ニューヨークの女性の「強く美しく」生きる方法|自作の漫画コミック・雑誌・同人誌・小説を自由に投稿し皆で共有&読み放題にできるファイル投稿共有サイト

  • ヘルプ
    ヘルプ
  • 閲覧履歴
    閲覧履歴
  • 問い合わせ
    問い合わせ
  • ログイン
    ログイン
表示設定

ニューヨークの女性の「強く美しく」生きる方法

ニューヨークの女性の「強く美しく」生きる方法
投稿日
発売日
ページ数
239
作家・サークル名
エリカ
投稿者
ゲスト投稿
みんなのオススメ度
0

ただキレイなだけの女はつまらない。
人とは違う部分こそ魅力と感じ、
周りの人がどう思おうと動じることなく、
しなるけど折れない太い芯を持って、
人生の小さな決断から大きな決断まで、自分で決めていく。
そんなふうに、自分らしさを大切にして
何があっても楽観的に、未来にフォーカスし
パワフルに人生を女を楽しんでいるのが、ニューヨークの女たち。
――著者が、ニューヨークの生活の中で出会った人々や出来事から学んだ「強く美しく」生きる術を紹介。
内面の美しさを磨き、笑顔とやさしさをたたえながら、自分の人生を自分らしく生きる方法をお教えします。
これらを実践することで、「自尊心を大切にする生き方」を身につけられるようになるでしょう。

ビューワーで読むと正常に閲覧できない方(途中で強制的に先頭ページに戻ってしまうなど)向け
ビューワーを正常にご利用できない方はこちらのよくある質問をご確認ください。

ビューワー(書籍閲覧機能)の使い方の説明」を見る

  • この作品を友達に紹介♪
  • この作品をLINEで送る‹

この作品の関連書籍

同じカテゴリのおすすめ作品

えんとつ町のプペル

えんとつ町のプペル
小説・実用書・趣味
発売日
ページ数
94ページ
作家名

にしのあきひろ

投稿)

ペン一本で描いたモノクロ絵本で世界を圧倒したキンコン西野が、業界の常識を覆す完全分業制によるオールカラー絵本! 「信じぬくんだ。たとえひとりになっても。」 おはなし) 4000メートルの崖にかこまれ、そとの世界を知 らない町がありました。 町はえんとつだらけ。 そこかしこから煙があがり、あたまのうえはモックモク。 朝から晩までモックモク。 えんとつの町に住 むひとは、くろい煙にとじこめられて、 あおい空をしりません。 かがやく星をしりません。 町はいま、ハロウィンまつりのまっただなか。 魔よけの煙もくわわって、いつもいじょうにモックモク。 あるとき、 夜空をかける配達屋さんが、煙をすってせきこんで、 配達中の心臓を、うっかりおとしてしまいました。 さすがに視界はこのわるさ、どこにおちたかわかりません。 配達屋さんはさっさとあきらめ、夜のむこうへスタコラサッサ。 ドクドクドクドクドックドク。 えんとつの町のかたすみで、あの心臓が鳴っています。

話しかけなくていい!会話術

話しかけなくていい!会話術
小説・実用書・趣味
発売日
ページ数
140ページ
作家名

木村隆志

投稿)

「話しかけられる」人になるための88のちょっとしたコツ ――これさえ知っていれば、もうさみしくない! ◎人は「話しかける」より「話しかけられた」ほうがうれしい ◎話が上手くなるほど嫌われる ◎「口ベタの人こそチャンス」の時代 どんなに話が上手くなっても、周りの人から好かれないのであれば意味がありません。 だからこそ、みなさんには、話の上手い人ではなく、コミュニケーションの上手い人になってほしいと思います!

