「宮部みゆき」一覧|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て見放題のファイル投稿共有サイト

1〜191ページ目を表示
カテゴリ
並べ替え
アップロード期間

希望荘

希望荘
小説
ページ数
465ページ
発売日
作家名

宮部みゆき

閲覧数:0回(投稿)

家族と仕事を失った杉村三郎は、東京都北区に私立探偵事務所を開業する。ある日、亡き父・武藤寛二が生前に残した「昔、人を殺した」という告白の真偽を調査してほしいという依頼が舞い込む。依頼人の相沢幸司によれば、父は母の不倫による離婚後、息子と再会するまで30年の空白があった。果たして、武藤は人殺しだったのか。35年前の殺人事件の関係者を調べていくと、昨年発生した女性殺害事件を解決するカギが隠されていた!?(表題作「希望荘」)。「聖域」「希望荘」「砂男」「二重身」…私立探偵・杉村三郎が4つの難事件に挑む!!

桜ほうさら 上

桜ほうさら 上
小説
ページ数
410ページ
発売日
作家名

宮部みゆき

閲覧数:0回(投稿)

拐かし、偽文書、家族の闇…ドラマの原作にもなった傑作時代ミステリー。 上総国搗根藩から江戸へ出てきて、父の死の真相を探り続ける古橋笙之介は、三河屋での奇妙な拐かし事件に巻き込まれる。「桜の精」のような少女・和香の協力もあり、事件を解決するのだが。 ついに父を陥れた偽文書作りの犯人にたどり着いた笙之介。絡み合った糸をほぐして明らかになったのは、搗根藩に渦巻く巨大な陰謀だった。真相を知った笙之介に魔の手が…。心身ともに傷ついた笙之介は、どのような道を選ぶのか。 御家騒動を描いた武家物でありながら家族小説、青春小説でもある、宮部みゆきの新境地!

桜ほうさら 下

桜ほうさら 下
小説
ページ数
427ページ
発売日
作家名

宮部みゆき

閲覧数:0回(投稿)

拐かし、偽文書、家族の闇…ドラマの原作にもなった傑作時代ミステリー。 上総国搗根藩から江戸へ出てきて、父の死の真相を探り続ける古橋笙之介は、三河屋での奇妙な拐かし事件に巻き込まれる。「桜の精」のような少女・和香の協力もあり、事件を解決するのだが。 ついに父を陥れた偽文書作りの犯人にたどり着いた笙之介。絡み合った糸をほぐして明らかになったのは、搗根藩に渦巻く巨大な陰謀だった。真相を知った笙之介に魔の手が…。心身ともに傷ついた笙之介は、どのような道を選ぶのか。 御家騒動を描いた武家物でありながら家族小説、青春小説でもある、宮部みゆきの新境地!

悲嘆の門 下巻

悲嘆の門 下巻
小説
ページ数
397ページ
発売日
作家名

宮部みゆき

閲覧数:0回(投稿)

怖いよ。怪物がくる! 日本を縦断し、死体を切り取る戦慄の殺人事件発生。 ネット上の噂を追う大学一年生・孝太郎と、 退職した刑事・都築の前に、“それ"が姿を現した! ミステリーを超え、ファンタジーを超えた、 宮部みゆきの新世界、開幕。大ベストセラー『英雄の書』に続く待望の新刊!

悲嘆の門 上巻

悲嘆の門 上巻
小説
ページ数
409ページ
発売日
作家名

宮部みゆき

閲覧数:0回(投稿)

怖いよ。怪物がくる! 日本を縦断し、死体を切り取る戦慄の殺人事件発生。 ネット上の噂を追う大学一年生・孝太郎と、 退職した刑事・都築の前に、“それ"が姿を現した! ミステリーを超え、ファンタジーを超えた、 宮部みゆきの新世界、開幕。大ベストセラー『英雄の書』に続く待望の新刊!

