デート・ア・ライブ 6巻|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て無料読み放題のファイル投稿共有サイト

デート・ア・ライブ 6巻

デート・ア・ライブ(デートアラブ)
投稿日
発売日
ページ数
344
作家・サークル名
橘公司
タグ

謎の生命体・精霊の出現により起こる大災害・空間震が発生するようになって、約30年が経った世界。
妹と2人暮らしの高校生・五河 士道は、人間に絶望する精霊 と出会う。そして、妹・琴里から、自分が精霊と交渉して、世界と精霊両方を救うことのできる存在であることを知らされる。しかし、その方法は「精霊とデートして、デレさせる」という、とんでもないものだった。
妹の理不尽な訓練の末、再び精霊の少女と出会った士道は彼女に十香という名をつける。
そして、士道は、様々な精霊たちとの”デート”を繰り返していく中で、自らの出自、さらには精霊という存在の詳細、それを取り巻く陰謀を知ることになる。

「デート・ア・ライブ(デートアラブ)」一覧1巻〜14巻(未完結)

おすすめ関連書籍

剣神の継承者 8巻

剣神の継承者 8巻
小説(8巻)
発売日
ページ数
604ページ
作家名

鏡遊

閲覧数:0回(投稿)

東京ソーディア、そこは剣に生き、剣に恋する種族“ソーディ”に支配された街。日奈子の過去に触れ、太陽教の罠から辛くも逃れたクロウたち。彼らは、日奈子の能力の解放により開いた“空の扉”から現れたソーディアの剣聖・ウィニアと学院生活を送ることになる。クロウの弟子になりたいと迫るウィニアに振り回されたり、剣華祭の準備に追われたりと慌ただしい毎日を過ごしていた。そして迎えた剣華祭当日、何やら暗躍する“最強の術法使い”八つ首の蛇が過去の戦いを清算するため、セフィの元に現れて…?人間の少年少女と剣に生きる一族で贈る、剣に恋する大スケールソードアクション&ラブコメ第8戟!辿り着いた新たな剣閃が、静かに舞う―。

結局、「1%に集中できる人」がすべてを変えられる 質とスピードが同時に手に入るシンプル思考の秘訣

結局、「1%に集中できる人」がすべてを変えられる 質とスピードが同時に手に入るシンプル思考の秘訣
小説
発売日
ページ数
238ページ
作家名

藤由達藏

閲覧数:0回(投稿)

ベストセラー「すぐやる人」の第2弾が登場。あれもこれもと手を出して、結局何ひとつモノになっていない、やってもやっても仕事で結果が出ない……などで悩む人は多い。その理由は「抱え過ぎ」だから。仕事、人間関係、不安、常識…など、あらゆるものを手放すことで、1つのことに100%集中する方法を紹介!「優先付けを手放す」「マルチタスクを手放す」「3つの不安を手放す」「思い込みを手放す」「成功を手放す」…など、読むだけでどんどん心と体がラクになっていきます。

切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人

切り裂きジャックの告白 刑事犬養隼人
小説
発売日
ページ数
366ページ
作家名

中山七里

閲覧数:0回(投稿)

臓器が奇麗にくり抜かれた遺体が発見された。やがてテレビ局に犯人から声明文が届く。いったい犯人の狙いは何か。さらに第二の事件が起こり・・・・・・。警視庁捜査一課の犬養が捜査に乗り出す!

ノーゲーム・ノーライフ 6巻

ノーゲーム・ノーライフ 6巻
小説(6巻)
発売日
ページ数
382ページ
作家名

榎宮祐

閲覧数:0回(投稿)

ゲームで全てが決まる世界“ディスボード”―を創った唯一神テトは、エルキアの路地裏で、ひっそりと…空腹で行き倒れていた。いづなの施しで生き存えたテトが語るは、「六千年以上前の物語」―天を割り地を裂いた『大戦』を“ゲーム”と断じ、世界に挑んだ男とその傍らに寄り添った少女。「―なぁ、またゲームしようぜ…今度こそ、勝ってみせるから、さ…」記憶にも記録にも遺らない、それでも“僕”だけは忘れない物語―“最も新しき神話”へと至る“最初の神話”―大人気異世界ファンタジー、第6弾!!

星刻の竜騎士(セイコクノドラグナー) 3巻

星刻の竜騎士(セイコクノドラグナー) 3巻
小説(3巻)
発売日
ページ数
304ページ
作家名

瑞智士記

閲覧数:0回(投稿)

「竜を飼う国」・ロートレアモン騎士国に建つ竜飼い人の育成施設「アンサリヴァン騎竜学院」に通う上級課程一年のアッシュ・ブレイクは、ある特殊な才能を持つにもかかわらず、未だ自分の相棒たる竜が誕生しないことから学院一の問題児とされていた。 ある日学院の行事である竜によるレースの最中、他国のスパイに遭遇したアッシュは彼らを退けたものの、崖下へと転落してしまう。その時、アッシュの左腕に刻まれた星刻が輝き、そこから幼竜が誕生したことで生き延びる。しかし生まれた竜は何故か人間の少女の姿をしていて、目覚めた途端に「あたしがあんたの飼い主なのよ!」とアッシュに対して逆飼い主宣言をしてしまう。 かくして「あらゆる竜を乗りこなす男」アッシュ・ブレイクは、唯一乗りこなせない相棒・エーコと共に波乱の学院生活を送り始めるのだった。

