「守屋淳」一覧|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て見放題のファイル投稿共有サイト

1〜21ページ目を表示
カテゴリ
並べ替え
アップロード期間

組織サバイバルの教科書 韓非子

組織サバイバルの教科書 韓非子
小説
ページ数
338ページ
発売日
作家名

守屋淳

閲覧数:0回(投稿)

「経営者が愛読しているにもかかわらず、ほとんど口外されない名著」 ◇『韓非子』は、戦国時代の思想家韓非子の著作。西のマキアベリ、東の韓非子という言葉があるが、『韓非子』全編を貫いているのは、人間不信(性悪説)の哲学です。中国の古代において『論語』の理想とするような組織は、時代が下るにつれてその批判や改革への試みが徐々になされていきました。その解決策として誕生したのが『韓非子』です。その意図は 「ムラ社会のような目的意識の強くない組織を、成果の出せる引き締まった組織に変えたい」ということ。 強敵が外部に多数ひしめく過酷な状況でも生き残れる、筋肉質な組織を『韓非子』は作ろうとしました。

最高の戦略教科書 孫子

最高の戦略教科書 孫子
小説
ページ数
387ページ
発売日
作家名

守屋淳

閲覧数:0回(投稿)

孫子本ブームの火付け役となった赤本! 新聞各紙、週刊誌、ラジオでも話題沸騰。 読者の3割が女性と30代以下という、これまでの孫子解説書にはない 読みやすさ、わかりやすさで、10万部を突破! ビジネスだけでなく、スポーツや人生のさまざまなシーンで活用できる 「負けないための戦略」が数多く紹介されています。 複数の敵と戦わざるをえない今だからこそ読みたい、話題の兵法書です。 *勝ち続けるリーダーは必ず読んでいる。その戦略とは? ・短期で勝てる相手とだけ戦う ・正」と「奇」の運用 ・こちらを小さく弱く見せる ・絶妙なエサのまき方 ・危機感を刺激する ・情報格差は力なり ・流れの外で、流れを操る ・事前に負けておくことの重要性 ・約束は控えめに、実行はたっぷりと

1〜21ページ目を表示