大人のかぎ針あみ ウエアと小物60

大人のかぎ針あみ ウエアと小物60
小説・実用書・趣味
発売日
ページ数
82ページ
作家名

河合真弓

投稿)

かぎ針あみのウエアと小物を21アイテム、総作品数60点掲載。 いろんなものがあれこれあめるので、秋冬のシーズンたっぷり楽しめる、手あみファンにぴったりの1冊。難しい作品は無いので初心者にもおすすめです。 ◆お出かけ小物は、ミニマフラー、ニット帽&ハット、ネックウォーマー&スヌード、ハンドウォーマー、マフラー、飾りつきニット帽、ショール。 ◆おうち小物は、ブランケット、ソックス、ミニケープ、角座、ルームシューズ、湯たんぽカバー。 ◆ニットウエアは、ひも結びのベスト、セーター、ワンボタンのベスト、カーディガン、オーバースカート。 使用素材はすべてハマナカ手芸手あみ糸。すべて日本製です。 ニットデザイナー。ヴォーグ編物指導者養成学校卒業。手あみやレースあみの著書多数。確かな技術に基づいた初心者向けの入門書も多い。近著の『パイナップルあみのショールとストール30』『大人から始めるかぎ針あみ』『大人から始める棒針あみ』など

面白い企画がなぜ、残念な商品・サービスに変わってしまうのか?

面白い企画がなぜ、残念な商品・サービスに変わってしまうのか?
小説・実用書・趣味
発売日
ページ数
98ページ
作家名

太田昌宏

投稿)

売れる商品・サービスに仕上げるために7つの壁を乗り越えろ! 「企画会議でスゴく盛り上がった面白い企画なのに、 できあがってみると面白みのないものに変わり果て、 結局うまくいかなかった、売れなかった……」 せっかく思いついた面白い企画だったのに……。 何ヶ月、何年もかけて商品化したのに……。 企画担当者なら一度や二度、このような苦い経験があるのではないでしょうか。 「面白い企画」を「面白い商品・サービス」として実現するのは簡単なことではありません。 なぜなら、その過程には多くの人が関わるからです。 「コストがかかりすぎだよ」「こんなのどうやって売るんだよ」「もう、これ以上の品質は無理だよ」など、 商品化に向け進んでいくと関係各所からいろんな声が飛び交い、 企画担当者には大きな壁として立ちはだかります。 これらの壁を突破しない限り、面白い企画を実現することはできません。 この本では、メーカー勤務、その後コンサルタントとして25年に渡って企画に携わってきた著者が 様々な失敗と成功を糧に、企画担当者が乗り越えるべき「7つの壁」とその乗り越え方を紹介します。 本書は7つのチャプターから成り、各チャプターは「物語+解説」という読みやすい作りになっています。 あなたのアイデアを最高の形で世に出し、多くの人に喜んでもらうために本書を活用していただけたらと思います。

明日、会社がなくなっても、自分の名前で勝負できますか?

明日、会社がなくなっても、自分の名前で勝負できますか?
小説・実用書・趣味
発売日
ページ数
107ページ
作家名

川上徹也

投稿)

この本は、全国5千万人の会社員に向けて、「これからの働き方」を述べた人生戦略本です。 あなたが会社の看板なしに、生き残っていくには、以下の3つのステップが必要です。 1仕事のやり方を劇的に変える 2自分をマーケティングして原石を発見 3「志」のあるストーリーでブランディング この本を読めば、あなたは自分を輝かせる方法を発見するでしょう。 あとは実行あるのみです。 仕事や人生の壁にぶち当たっている人は、元気がでること間違いなし! 流行りの「自分ブランディングの本」とは一味違いますよ。

「グラップラー刃牙」愛読団

「グラップラー刃牙」愛読団
小説・実用書・趣味
発売日
ページ数
181ページ
作家名

世界最強考察委員会

投稿)

稀代の傑作格闘漫画、『グラップラー刃牙』の非公式、研究考察本。 バキと勇次郎の親子対決はどういう結末を迎えるのか?というキーワードを中心に、広範な格闘技の魅力、知識を散りばめた、バキワールドを考察する。 ●バキは勇次郎に勝てるのか? 最終対決をズバリ予想! ●リアルとフィクションが織りなすバキの世界を徹底分析 ●勇次郎語録からオーガの核を探る! ●筋肉の権化、オリバの強さはフィクションでしかないのか? ●グラップラーの経済学――「勝ち組」「負け組」 ●バキと勇次郎、まさかの共同生活の意味とは?

