伯爵夫人|漫画コミック・雑誌・同人誌・小説が全て無料読み放題のファイル投稿共有サイト

伯爵夫人

伯爵夫人
投稿日
発売日
ページ数
201
作家・サークル名
蓮実重彦
タグ

エロス×戦争×サスペンス。世界の均衡を揺るがす文学的事件!第29回三島由紀夫賞受賞作。

夜間など、サイトが混み合ってる時間帯は画像が読み込見込まれにくくなる場合があります。その場合は別の時間に閲覧するか「よくある質問:画像が表示されない時の対処法」をお試しください。

「伯爵夫人」一覧

おすすめ関連書籍

パラダイス・ロスト

パラダイス・ロスト
小説
発売日
ページ数
319ページ
作家名

柳広司

閲覧数:0回(投稿)

スパイ組織"D機関"の異能の精鋭たちを率いる“魔王"――結城中佐。その知られざる過去が、ついに暴かれる!? 世界各国、シリーズ最大のスケールで繰り広げられる白熱の頭脳戦。究極エンタメ!

夏天の虹

夏天の虹
小説
発売日
ページ数
253ページ
作家名

高田郁

閲覧数:0回(投稿)

想いびとである小松原と添う道か、料理人として生きる道か・・・・・・澪は、決して交わることのない道の上で悩み苦しんでいた。「つる家」で料理を旨そうに頬張るお客や、料理をつくり、供する自身の姿を思い浮かべる澪。天空に浮かぶ心星を見つめる澪の心には、決して譲れない辿り着きたい道が、はっきりと見えていた。そして澪は、自身の揺るがない決意を小松原に伝えることに―――(第一話「冬の雲雀」)。その他、表題作「夏天の虹」を含む全四篇。大好評「みをつくし料理貼」シリーズ、〈悲涙〉の第七弾!!

今朝の春

今朝の春
小説
発売日
ページ数
291ページ
作家名

高田郁

閲覧数:0回(投稿)

月に三度の『三方よしの日』、つる家では澪と助っ人の又次が作る料理が評判を呼び、繁盛していた。そんなある日、伊勢屋の美緒に大奥奉公の話が持ち上がり、澪は包丁使いの指南役を任されて―――(第一話『花嫁御寮』)。戯作者清右衛門が吉原のあさひ太夫を題材に戯作を書くことになった。少しずつ明らかになってゆくあさひ太夫こと野江の過去とは―――(第二話『友待つ雪』)。おりょうの旦那伊左三に浮気の疑惑が!? つる家の面々を巻き込んだ事の真相とは―――(第三話『寒紅』)。登龍楼との料理の競い合いを行うこととなったつる家。澪が生み出す渾身の料理は―――(第四話『今朝の春』)。全四話を収録した大好評シリーズ第四弾!!

烈風の魔札使(マージ)と召喚戦争 1巻

烈風の魔札使(マージ)と召喚戦争 1巻
ラノベ(1巻)
発売日
ページ数
283ページ
作家名

森田季節

閲覧数:0回(投稿)

「俺はこの国を救うために、ここに来たんだ」大人気カードゲーム「ネオアルカディア」の実力派プレイヤーとして頭角をあらわしていたエイジは、正体不明の少女芹香との出会いをきっかけに、ゲームと同じ名前を持った異世界へと召喚される。その世界ではゲームのようにカードから精霊を召喚する“魔札使”達の戦争が繰り広げられていた。エイジは自分に助けを求めた騎士の少女リッカや彼女の仕える侯国を助けるため、これまでに蓄積した経験を活かし、未知の世界での戦略を練り始めるのだった。召喚霊が激突し、魔札使たちの駆け引きが交錯する戦場でいま、新たな伝説が始まる!

トネリコの王 2巻

トネリコの王 2巻
小説(2巻)
発売日
ページ数
348ページ
作家名

日向夏

閲覧数:0回(投稿)

第七都市アマツカミの神託者として働くことになった紫郎。市民の不安と要人たちの圧力、紫郎はそれに追い詰められながらも、役割を果たそうとしていた。自分が無力ゆえに救えない人が生まれる。紫郎は周りに助けられながらも、少しずつ観測能力という未知の力を使いこなそうとしていた。そんな中、世界樹の最初の移送先が決定する。第二十一都市ロゼット。赤いバラを世界樹とする蒸気と機械にまみれた都市。紫郎たちは世界樹の移植が終わるまでの2週間、その都市に滞在することを余儀なくされる。そして、紫郎はロゼットの神託者を見て驚愕する。真凛という少女は、前時代の紫郎の悪友ハナダに酷似していたのだった―。

感度の高い仕事人は断捨離じょうず。

感度の高い仕事人は断捨離じょうず。
小説
発売日
ページ数
255ページ
作家名

やましたひでこ

閲覧数:0回(投稿)

なぜ仕事で成功する人は断捨離を愛好するのでしょう? 断捨離とは単にモノの片づけのことではありません。目の前の現象に向き合い、 不要・不適・不快を「断ち」「捨て」「離れ」ることにより、より良い方向へ軸足を変えるためのトレーニングであり、 行動哲学です。だからこそ、断捨離を理解する人は感度が高く、成功を繰り返すのです。 本書は、ビジネスや人生の具体的な悩み別に項目が分かれており、その一つ一つに対し、 断捨離提唱者・やましたひでこがシンプル思考の極意を説いていきます。 全ての悩める仕事人に読んでいただきたい一冊です。

