イット (完全版) 2巻|自作の漫画コミック・雑誌・同人誌・小説を自由に投稿し皆で共有&読み放題にできるファイル投稿共有サイト

  • ヘルプ
    ヘルプ
  • 閲覧履歴
    閲覧履歴
  • 問い合わせ
    問い合わせ
検索結果に

イット (完全版) 2巻

イット (完全版)
投稿日
発売日
ページ数
296
作家・サークル名
児玉ヒロキ
投稿者
ゲスト投稿

「なっちゃいない」高校生、秋月一斗=イットが転送されたのは、鎧を身に纏った騎士たちが闘う世界だった。辺境の二国を統一したイットは、ユウリ、イヴァンとともに新天地を目指す。三人が訪れたのは、中原で勢力を拡大している強国ロウラディアであった。ロウラディアの首都フィールザールでは、大陸全土を巻き込む大規模な武闘大会が開かれようとしていた。大陸中の猛者達が続々と集結し、フィールザールは賑わいを見せていた。しかしその裏で不可解な事件が起き始める…。「最弱」の肉体に「最強」の頭脳を備えた主人公の演出するファンタジー長編、第二幕開演!

ビューワーで読むと正常に閲覧できない方(途中で強制的に先頭ページに戻ってしまうなど)向け

ビューワー(書籍閲覧機能)の使い方の説明」を見る

  • この作品を友達に紹介♪
  • この作品をLINEで送る‹

この作品の関連書籍

同じカテゴリのおすすめ作品

最強の経営者 小説・樋口廣太郎

最強の経営者 小説・樋口廣太郎
文芸・ラノベ
発売日
ページ数
334ページ
作家名

高杉良

投稿)

住友銀行から「夕日ビール」と蔑まれたアサヒビールに乗り込んだ樋口。次々と業界のタブーに挑んだ伝説の男とは。作家生活40年、著者最後の企業小説。

流 

流 
文芸・ラノベ
発売日
ページ数
402ページ
作家名

東山彰良

投稿)

第153回直木賞受賞作! 選考会は前代未聞の満票決着。 「20年に一度の傑作。とんでもない商売敵を選んでしまった」(選考委員・北方謙三氏) 「私は何度も驚き、ずっと幸福だった。これほど幸せな読書は何年ぶりだ?」(選考委員・伊集院静氏) 何者でもなかった。ゆえに自由だった――。 1975年、台北。偉大なる総統の死の直後、愛すべき祖父は何者かに殺された。 内戦で敗れ、追われるように台湾に渡った不死身の祖父。なぜ? 誰が? 無軌道に生きる17歳のわたしには、まだその意味はわからなかった。 台湾から日本、そしてすべての答えが待つ大陸へ。歴史に刻まれた、一家の流浪と決断の軌跡。

夜行

夜行
文芸・ラノベ
発売日
ページ数
254ページ
作家名

森見登美彦

投稿)

僕らは誰も彼女のことを忘れられなかった。 私たち六人は、京都で学生時代を過ごした仲間だった。十年前、鞍馬の火祭りを訪れた私たちの前から、長谷川さんは突然姿を消した。十年ぶりに鞍馬に集まったのは、おそらく皆、もう一度彼女に会いたかったからだ。夜が更けるなか、それぞれが旅先で出会った不思議な体験を語り出す。私たちは全員、岸田道生という画家が描いた「夜行」という絵と出会っていた。 旅の夜の怪談に、青春小説、ファンタジーの要素を織り込んだ最高傑作! 「夜はどこにでも通じているの。世界はつねに夜なのよ」

おひとりさまとローズ一家

おひとりさまとローズ一家
文芸・ラノベ
発売日
ページ数
99ページ
作家名

obaba

投稿)

ひとり暮らしを始めてから20年。おいしいもの、おいしいお酒が大好きな明るいおひとりさまです。そんな私が、働き盛り、遊び盛り(?)の35歳のあるとき、ペットショップでMダックスの女の子=ローズ、にたまたま出会い、一目惚れ!それから生活が一変!ローズに子どもが生まれ、現在はおひとりさまとワンコ4匹暮らしです。「独身でワンコ飼うなんて、結婚できなくなるよ!大丈夫?」と周囲から心配されますが、それがどーした!? 毎日こんなに楽しくて、こんなに充実してるんだったら、ずっとこのままでいいのかも!?。そんなobabaのモフモフ、ギューギューな毎日をお届けします。

ST警視庁科学特捜班 黒の調査ファイル

ST警視庁科学特捜班 黒の調査ファイル
文芸・ラノベ
発売日
ページ数
300ページ
作家名

今野敏

投稿)

ST黒崎が沈黙を破るとき――男は、語らず、動く。 歌舞伎町の連続発火事件と中国マフィア抗争の裏 携帯のワンクリック詐欺に遭った役者志望の男が、チャイニーズマフィアの名を騙り、悪徳業者に逆襲を謀る。そのマフィアのボスは、歌舞伎町の覇権を巡り別組織と暗闘を繰り広げていた。そして歌舞伎町での連続放火事件に出動したST――絡まる謎に“沈黙の男”黒崎が動く! 「色シリーズ」、堂々のラスト。

あおはるっ! 1巻

あおはるっ! 1巻
文芸・ラノベ(1巻)
発売日
ページ数
513ページ
作家名

内田俊

Tiv

投稿)

ここは「謳歌荘」――夢を追いかけるバカな高校生が集まる場所。ラノベ作家を目指す新堂有、ロックを追い求める住吉小町、編集者を目指す源いずみ。3人はそれぞれの目標のため日々努力をしながらも、ハチャメチャな毎日を過ごしている。「物語創作は経験が命!」と言っては女装をしてみたり、「ロックとはギターを振り回すこと!」とギターをぶっ壊したり、「編集は叩くもの」とドS根性で居住人をいじめたり……。そんな彼らの元に新たな入居者・葵すずが現れる。なぜか自分の夢を語らない彼女の登場により、謳歌荘の日々は少しずつ変化していき……? 真面目だけどおバカな4人の高校生で贈る、青春×群像×破天荒ラブコメ堂々開幕!!