ソロモンの偽証 第III部 法廷 下巻

ソロモンの偽証  第III部 法廷 下巻
小説
ページ数
602ページ
発売日
作家名

宮部みゆき

閲覧数:0回(投稿)

ひとつの嘘があった。柏木卓也の死の真相を知る者が、どうしてもつかなければならなかった嘘。最後の証人、その偽証が明らかになるとき、裁判の風景は根底から覆される――。藤野涼子が辿りついた真実。三宅樹理の叫び。法廷が告げる真犯人。作家生活25年の集大成にして、現代ミステリーの最高峰、堂々の完結。20年後の“偽証”事件を描く、書き下ろし中編「負の方程式」を収録。

ソロモンの偽証 第III部 法廷 上巻

ソロモンの偽証 第III部 法廷 上巻
小説
ページ数
573ページ
発売日
作家名

宮部みゆき

閲覧数:0回(投稿)

空想です――。弁護人・神原和彦は高らかに宣言する。大出俊次が柏木卓也を殺害した根拠は何もない、と。城東第三中学校は“問題児”というレッテルから空想を作り出し、彼をスケープゴートにしたのだ、と。対する検事・藤野涼子は事件の目撃者にして告発状の差出人、三宅樹理を証人出廷させる。あの日、クリスマスイヴの夜、屋上で何があったのか。白熱の裁判は、事件の核心に触れる。

ソロモンの偽証: 第Ⅱ部 決意 下巻

ソロモンの偽証: 第Ⅱ部 決意 下巻
小説
ページ数
510ページ
発売日
作家名

宮部みゆき

閲覧数:0回(投稿)

遂に動き出した「学校内裁判」。検事となった藤野涼子は、大出俊次の“殺人”を立証するため、関係者への聴取に奔走する。一方、弁護を担当する他校生、神原和彦は鮮やかな手腕で証言、証拠を集め、無罪獲得に向けた布石を着々と打っていく。明らかになる柏木卓也の素顔。繰り広げられる検事と弁護人の熱戦。そして、告発状を書いた少女が遂に……。夏。開廷の日は近い。

ソロモンの偽証: 第Ⅱ部 決意 上巻

ソロモンの偽証: 第Ⅱ部 決意 上巻
小説
ページ数
526ページ
発売日
作家名

宮部みゆき

閲覧数:0回(投稿)

あたしたちで真相をつかもうよ――。二人の同級生の死。マスコミによる偏向報道。当事者の生徒たちを差し置いて、ただ事態の収束だけを目指す大人。結局、柏井卓也はなぜ死んだのか。なにもわからないままでは、あたしたちは前に進めない。そんな藤野涼子の呼びかけで、中学三年生有志による「学校内裁判」が幕を上げる。求めるはただ一つ、柏木卓也の死の真実。

日暮らし 新装版  下巻

日暮らし 新装版  下巻
小説
ページ数
464ページ
発売日
作家名

宮部みゆき

閲覧数:0回(投稿)

葵殺しの裏に見え隠れするのは、二年前に鉄瓶長屋で起きた事件から尾を引く、大店湊屋のお家事情。絡まった心を解きほぐそうとする平四郎。「叔父上、ここはひとつ白紙に戻してみてはいかがでしょう」。弓之助の推理が過去の隠し事の目くらましを晴らしていく。進化する著者の時代ミステリー感動の結末へ。

日暮らし 新装版  上巻

日暮らし 新装版  上巻
小説
ページ数
443ページ
発売日
作家名

宮部みゆき

閲覧数:0回(投稿)

殺したのは--本当にあいつなのか? 江戸町民のまっとうな日暮らしを翻弄する、大店の「お家の事情」。多くの者の運命を大きく変えた女が殺された。平四郎、弓之助が、湊屋の真実に迫る!

ぼんくら 上巻

ぼんくら 上巻
小説
ページ数
325ページ
発売日
作家名

宮部みゆき

閲覧数:0回(投稿)

時代ミステリーの傑作遂に待望の文庫化! 「殺し屋が来て、兄さんを殺してしまったんです」――江戸・深川の鉄瓶長屋で八百屋の太助が殺された。その後、評判の良かった差配人が姿を消し、三つの家族も次々と失踪してしまった。いったい、この長屋には何が起きているのか。ぼんくらな同心・平四郎が動き始めた。著者渾身の長編時代ミステリー。

ぼんくら 下巻

ぼんくら 下巻
小説
ページ数
309ページ
発売日
作家名

宮部みゆき

閲覧数:0回(投稿)

