楽園のカンヴァス|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て無料読み放題のファイル投稿共有サイト

楽園のカンヴァス

楽園のカンヴァス
投稿日
発売日
ページ数
448
作家・サークル名
原田マハ
タグ

ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。持ち主は正しく真贋判定した者にこの絵を譲ると告げ、手がかりとなる謎の古書を読ませる。リミットは7日間。ライバルは日本人研究者・早川織絵。ルソーとピカソ、二人の天才がカンヴァスに籠めた想いとは――。山本周五郎賞受賞作。

「楽園のカンヴァス」一覧

おすすめ関連書籍

異能バトルは日常系のなかで 2巻

異能バトルは日常系のなかで 2巻
小説(2巻)
発売日
ページ数
327ページ
作家名

望公太

閲覧数:0回(投稿)

「お前が好きだ!付き合おう!」ある日突然、俺にド直球な愛の告白をしてきた生徒会長の工藤さん。この前やったあの残念異能バトルで、俺にガチで惚れちゃったって!?それ以来、なぜか文芸部員みんなが俺にすごーく冷たい。「イチャイチャしてんじゃないわよ」「ジューくんをシカト中でーす」「安藤くんは死ぬべきですね」「うたるっぞぬしゃあ!」(これ誰!?)そんな中、幼馴染みの様子がおかしくなり―俺は許されざる罪を贖うべく異能解放第二形態を発動―「やめなさいよ!それは…」一途な想いが爆発する取扱注意な日常、でもそれだけじゃ語れない新・異能バトル&ラブコメ第2弾。

魔弾の王と戦姫(ヴァナディース) 2巻

魔弾の王と戦姫(ヴァナディース) 2巻
小説(2巻)
発売日
ページ数
296ページ
作家名

川口士

閲覧数:0回(投稿)

テナルディエの軍勢を退け、つかのまの平穏を得たティグルたち。国王への説明のため一旦ジスタート王都に赴いたエレンだったが、そこにいたのは、戦姫の一人にしてエレンの天敵、“凍漣の雪姫”リュドミラだった。しかも、彼女はテナルディエと交友関係があるらしく……? 戦姫同士の人智を超えた戦いが、今幕を開ける!

高1ですが異世界で城主はじめました 9巻

高1ですが異世界で城主はじめました 9巻
小説(9巻)
発売日
ページ数
354ページ
作家名

鏡裕之

閲覧数:0回(投稿)

田舎の城主から辺境伯まで成り上がった高校生・清川ヒロト。その並み外れた度量の大きさはいつ育まれたのか?ヒロトに出会ったときミミアは、ヴァルキュリアは何を感じていたのか。キュレレが相一郎に懐いた理由とは?辺境伯ヒロトにヴァンパイア族の宿舎管理を任されたソルシエールに降りかかる試練とは?ヒロトの秘密が露わになる第9巻!

コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに
小説
発売日
ページ数
349ページ
作家名

川口俊和

閲覧数:0回(投稿)

【5万部突破! 「4回泣ける」と評判! 】 とある街の、とある喫茶店の とある座席には不思議な都市伝説があった その席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるという ただし、そこにはめんどくさい…… 非常にめんどくさいルールがあった 1.過去に戻っても、この喫茶店を訪れた事のない者には会う事はできない 2.過去に戻って、どんな努力をしても、現実は変わらない 3.過去に戻れる席には先客がいる その席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ 4.過去に戻っても、席を立って移動する事はできない 5.過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、 そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ めんどくさいルールはこれだけではない それにもかかわらず、今日も都市伝説の噂を聞いた客がこの喫茶店を訪れる 喫茶店の名は、フニクリフニクラ あなたなら、これだけのルールを聞かされて それでも過去に戻りたいと思いますか? この物語は、そんな不思議な喫茶店で起こった、心温まる四つの奇跡 第1話「恋人」結婚を考えていた彼氏と別れた女の話 第2話「夫婦」記憶が消えていく男と看護師の話 第3話「姉妹」家出した姉とよく食べる妹の話 第4話「親子」この喫茶店で働く妊婦の話 あの日に戻れたら、あなたは誰に会いに行きますか?

(仮)花嫁のやんごとなき事情 離婚できたら一攫千金!

(仮)花嫁のやんごとなき事情 離婚できたら一攫千金!
小説
発売日
ページ数
258ページ
作家名

夕鷺かのう

閲覧数:0回(投稿)

病弱な王女の身代わりとして、鬼畜な策略家と噂の敵国の皇子『毒龍公クロウ』に嫁ぐことになったフェルディア。彼女に与えられた使命は、クロウとの“円満”離婚!…のはずが、いきなり新婚初夜に襲われたあげ句、軟禁されるってどういうこと!?怒り心頭のフェルは、下町育ちゆえの特技を活かしてクロウを探るが…!?こんな男、絶対離婚してやる!―フェルのニセ新婚生活、スタート。

精霊使いの剣舞 6巻

精霊使いの剣舞 6巻
小説(6巻)
発売日
ページ数
290ページ
作家名

志瑞祐

閲覧数:0回(投稿)