親鸞 激動篇 上巻

親鸞 激動篇 上巻
小説
発売日
ページ数
353ページ
作家名

五木寛之

閲覧数:0回(投稿)

京を追放された親鸞は、妻・恵信の故郷である越後に流されていた。一年の労役の後、出会ったのは外道院と称する異相の僧の行列。貧者、病者、弱者が連なる衝撃的な光景を見た親鸞の脳裡に法然の言葉が去来する。「文字を知らぬ田舎の人びとに念仏の心を伝えよ」。それを胸に親鸞は彼らとの対面を決意する。

いま生きる「資本論」

いま生きる「資本論」
小説
発売日
ページ数
256ページ
作家名

佐藤優

閲覧数:0回(投稿)

「革命」は関係ナシ。いまのすべてが分かる、私たちが楽に生きるための『資本論』。私たちの社会はどんなカラクリで動いているのか。自分の立っている場所はどこなのか。それさえ分れば、無駄な努力をせず楽しい人生を送ることも可能だ。アベノミクス、ビットコイン、佐村河内騒動、など現在のトピックも、すべてこの一冊で読み解ける。知の技法を知り尽くした佐藤優が贈る抱腹と興奮の白熱講座。紙上完全再現!

カッコウの呼び声(上)

カッコウの呼び声(上)
小説
発売日
ページ数
371ページ
作家名

ロバート・ガルブレイス

閲覧数:0回(投稿)

悩みを抱えたスーパー・モデルが、ある雪の日に高級住宅街のバルコニーから墜落死した。自殺と断定した警察を疑った兄は、私立探偵コーモラン・ストライクに調査を依頼する。ストライクはオックスフォードを中退後従軍し、アフガン戦争で片足切断、借金まみれでフィアンセにも逃げられ、最低の人生を送っていた。これは大きなヤマだ。この事件が運命を変えるきっかけになるかもしれない……。しがない私立探偵の大活躍!

はたらく魔王さま!  3巻

はたらく魔王さま!  3巻
小説(3巻)
発売日
ページ数
355ページ
作家名

和ヶ原聡司

閲覧数:0回(投稿)

魔王城(築60年の六畳一間)の庭に、異世界からのゲートが開く。そこから現れた小さな少女は、魔王を“パパ”、勇者を“ママ”と呼んだ。まさか二人がそんな関係だったなんて…とショックを受ける芦屋や千穂。だが、一番混乱していたのは魔王と勇者だった。少女は魔王城で預かられることになり、真の意味で大黒柱となった魔王は、子育てに挑戦。さらに、親子(?)三人でのおでかけもあったりで、恋する女子高生・千穂は、やっぱりヤキモキしてしまうワケで―?フリーター魔王さまが繰り広げる庶民派ファンタジー、波乱必至の第3弾。

「自分」の壁

「自分」の壁
小説
発売日
ページ数
226ページ
作家名

養老孟司

閲覧数:0回(投稿)

「自分探し」なんてムダなこと。「本当の自分」を探すよりも、「本物の自信」を育てたほうがいい。 脳、人生、医療、死、情報、仕事など、あらゆるテーマについて、頭の中にある「壁」を超えたときに、新たな思考の次元が見えてくる。 「自分とは地図の中の矢印である」「自分以外の存在を意識せよ」「仕事とは厄介な状況ごと背負うこと」 ――『バカの壁』から一一年、最初から最後まで目からウロコの指摘が詰った一冊。 累計580万部突破、「壁」シリーズの最新刊!

ソードアート・オンライン プログレッシブ 1巻

ソードアート・オンライン プログレッシブ 1巻
ラノベ(1巻)
発売日
ページ数
520ページ
作家名

川原礫

閲覧数:0回(投稿)

「このゲームはクリア不可能なのよ。どこでどんなふうに死のうと、早いか…遅いかだけの、違い…」茅場晶彦によるデスゲームが開始されて一ヶ月。この超難度のVRMMO内で犠牲になったプレイヤーは二千人にも及んだ。“第一層フロアボス攻略会議”当日。自身の強化のみを行うと決め“ソロ”として戦うキリトは、会議場に向かう中途で、最前線では珍しい女性プレイヤーと出会う。強力なモンスター相手にレイピア一本で戦い続ける彼女は、あたかも夜空を切り裂く“流星”のようで―。キリトが“黒の剣士”と呼ばれる契機となったエピソード『星なき夜のアリア』、さらに“第二層フロアボス”攻略戦にまつわる、とある少年鍛冶職人の悲哀を描く『儚き剣のロンド』他全三編を収録。

シュガーアップル・フェアリーテイル 金の繭

シュガーアップル・フェアリーテイル  金の繭
小説
発売日
ページ数
256ページ
作家名

三川みり

閲覧数:0回(投稿)

妖精ラファルに剣で貫かれ、命を失いかけた銀砂糖師のアン。エリルの力で命を救われるも、アンは砂糖菓子を作ろうとして、感覚を失っていることに気づく。エリルの力は、命の代償に大事な能力を奪うものだったのだ!アンは一から修業し直すため、シャルとミスリルと共に、ペイジ工房へ向かうけれど―。