緑衣のメトセラ

緑衣のメトセラ
小説・実用書・趣味
発売日
ページ数
334ページ
作家名

福田和代

投稿)

人間は、今もなお、進化の過程にいる――。 理想を、正義を叶えるために、人はどこまで倫理を踏み越えられるのか。怒涛のサイエンス・ミステリー! 都内にある高級老人ホーム「メゾンメトセラ」。ガンの発生率が高いという噂を幼馴染みの千足(ちたり)から聞き、フリーライターの小暮アキは興味を抱く。併設される不破病院では、ガンの最新研究が進められ、新薬を開発中だった。そんな中、不破病院でアルバイトを始めた千足が、不慮の死を遂げた。特殊なウイルスに院内感染したためだというのだが――。 旧約聖書に登場するアダムの子孫「メトセラ」は、969歳まで生きた。その名を冠する「メゾンメトセラ」には、人類の未来を左右する重大な秘密が隠されていた!

猫医者に訊け!

猫医者に訊け!
小説・実用書・趣味
発売日
ページ数
141ページ
作家名

鈴木真

くるねこ大和

投稿)

Q:猫が「ゴロゴロ」と鳴くのは喜んでいるから? A:体調が悪いときも「ゴロゴロ」鳴いているぞ! 『くるねこ』でおなじみ、「猫医者」がビシッとお答え!猫と人にまつわる100問・100答!アニメ『くるねこ』公式モバイルサイト『はぴはぴくるねこ』で連載中の人気コラムが加筆修正の上、待望の電子書籍化!*単行本 特別収録*くるねこ大和描き下ろしイラスト&『くるね子が訊く!』収録!

戦国の六等星 備中兵乱と三村元親の実像

戦国の六等星 備中兵乱と三村元親の実像
小説・実用書・趣味
発売日
ページ数
114ページ
作家名

山口嘉月

山口浩

投稿)

本書は、備中兵乱とその中心人物であった戦国武将、三村元親の実像に、一次史料をもって迫ろうというものである。備中兵乱は、天正二年(一五七四年)から翌三年にかけて備中国で起きた、三村元親らと、毛利氏(中心となったのは毛利輝元及び小早川隆景)及び宇喜多直家らとの戦いである。一般的には、備中兵乱は、織田信長に勧誘された三村元親が、長く協力関係にあった毛利氏を裏切り、謀反を起こしたため、毛利氏に亡ぼされた戦いであるとされている。確かにそうした面はないではない。しかし、一次史料をよく読むと、それ以外の側面が浮かび上がってくる。それは、端的にいえば、三村元親が毛利氏を裏切ったというより、むしろ毛利氏が元親を裏切った、あるいは見捨てたのではないかということである。備中兵乱は、いわばリストラされた中間管理職の反乱だったのではないか―本書はこの仮説を、一次史料を使って検証していく。鍵となるのは、「水」と「鉄」。 補遺として、2014年のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の主人公、黒田官兵衛孝高と備中兵乱との関係を収録した。官兵衛は、三村元親とほぼ同世代と思われ、同じ時代を隣接した地域で過ごしている。両者の間の直接的な関係はあまりないが、元親と一時は戦い、一時は同盟するなど深い関係にあり、備中兵乱にも大きな影響を及ぼした浦上氏は、黒田氏とは密接な関係にあった。戦国の世を生き抜き大名として江戸時代まで家を残した官兵衛と、天正初年に滅びた元親らとの違いはどこにあったのかを考察する。 戦国の六等星――備中兵乱と三村元親の実像 目次 前書きに代えて 第一章  備中兵乱とその時代  第一節 備中兵乱とは   備中兵乱の概略/備中兵乱の経過/「忠」と「孝」と諸行無常  第二節 一次史料と二次史料   一次史料と軍記/軍記の「意図」/本書のアプローチ  第三節 備中兵乱の背景   「戦国」という時代/鉄と鉄砲/毛利氏と鉄砲/三村氏は鉄砲を作っていたのではないか/産業の集積地としての松山/水陸交通の要衝/海賊と水軍/水軍としての海賊/「鉄」と「水」のつながり/海賊たちの転機    第二章 三村元親とはどんな人物だったのか  第一節 軍記から見る三村元親   三村氏/軍記による元親像/文学作品における元親像  第二節 先行研究から見る三村元親 第三章 史料からみる三村氏  第一節 三村家親   戦国大名への道/毛利氏との協力関係/浦上宗景/三浦貞広/毛利隆元と荘元祐  第二節 三村元親   由佐氏/穂井田元清/毛利氏/三村親成/壬生朝芳/尼子氏、大友氏 第四章 史料からみる備中兵乱  第一節 天正元年   天候不順/足利義昭をめぐる交渉/なぜ朱印状を出したのか/「水」と「鉄」を押さえる/なぜ朱印状は宗景に出されたのか/権力の確立をめざす直家/毛利氏の方針  第二節 天正二年   直家の「謀反」/織田信長軍勢催促状/信長の意図/なぜ軍記はウソを書いたのか/本当に元親は謀反したのか?/不自然な毛利側の動き  第三節 天正三年   時代の転機/連携への模索/備中兵乱の「黒幕」は大友氏なのか?/浦上氏の動き/元親はどう動いたのか/三村氏の滅亡/毛利氏にとっての三村氏/毛利氏にとっての備中国/「宴」の後/備中兵乱とは何だったのか 終章  戦国の六等星 補遺  『軍師官兵衛』と三村元親――何が「彼ら」を分けたのか  第一節 官兵衛と三村・浦上   大河ドラマ『軍師官兵衛』/官兵衛と元親/官兵衛と浦上氏  第二節 彼らが直面していたもの  第三節 官兵衛と三村・浦上を分けたもの   天正三年の「先見性」/元親はなせ生き延びられなかったのか あとがき 参考文献 備中兵乱関連年表

