「福井晴敏」一覧|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て見放題のファイル投稿共有サイト

1〜131ページ目を表示
カテゴリ
並べ替え
アップロード期間

機動戦士ガンダムUC 11巻

機動戦士ガンダムUC  11巻
小説(11巻)
ページ数
225ページ
発売日
作家名

福井晴敏

閲覧数:0回(投稿)

アニメ化された大ヒット小説『機動戦士ガンダムUC』の福井晴敏が放つ、画期的なオリジナル短編集! エピソードゼロとも言える《シナンジュ強奪事件》や、三号機《フェネクス》を巡る捕獲作戦等が描かれる!!

亡国のイージス 下巻

亡国のイージス 下巻
小説
ページ数
576ページ
発売日
作家名

福井晴敏

閲覧数:0回(投稿)

「現在、本艦の全ミサイルの照準は東京首都圏内に設定されている。その弾頭は通常に非ず」ついに始まった戦後日本最大の悪夢。戦争を忘れた国家がなす術もなく立ちつくす時、運命の男たちが立ち上がる。自らの誇りと信念を守るために―。すべての日本人に覚醒を促す魂の航路、圧倒的クライマックスへ。

亡国のイージス 上巻

亡国のイージス 上巻
小説
ページ数
559ページ
発売日
作家名

福井晴敏

閲覧数:0回(投稿)

在日米軍基地で発生した未曾有の惨事。最新のシステム護衛艦“いそかぜ”は、真相をめぐる国家間の策謀にまきこまれ暴走を始める。交わるはずのない男たちの人生が交錯し、ついに守るべき国の形を見失った“楯”が、日本にもたらす恐怖とは。日本推理作家協会賞を含む三賞を受賞した長編海洋冒険小説の傑作。

機動戦士ガンダムUC 9巻

機動戦士ガンダムUC  9巻
小説(9巻)
ページ数
255ページ
発売日
作家名

福井晴敏

閲覧数:0回(投稿)

ついに明かされた『ラプラスの箱』の在り処。最後の航海に赴く“ネェル・アーガマ”の前に、圧倒的多勢のネオ・ジオン艦隊と、親衛隊隊長アンジェロ・ザウパーが駆る“薔薇のモビルスーツ”が立ち塞がる。“フルアーマーユニコーン”を駆り、最後の決戦に臨むバナージ。いくつもの思惟が交錯する中、マリーダ・クルスの命の光が奇蹟のトリガーを引いた―。文壇の気鋭作家による話題のガンダムサーガ第9弾、ついに最終章突入。

機動戦士ガンダムUC 3巻

機動戦士ガンダムUC  3巻
小説(3巻)
ページ数
229ページ
発売日
作家名

福井晴敏

閲覧数:0回(投稿)

『ラプラスの箱』を巡って勃発したテロ事件。バナージとオードリーは地球連邦軍の戦艦“ネェル・アーガマ”に収容され、『箱』を巡る様々な思惑に翻弄される。そこへ急襲をかけるネオ・ジオンのエース、「シャアの再来」と噂されるフル・フロンタル。激しい戦闘の中、オードリーの正体を知らされたバナージは、再び“ユニコーンガンダム”に乗り込んだ。彼女を守りたい―たったひとつ、自分が信じるに値する感情に従って。白熱のシリーズ第3弾。

機動戦士ガンダムUC 8巻

機動戦士ガンダムUC  8巻
小説(8巻)
ページ数
334ページ
発売日
作家名

福井晴敏

閲覧数:0回(投稿)

『ラプラスの箱』を巡る争奪戦は、連邦とネオ・ジオンという垣根を越えて運命の人々を集結させた。ザビ家の忘れ形見であるミネバの言葉によって、双方が協調しかけたと思えたその時、最悪の裏切りがバナージを襲う。これが現実―人の融和はありえないと断じる「シャアの再来」フル・フロンタルに対して、バナージが命がけで紡いだ返答は―。ベストセラー作家・福井晴敏が放つガンダム巨編第8弾、いよいよクライマックスへ。

機動戦士ガンダムUC 5巻

機動戦士ガンダムUC  5巻
小説(5巻)
ページ数
266ページ
発売日
作家名

福井晴敏

閲覧数:0回(投稿)