謎が謎呼ぶ楽しさ満載「宮部ワールド」へ! 「俺、ここでいったい何をやっているんだろう」。江戸・深川の鉄瓶長屋を舞台に店子が次々と姿を消すと、差配人の佐吉は蒼白な顔をした。親思いの娘・お露、煮売屋の未亡人・お徳ら個性的な住人たちを脅えさせる怪事件。同心の平四郎と甥の美少年・弓之助が、事件の裏に潜む陰謀に迫る「宮部ワールド」の傑作。

あかんべえ

あかんべえ
小説
ページ数
704ページ
発売日
作家名

宮部みゆき

閲覧数:0回(投稿)

おりんの両親が江戸深川に開いた料理屋「ふね屋」に、抜き身の刀が現れ、暴れ出す。成仏できずにいる亡者・おどろ髪の仕業だった。その姿を見ることができたのは、おりんただ一人。しかもこの屋敷には、おどろ髪以外にも亡者が住み着いていた。調べていくうちに、三十年前の忌まわしい事件が浮かび上がり…。人間の心に巣食う闇を見つめつつ成長していくおりんの健気さが胸に迫る。怖く、切なく、心に沁みる物語。

おそろし 三島屋変調百物語事始

おそろし 三島屋変調百物語事始
小説
ページ数
492ページ
発売日
作家名

宮部みゆき

閲覧数:0回(投稿)

17歳のおちかは、実家で起きたある事件をきっかけに心を閉ざした。今は江戸で袋物屋・三島屋を営む叔父夫婦の元で暮らしている。三島屋を訪れる人々の不思議話が、おちかの心を溶かし始める。百物語、開幕!

荒神

荒神
小説
ページ数
560ページ
発売日
作家名

宮部みゆき

閲覧数:0回(投稿)

元禄太平の世の半ば、東北の小藩の山村が、一夜にして壊滅状態となる。 隣り合う二藩の反目、お家騒動、奇異な風土病など様々な事情の交錯するこの土地に、 その"化け物"は現れた。 藩主側近・弾正と妹・朱音、朱音を慕う村人と用心棒・宗栄、 山里の少年・蓑吉、小姓・直弥、謎の絵師・圓秀…… 山のふもとに生きる北の人びとは、 突如訪れた"災い"に何を思い、いかに立ち向かうのか。 そして化け物の正体とは一体何なのか――!? その豊潤な物語世界は現代日本を生きる私達に大きな勇気と希望をもたらす。 著者渾身の冒険群像活劇。

ペテロの葬列

ペテロの葬列
小説
ページ数
694ページ
発売日
作家名

宮部みゆき

閲覧数:0回(投稿)

今多コンツェルン会長室直属・グループ広報室に勤める杉村三郎はある日、拳銃を持った老人によるバスジャックに遭遇。事件は3時間ほどであっけなく解決したかに見えたのだが―。しかし、そこからが本当の謎の始まりだった!事件の真の動機の裏側には、日本という国、そして人間の本質に潜む闇が隠されていた!あの杉村三郎が巻き込まれる最凶最悪の事件!?息もつけない緊迫感の中、物語は二転三転、そして驚愕のラストへ!『誰か』『名もなき毒』に続く杉村三郎シリーズ待望の第3弾。

火車

火車
小説
ページ数
593ページ
発売日
作家名

宮部みゆき

閲覧数:0回(投稿)

休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して――なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか? いったい彼女は何者なのか? 謎を解く鍵は、カード社会の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作。

ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻

ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻
小説
ページ数
529ページ
発売日
作家名

宮部みゆき

閲覧数:0回(投稿)

クリスマス未明、一人の中学生が転落死した。柏木卓也、14歳。彼はなぜ死んだのか。殺人か、自殺か。謎の死への疑念が広がる中、“同級生の犯行”を告発する手紙が関係者に届く。さらに、過剰報道によって学校、保護者の混乱は極まり、犯人捜しが公然と始まった――。ひとつの死をきっかけに膨れ上がる人々の悪意。それに抗し、真実を求める生徒たちを描いた、現代ミステリーの最高峰。

1〜191ページ目を表示