将棋世界Special Vol.3「森内俊之」~宿敵・羽生との闘いの軌跡~

将棋世界Special Vol.3「森内俊之」~宿敵・羽生との闘いの軌跡~
小説・実用書・趣味
発売日
ページ数
129ページ
作家名
投稿)

トップ棋士のファン・ブックシリーズ第3弾は「森内俊之」です。名人位通算獲得数歴代3位タイの記録を達成し、十八世名人の資格を持つ森内名人。彼の棋士人生を語る上で欠かせることのできないのが、羽生善治という存在。本書では、宿敵・羽生との闘いの歴史に的を絞ってまとめました。メインとなるロングインタビューでは、少年時代の出会いから現在までの闘いの軌跡を、さまざまなエピソードを交えて語ってくれました。棋士・森内俊之のすべてが分かる決定版です。

土の記 下

土の記 下
小説・実用書・趣味
発売日
ページ数
254ページ
作家名

高村薫

投稿)

雨の下でにわか農夫はじっと息を殺し、晴れれば嬉々として田んぼへ飛び出す。男は土を耕し、鯰と遊ぶ。始まりも終わりもない、果てしない人間の物思いと、天と地と、生命のポリフォニー。『新潮』連載を加筆修正。

別冊Discover Japan ベスト オブ ニッポンの調味料

別冊Discover Japan ベスト オブ ニッポンの調味料
小説・実用書・趣味
発売日
ページ数
164ページ
作家名

ディスカバージャパン編集部

投稿)

日本には、それぞれの地域特有の職人の技が生きた名作調味料が数多くあります。本誌では、そんな調味料の世界で長年にわたり確固たる地位を築き、長年愛されつづける調味料の数々をじっくりとご紹介していきます。毎日の料理づくりに欠かせない調味料。基本の「さしすせそ」と言われる、砂糖、塩、酢、醤油、味噌だけではなく、調味料大国ニッポンには食卓を至福の時間にしてくれる名品が山ほどあります。一流料理人たちは、どんな調味料を使っているの? 使えば必ず美味しい料理ができる魔法の調味料ってどんなもの? あの名作調味料はどのように作られているの? などなど、調味料にまつわる疑問がこの一冊ですべて解決。自宅に居ながらにして名作調味料を購入できる、最強おとりよせカタログも掲載です。