「大沢在昌」一覧|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て見放題のファイル投稿共有サイト

1〜41ページ目を表示
カテゴリ
並べ替え
アップロード期間

冬芽の人

冬芽の人
小説
ページ数
642ページ
発売日
作家名

大沢在昌

閲覧数:0回(投稿)

警視庁捜査一課に所属していた牧しずりは、同僚が捜査中重大事故に遭ったことに責任を感じ、五年前に職を辞した。以来、心を鎖して生きてきた。だが、仲本岬人との邂逅から、運命の歯車は再び回り始める。苛烈な真実。身に迫る魔手。古巣たる警察の支援は得られず、その手にはもはや拳銃もない。元刑事は愛する男のために孤独な闘いに挑む。警察小説の名手が描く、至上のミステリ。

やぶへび

やぶへび
小説
ページ数
416ページ
発売日
作家名

大沢在昌

閲覧数:0回(投稿)

元刑事を待つ見知らぬ「妻」はいったい何者なのか? 妻と共に調べ始めると、驚愕の出来事が次々と出てくる。弾丸エンタテインメント

砂の狩人 (上)

砂の狩人 (上)
小説
ページ数
499ページ
発売日
作家名

大沢在昌

閲覧数:0回(投稿)

新宿に厳戒令。中国人マフィアと暴力団の全面戦争が始まった!殺された組長の子供は、口に携帯電話を押し込まれていた。中国人の仕業だと暴走した暴力団員、血染めの応酬をする中国人マフィア、緊急配備につく機動隊…。ついに警察庁の女性キャリア刑事は、に禁じ手の拳銃の使用を許可した。…神よ、あなたは一体何人死ねば許すのか?

雨の狩人

雨の狩人
小説
ページ数
605ページ
発売日
作家名

大沢在昌

閲覧数:0回(投稿)

「刑事を辞めるか、人間を辞めるか」 新宿署の一匹狼刑事・佐江は法を捨て、日本最大の暴力団最高幹部・延井は、面子を捨てた。 やがて数奇な運命の少女と刑事の孤独な魂は、重なりながら、濁流の渦へと飲み込まれてゆく――。 誰も体感したことのない緊張と感傷、そして狂熱。日本現代ミステリの極致! 「誇りのために殺し、殺され、誇りのために守り、守られる」 新宿のキャバクラで、不動産会社の社長が射殺された。捜査に当たった新宿署の刑事・佐江と警視庁捜査一課の谷神は、その事件の裏に日本最大の暴力団である高河連合の影があることを突き止める。高河連合最高幹部の延井は、全国の暴力団の存亡をも左右する一世一代の大勝負「Kプロジェクト」を立ちあげ、完全無欠の殺し屋を使い、邪魔者を排除しようとしていた。佐江、谷神と高河連合が、互いの矜持と命をかけた “戦争"を始めようとする中、プラムと名乗る一人の少女が現れる。進むことも退くこともできない暗闇の中にいた佐江は、絶望をたたえたプラムの瞳に、一縷の光を見出すが……。 「新宿鮫」と双璧を成す警察小説シリーズの最高傑作、ついに誕生!

1〜41ページ目を表示