“精霊剣舞祭”二日目。カミトたちに“破烈の師団”から同盟の申し出が入る。だが、その交渉に向かう途中、レスティアの攻撃により離ればなれになってしまうカミトとクレア。カミトを救ったのは、十三歳にして“破烈の師団”師団長を務める少女ミラだった。レスティアによりチームを壊滅させられながらも、カミトたちと行動をともにするミラ。しかし、その前に再びレスティアが立ちふさがる。交差する魔剣と聖剣。そして、剣戟の果てにカミトが見たものは…。「―できることなら、カミト、私はあなたに殺されたいわ」塗りつぶす黒。壊れた願い。けれど、ふたりが出会った意味だけは、今もずっと変わらないままで―。エレメンタル・ファンタジー第6弾。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

バチカン奇跡調査官 悪魔達の宴

バチカン奇跡調査官 悪魔達の宴
小説
発売日
ページ数
349ページ
作家名

藤木稟

閲覧数:0回(投稿)

悪魔祓いの補佐としてドイツに赴いたロベルトだったが、駅で連日同時刻に死者が出る連続不審死をはじめ、異常事件が頻発。街全体が混乱する中、平賀は調査のためと言って姿を消す。やがて驚愕の真相が明らかに――!

アルカ 創生のエコーズ 3巻

アルカ 創生のエコーズ 3巻
小説(3巻)
発売日
ページ数
332ページ
作家名

project-ALCA-

閲覧数:0回(投稿)

『ハルト=カマラ』に守られ、ガディアの攻撃をしのいだメイ、セト、マヤ。 メイとセトは、そこで自分たちが本当は何者であるのかを知ることになる。 ラチェカに託されたメッセージを届けるために、2人と一匹はルルティカら盗賊一味と合流して、危険を冒し、若葉の父・教次郎がいる〈レイメイ〉に向けて出発する。 行く手を阻むのはまたしてもガディアだ。 一方、瀕死の重傷を負った若葉たちは、エクリファスに帰還し、創主・ラズの審判を受けることになる。 唯一の巫女であるメイが不在のまま大勢のアウラドの前で儀式のときを迎えることになった 〈エルゼム〉は、奇策を用いた賭けに出る。 ――そして、”アルカ” を通して若葉やセトたちの物語の一部始終を見ることを強いられているミハルに隠された秘密とは? 時空を超えて舞台と役者が出揃い、物語はクライマックスに向けて加速していく。

海辺のカフカ 上巻

海辺のカフカ 上巻
小説
発売日
ページ数
496ページ
作家名

村上春樹

閲覧数:0回(投稿)

「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」―15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で暮らすようになった。家を出るときに父の書斎から持ちだしたのは、現金だけじゃない。古いライター、折り畳み式のナイフ、ポケット・ライト、濃いスカイブルーのレヴォのサングラス。小さいころの姉と僕が二人並んでうつった写真…。

魔法科高校の劣等生 10巻

魔法科高校の劣等生 10巻
小説(10巻)
発売日
ページ数
329ページ
作家名

佐島勤

閲覧数:0回(投稿)

西暦二〇九五年十二月。雫との『交換留学生』として、USNA(北アメリカ大陸合衆国)からリーナが魔法科高校にやってきた。達也は、彼女が大規模破壊兵器に匹敵する戦略級魔法師「十三使徒」の一人であることを瞬時に見抜く。そして、同じ時期に東京で発生した『吸血鬼』事件―魔法師の血液を抜き取る連続傷害事件との関わりを探るのだった。『吸血鬼』事件の全容は次第に明らかになりつつあった。達也のヒントと幹比古の古式魔法によって、『吸血鬼』の正体が『パラサイト』と呼ばれる『魔性』であることを突き止める。しかし、別次元から意図せずに招かれたその『来訪者』は、ついに魔法科高校に襲来する。その『吸血鬼』の正体(宿主)は、意外な人物で―!

戦場のコックたち

戦場のコックたち
小説
発売日
ページ数
350ページ
作家名

深緑野分

閲覧数:0回(投稿)

1944年6月、ノルマンディー上陸作戦が僕らの初陣だった。特技兵(コック)でも銃は持つが、主な武器はナイフとフライパンだ。新兵ティムは、冷静沈着なリーダーのエド、お調子者のディエゴ、調達の名人ライナスらとともに、度々戦場や基地で奇妙な事件に遭遇する。不思議な謎を見事に解き明かすのは、普段はおとなしいエドだった。忽然と消え失せた600箱の粉末卵の謎、オランダの民家で起きた夫婦怪死事件など、戦場の「日常の謎」を連作形式で描く、青春ミステリ長編。

流 

流 
小説
発売日
ページ数
402ページ
作家名

東山彰良

閲覧数:0回(投稿)

第153回直木賞受賞作! 選考会は前代未聞の満票決着。 「20年に一度の傑作。とんでもない商売敵を選んでしまった」(選考委員・北方謙三氏) 「私は何度も驚き、ずっと幸福だった。これほど幸せな読書は何年ぶりだ?」(選考委員・伊集院静氏) 何者でもなかった。ゆえに自由だった――。 1975年、台北。偉大なる総統の死の直後、愛すべき祖父は何者かに殺された。 内戦で敗れ、追われるように台湾に渡った不死身の祖父。なぜ? 誰が? 無軌道に生きる17歳のわたしには、まだその意味はわからなかった。 台湾から日本、そしてすべての答えが待つ大陸へ。歴史に刻まれた、一家の流浪と決断の軌跡。