洋平へ 君の生きた20年と、家族の物語

洋平へ 君の生きた20年と、家族の物語
文芸・ラノベ
発売日
ページ数
75ページ
作家名

佐々木博之

佐々木志穂美

投稿)

明日もきっと幸せです。/授かった3人の息子はみな障害児だった―/生きることの意味、幸せの形、家族という幸福。佐々木家の20年に、熱い涙と微笑を! 授かった3人の息子は、それぞれタイプの異なる障害児だった。……どこまでも明るい佐々木家の20年、長男洋平の死までを描く。/父・博之が19年前に書いた「父さんから洋平への手紙」と、母・志穂美の20年を俯瞰するエッセイ、成人を迎えた洋平へ父からの手紙、そして、母が書いた「長い長いあとがき~洋平の死」の4部構成。/長男の洋平は施設で暮らす20才になる重度障害者。次男のダイは私立高校に通う高校3年生で、高機能自閉症。三男の航は特別支援学級に通う中学3年生、知的障害もある重度の自閉症児。そんな三人の息子に恵まれた佐々木家の父と母は、たいへんなこともたくさんの心配も、ユーモアと愛で乗り切って、生きてきた。/重い運命を生きながら、どこまでも明るく、そして涙なしには読めない感動の書。生きること、家族とは、幸せとは……。読者はそこに多くのメッセージを読み取ることでしょう/(解説:玄侑宗久)

ビブリア古書堂の事件手帖 6巻

ビブリア古書堂の事件手帖  6巻
文芸・ラノベ(6巻)
発売日
ページ数
320ページ
作家名

三上延

投稿)

足塚不二雄の「UTOPIA最後の世界大戦」の買い取りを持ちかけてきた謎の男性。彼はどうやら、失踪した栞子さんの母親のことを知っているようで…?話題のビブリオミステリ第6巻!

薬局で買うべき薬、買ってはいけない薬

薬局で買うべき薬、買ってはいけない薬
文芸・ラノベ
発売日
ページ数
291ページ
作家名

中川基

投稿)

頭痛薬・かぜ薬…市販薬のベストバイはどれ? 医薬・生活用品徹底ガイド! ドラッグストアで買っているその薬、ほんとうに効いていますか? 薬局、ドラッグストア、最近ではコンビ二まで薬が売られています。 あなたは薬の選び方に自信があるでしょうか? 知名度やイメージ、昔から使っているから、という理由で 薬や生活用品を選ぶ時代は終わりました。 高いお金を払うなら、体質や症状、用途にぴったり合うものを選びたいもの。 よく効く頭痛薬や体への負担が少ない胃薬、眠くならない花粉症薬、頭皮・毛髪ににやさしい シャンプーや最先端技術を駆使したそうじ用品、虫よけグッズ…etc 山ほどある市販薬の中からどうやって選べばいいのか、 わかりやすい早わかりマップ付きで、解説します。

乱歩年譜著作目録集成 65巻

乱歩年譜著作目録集成 65巻
文芸・ラノベ(65巻)
発売日
ページ数
218ページ
作家名

江戸川乱歩

投稿)

明治27年10月、三重県名張町に誕生した乱歩は、祖母に溺愛されながら幼年期を過す。美少年に仄かな憧れを持った少年時代。大学入学のため上京、海外探偵小説を読み耽る一方、翻訳も試みる。この頃に得た知識や経験が後の乱歩を支える。他に「著作目録」を併録。乱歩ファンには必読の資料満載の最終巻。

プログラミングって何? 親子でゼロからわかる本

プログラミングって何? 親子でゼロからわかる本
文芸・ラノベ
発売日
ページ数
128ページ
作家名
投稿)

今の世の中は、便利なもので溢れています。私たちの身近な機械技術のほとんどにはプログラムが組み込まれており、多くの人が、それを意識することなくプログラムを利用しています。 そういった需要の高まりもあり、政府は、2012年から中学校の技術・家庭科でプログラミングの授業を必修とし、2020年には小学校から義務教育の一環としてプログラミング教育を行うという方針が打ち出されています。 「 小学校からプログラミングなんて早すぎはしないか?」と思う方も少なからずいらっしゃるかもしれませんが、プログラミングの根本は、「専門知識」ではなく、「物事の考え方」にあります。つまり、「課題に対して、どのようにすれば最もよい解決策になるのか」といった論理的思考力が最も重要なのです。プログラミングで重要とされる力は、人生の様々な場面で役立つものですから、子供のうちにプログラミングに触れ、論理的思考を養うことは非常に有益でしょう。 本書は、小学校高学年くらいからの子供さん達に向けて、「プログラミングってなに?」という根本的なところから、イラストを使ってやさしく解説しています。そして、お子さんはもちろん、あまりプログラミングに触れたことがないお父さん、お母さん方も、ぜひご一緒にお読みください。本書を通して、「プログラミングってどんなものなのか」「どんな力が養われるのか」知っていただくことで、「よくわからない、難しそうなもの」というプログラミングの印象が、変わることと思います。