982年5月、月2回刊となる。一時、誌名も『BE in LOVE』(ビー・ラブ)だったが、後に現在の『BE・LOVE』へ。大人の女性を対象とする作品を掲載。現在は30代・40代女性が読者の中心で、感動的でストーリー性の高い作品を多く掲載。

YOU(ユー) 1月号

YOU(ユー)  1月号
マンガ雑誌
ページ数
458ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

創刊時の誌名は『Lady's Comic YOU(レディーズコミックユー)』。レディースコミック誌の先駆けで、読者は20代後半から50代と幅が広い。

別冊マーガレット 1月号

別冊マーガレット 1月号
マンガ雑誌
ページ数
672ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

1963年の創刊[1]。当初は少女向けの総合週刊誌『マーガレット』の別冊として創刊されたが、現在では独自に作家を育成しており、単行本レーベルが同一であること、姉妹誌『ザ マーガレット』を共同編集していることを除くと『マーガレット』との直接の関係は薄い。

週刊少年ジャンプ 1月8/9日

週刊少年ジャンプ 1月8/9日
マンガ雑誌
ページ数
506ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

子ども~大人まで大人気♪発行部数NO.1の漫画雑誌★少年ジャンプ!! ONE PIECE、ナルト、BLEACH、こち亀、銀魂、トリコ、べるぜバブ、黒子のバスケ等の圧倒的人気を誇る漫画が連載中!今や、子ども~大人まで幅広い年齢層にファンが多い週刊少年漫画雑誌。

週刊ヤングマガジン 1月5/9日号

週刊ヤングマガジン 1月5/9日号
マンガ雑誌
ページ数
428ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

男性向け週刊マンガ雑誌 キャラクター重視、個性的な作品を生みだすことにこだわった漫画づくりで、話題作・人気作がつぎつぎ登場。特にクルマ漫画とギャグ漫画は他誌をぶっちぎり独走中。明るく健康的な女の子のグラビアも大人気。

ビッグコミックスピリッツ 1月8/9日号

ビッグコミックスピリッツ 1月8/9日号
マンガ雑誌
ページ数
358ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

1980年10月創刊。創刊編集長は白井勝也。創刊当初は月刊(毎月14日発売)だったが、1981年6月から15日と30日の月2回発売に。1986年4月からは週刊となっている。毎週月曜日に発売。発行部数は約30万部。現編集長は村山広。単行本はビッグコミックスレーベルで発売される。週刊誌のため、4大ビッグコミックの中で発行頻度が最も多い。

ビッグコミック 12月25日号

ビッグコミック 12月25日号
マンガ雑誌
ページ数
372ページ
発売日
作家名
閲覧数:0回(投稿)

創刊より手塚治虫、石ノ森章太郎、白土三平、水木しげる、さいとう・たかを、藤子不二雄(藤子・F・不二雄&藤子不二雄A) 、楳図かずお、ちばてつやらの大御所が寄稿し、超長期連載で知られる『ゴルゴ13』の掲載誌として知られる。

1〜601ページ目を表示