デュラララ!!SH 1巻

デュラララ!!SH 1巻
ラノベ(1巻)
発売日
ページ数
289ページ
作家名

成田良悟

閲覧数:0回(投稿)

ダラーズの終焉から一年半。池袋は今、新しい風を迎えようとしていた―。首無しライダーに憧れて上京してきた『化け物』扱いされている三頭池八尋。首無しライダーの存在を金に換えようと目論む琴南久音。首無しライダーを取材して行方不明になった姉を持つ辰神姫香。それぞれの想いを抱えた三人が来良学園に入学し出会い、非日常は再び始まる。一方、池袋では、首無しライダーに絡んだ者が消えていく事件が起きていた。そこに巻き込まれていくのは、失踪した兄を持つ双子の姉妹、いまだ不良グループの中心人物として居座る少年、そして池袋最凶と恐れられるバーテン服の男。

遺譜 浅見光彦最後の事件 (上)

遺譜 浅見光彦最後の事件 (上)
小説
発売日
ページ数
365ページ
作家名

内田康夫

閲覧数:0回(投稿)

浅見家に届いた一通の手紙。それは、本人が知らない間に企画された、浅見光彦34歳の誕生日パーティの案内状だった。発起人の一人、本沢千恵子は美貌のドイツ人ヴァイオリニスト、アリシア・ライヘンバッハを伴い浅見家を訪れる。丹波篠山で町をあげて行われる音楽イベント「シューベルティアーデ」に二人が出演する際に、ボディガードを頼みたいというのだ。アリシアは祖母に、彼の地で「インヴェ」という男に託された楽譜を預かってくるようにと言われていた。一度は断る浅見だが、刑事局長の兄、陽一郎からの特命もあり、現地に赴くことになる―。賢兄愚弟の典型、浅見家に育った次男の光彦を過去の盟約が追い詰める!軽井沢、丹波篠山、ヨーロッパを舞台に史上最大級の謎の連鎖の幕が開く。国民的名探偵が迎える衝撃のラスト。

白い巨塔 1巻

白い巨塔 1巻
小説(1巻)
発売日
ページ数
430ページ
作家名

山崎豊子

閲覧数:0回(投稿)

国立大学の医学部第一外科助教授・財前五郎。食道噴門癌の手術を得意とし、マスコミでも脚光を浴びている彼は、当然、次期教授に納まるものと自他ともに認めていた。しかし、現教授の東は、財前の傲慢な性格を嫌い、他大学からの移入を画策。産婦人科医院を営み医師会の役員でもある岳父の財力とOB会の後押しを受けた財前は、あらゆる術策をもって熾烈な教授選に勝ち抜こうとする。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7巻

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7巻
小説(7巻)
発売日
ページ数
311ページ
作家名

伏見つかさ

閲覧数:0回(投稿)

「お、おまたせっ」顔を上げると、照れくさそうな微笑みを浮かべている…俺の彼女がそこにいた。俺の愛しい恋人である彼女の名前は、高坂桐乃。「あんたのこと…“京介”って、呼ぶから」「だって、その方が…恋人っぽいじゃん?」めちゃくちゃ仲の悪い兄妹だったはずの俺たちが、こんなただならぬ関係になっちまうなんて…まるで悪夢だ。夏休みに入ってからというもの、俺の周りでは恋の話題が尽きやしない。「待て…殺さないでくれ…」あやせの家にお呼ばれして、楽しい一時を過ごしたり。「―妹に彼氏ができたかもしれない」「責任を取ってもらいますわ、京介さん」友達から人生相談(?)をされたり。そして一年ぶりの『あのイベント』も―。人気シリーズ第7弾。

Who Gets What (フー・ゲッツ・ホワット)

Who Gets What (フー・ゲッツ・ホワット)
小説
発売日
ページ数
339ページ
作家名

アルビン・E・ロス

閲覧数:0回(投稿)

☆進学、就職活動、婚活(カップリング)、そして臓器移植……。世の中には、価格だけでは解決できない「市場」がある。そして、この「市場」において、自分が選ぶだけでなく、自分も相手から選ばれなければ得られないものを、どうやって手に入れるのかを表す経済学の言葉が「マッチング(組み合わせ)」だ。 ☆本書の著者、アルビン・ロスはそのマッチング理論の応用分野である「マーケットデザイン」の研究で先進的な成果を挙げ、2012年のノーベル経済学賞を受賞した。本書は、世の中の仕組みを大きく変える理論を、一般読者向けにわかりやすく(数式などは使わず)、そして面白く、研究者自身が解説する話題作。 ☆進学希望者と学校、臓器提供者と患者、研修医と病院をどうやって効率的に結びつけるのかなど、さまざまな具体例から私たちの日々の生活には、どんなマッチング市場があり、どうすれば効率的な選択ができるのかを解き明かす。知的な読者の好奇心を強く喚起する1冊だ。

思い出のとき修理します 1巻

思い出のとき修理します 1巻
小説(1巻)
発売日
ページ数
343ページ
作家名

谷瑞恵

閲覧数:0回(投稿)

仕事にも恋にも疲れ、都会を離れた美容師の明里。引っ越し先の、子供の頃に少しだけ過ごした思い出の商店街で奇妙なプレートを飾った店を見つける。実は時計店だったそこを営む青年と知り合い、商店街で起こるちょっぴり不思議な事件に巻き込まれるうち、彼に惹かれてゆくが、明里は、ある秘密を抱えていて…。どこか懐かしい商店街が舞台の、心を癒やす連作短編集。