『ラプラスの箱』の謎を解くカギは、宇宙世紀元年に爆破された首相官邸(ラプラス)の史跡にあった。調査のため、再び“ユニコーン”に乗り込むバナージに、「シャアの再来」フル・フロンタルと美貌の戦士アンジェロ・ザウパーが襲いかかる。エコーズ隊長・ダグザの命を賭した戦いを見たバナージは?そして、地球に降りたリディとミネバを待つものとは―。人気作家・福井晴敏が描く最新ガンダムシリーズ、衝撃の第5弾。

機動戦士ガンダムUC 10巻

機動戦士ガンダムUC  10巻
小説(10巻)
ページ数
262ページ
発売日
作家名

福井晴敏

閲覧数:0回(投稿)

ついに明かされる『ラプラスの箱』の真実。バナージとミネバはそれを全世界に伝えようと決意し、フル・フロンタルはあくまで阻止しようと立ち塞がる。最後の対決の末に明らかになる「シャアの再来」の正体。そして『箱』を封殺せんと発射されたコロニーレーザーの業火を前に、バナージが取った命がけの行動とは―。人の善意と可能性、希望、清濁併せ呑んで引き続く未来。絶望の底に触れた今という時代にこそ輝く、ガンダムサーガ最新作。ここに堂々完結。

機動戦士ガンダムUC 7巻

機動戦士ガンダムUC  7巻
小説(7巻)
ページ数
310ページ
発売日
作家名

福井晴敏

閲覧数:0回(投稿)

ブライト・ノア率いるロンド・ベルの旗艦に囚われの身となったバナージ。その奪還を目論むジンネマンの呼びかけで、旧ジオン軍の戦士たちがトリントン基地へ強襲をかける。“黒いガンダム”を駆り、狂気の刃を向けるマリーダと死闘を繰り広げながら、バナージはミネバを取り戻すために高高度の戦場を駆ける。二機のガンダムが発動させる未知のエネルギーは、世界になにをもたらすのか―。待望の最新ガンダム巨編、地球編最終章。

機動戦士ガンダムUC 2巻

機動戦士ガンダムUC  2巻
小説(2巻)
ページ数
233ページ
発売日
作家名

福井晴敏

閲覧数:0回(投稿)

『袖付き』と呼ばれる反政府組織と、ビスト財団の間で行われていた『ラプラスの箱』を巡る謀議は、連邦軍の介入によって破局を迎えた。工業用コロニー“インダストリアル7”で始まる戦闘。オードリーを追って戦火の中を走るバナージは、純白のモビルスーツ“ユニコーン”と出会う。人の革新―ニュータイプの力が覚醒した時、“ユニコーン”はその真の姿を現した!文壇の気鋭・福井晴敏が描く新たなる宇宙世紀サーガ第2弾。

機動戦士ガンダムUC 6巻

機動戦士ガンダムUC  6巻
小説(6巻)
ページ数
321ページ
発売日
作家名

福井晴敏

閲覧数:0回(投稿)

世界を転覆する力『ラプラスの箱』の謎を解き明かす新たなるカギは、地球連邦政府首都ダカールにあった。イスラム系反政府組織による首都襲撃計画に巻き込まれたバナージは、組織の首領の娘ロニ・ガーベイと出会い、心を通わせる。彼女が操る巨大モビルアーマー“シャンブロ”が暴走し、ダカールが炎に包まれた時、バナージ、リディが取った決死の行動とは―!?圧倒的なスケールで描かれるガンダム最新作、地上編となる第6弾。

機動戦士ガンダムUC 4巻

機動戦士ガンダムUC  4巻
小説(4巻)
ページ数
281ページ
発売日
作家名

福井晴敏

閲覧数:0回(投稿)

「シャアの再来」フル・フロンタルとの戦いに敗れ、ネオ・ジオンの拠点“パラオ”に捕らわれてしまうバナージ。一方、“ユニコーン”の奪還を目論む連邦軍は、“ネェル・アーガマ”単艦によるかつてない奇襲攻撃を計画していた。強化人間マリーダ・クルスとの心の触れ合い、そして壮絶なる死闘の果てに、新時代のニュータイプ戦士たることを宿命づけられたバナージはなにを見るのか。極限の人間ドラマが展開する待望のシリーズ第4弾。

1〜131ページ目を表示