添い寝待ちneco ギズモさん|自作の漫画コミック・雑誌・同人誌・小説を自由に投稿し皆で共有&読み放題にできるファイル投稿共有サイト

  • ヘルプ
    ヘルプ
  • 閲覧履歴
    閲覧履歴
  • 問い合わせ
    問い合わせ
検索結果に

添い寝待ちneco ギズモさん【完】

添い寝待ちneco ギズモさん
投稿日
発売日
ページ数
131
作家・サークル名
登録されていません
投稿者
ゲスト投稿

器用にベッドへ潜り込み、飼い主さんの添い寝を待ち焦がれるこの“ギズモさん”(2歳の女の子)は、このツイートと前後してTwitterでの人気が爆発。約1年経った現在、アカウントのフォロワーは4万人近く(!)に膨れ上がっている。

マスクをかぶったような柄がインパクト大なギズモさんだが、お目々パッチリの愛らしいショットの数々に加えて、時おり動画でも登場。ぽっちゃり気味でペットドアにお腹が引っかかったり、窓拭きをする飼い主さんの手を飽きずに追いかけたりする天真爛漫(?)なキャラでもファンを魅きつけてきた。そんなギズモさんのこれまでの写真に未公開ショットや撮り下ろしショットなども加えた写真集

ビューワーで読むと正常に閲覧できない方(途中で強制的に先頭ページに戻ってしまうなど)向け

ビューワー(書籍閲覧機能)の使い方の説明」を見る

  • この作品を友達に紹介♪
  • この作品をLINEで送る‹

この作品の関連書籍

同じカテゴリのおすすめ作品

中国の大問題

中国の大問題
文芸・ラノベ
発売日
ページ数
257ページ
作家名

丹羽宇一郎

投稿)

丹羽前大使を「親中派」と決めつけてはいけない。氏の中国論はきわめて誠実でまっとうである。 ―――――――――――――――――――社会学者、『おどろきの中国』著者 橋爪大三郎 世界一の貿易額、世界第2位のGDPをかさに着て、中国が驕りを見せはじめた。その態度は、もはや日本なしでもやっていけると言わんばかりである。 経済的に勢いづいているのは確かだが、その内実は数々の難問に直面している。拡大する都市と農村の経済格差、国有企業の杜撰な経営体質、テロや暴動が絶えない少数民族問題、要人たちの汚職と不正蓄財……。 そうした中国国内の真実は、報道を通じて知られているようでいて、意外と情報は流れていない。感情論だけが先走り、隣国を正しく見据えられていないのではないか。 この状況に危機感をもった前中国大使が、ついに沈黙を破る。退任後、氏が大使として2年半にわたりつきあってきた中国について、ここまでくわしく語ったのは本書がはじめてである。政治的基盤がまだ不安定な習近平政権の現実と未来、ロシアと連携を深める彼らのねらい、相次ぐウイグル族の爆弾テロの背景など、そのトピックは広範囲にわたる。

シュガーアップル・フェアリーテイル 白の貴公子

シュガーアップル・フェアリーテイル  白の貴公子
文芸・ラノベ
発売日
ページ数
225ページ
作家名

三川みり

投稿)

幸福をもたらす砂糖菓子の作り手・銀砂糖師を目指して、美しすぎる妖精のシャルと旅をしている少女アン。銀砂糖師の称号をもらえるのは、年に一度の品評会だけ。今年こそは!と気合いを入れるアンだけど、材料の砂糖林檎は大凶作!!自分の分を確保するため、アンは砂糖菓子工房に下宿することに。大変な激務をこなしつつ、自分の作りたいモチーフを探すけど!?もう一度、夢が見たくなる物語と大評判!待望の第三弾。

新妹魔王の契約者(テスタメント) 3巻

新妹魔王の契約者(テスタメント) 3巻
文芸・ラノベ(3巻)
発売日
ページ数
324ページ
作家名

上栖綴人

投稿)

「お願い刃更―私を支配して」「な、何言ってんだ柚希っ?」澪を狙う勇者族を退けた刃更は、次々と現れる強力な敵に立ち向かうため、柚希とも主従契約を結ぶことに。だが、澪への対抗心を燃やす柚希は主従契約をわざと暴走させて!?一方、魔界では澪を狙う魔族ゾルギアがついに動き出した。刃更たちに迫るゾルギアの魔の手。そこには刃更のよく知る少女の姿があった!?限界を打ち破る最強契約者のディザイア・アクション!!

TPPがビジネス、暮らしをこう変える

TPPがビジネス、暮らしをこう変える
文芸・ラノベ
発売日
ページ数
238ページ
作家名

日本経済新聞社

投稿)

歴史的合意で、暮らしは、ビジネスは、どう変わる? 日経記者にしか書けない影響の深層、今後の展開、交渉の真実、日本国内の対策などをわかりやすく解説。これからのTPP(環太平洋経済連携協定)批准の議論に向けて必読の1冊です。

精霊使いの剣舞 10巻

精霊使いの剣舞 10巻
文芸・ラノベ(10巻)
発売日
ページ数
324ページ
作家名

志瑞祐

投稿)

〈ロスト・カテドラル〉での死闘の末、遂に決着の刻を迎えた〈精霊剣舞祭〉決勝戦。光と闇の双剣はルビアの策謀を打ち砕き、敗れた彼女の口から「あの日」の真相が語られる。「四年前、私が精霊王に叛逆したのは――〈精霊王〉が狂っていたからだ」禁忌とされる〈精霊王〉の祭壇で、彼女はいったい何を見たのか――。呼び起こされるカミトの記憶。〈精霊剣舞祭〉に秘められた真実。全ての〈願い〉が叶うその場所で、カミトは決断する。「俺たちは――〈精霊王〉の死を望む」 過去と現在が螺旋を描く無敵のエレメンタル・ファンタジー第11弾。〈精霊剣舞祭編〉堂々の完結。そして物語は新たなステージへ!

花嫁のやんごとなき事情 離婚しちゃうと絶体絶命!?

花嫁のやんごとなき事情  離婚しちゃうと絶体絶命!?
文芸・ラノベ
発売日
ページ数
254ページ
作家名

夕鷺かのう

投稿)

夫の留守を預かるのは妻の役目です(キリッ 旦那(ヒーロー)が不在でも安心してください、離婚ラブコメです!!! 夫クロウの遺髪を見せられても、「あの人は死んでない! 」と強がるフェルだが、 実際の安否は不明なまま。皇宮ではいつの間にか、クロウが『いなくなった皇子』となり、 弟のパールとフェルが結婚したことになっていた――なんて冗談じゃない! 反撃に出るフェルだが、パールもおぞましい計画を立てていて!? 離れてこそ夫婦の絆が試される! 激動のニセ未亡人(?)生活第10弾!

業物語(わざものがたり)

業物語(わざものがたり)
文芸・ラノベ
発売日
ページ数
255ページ
作家名

西尾維新

投稿)

“キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードってぇ名前は、俺様が付けてやったんだ――” 今から六百年ほど前、今はもう滅びた国に『うつくし姫』と呼ばれる女の子がいました。その美しさに誰もが命をささげ、彼女が歩く道は死体の山となりました……。 これぞ伝説の怪異! 怪異! 怪異! 青春は、童話のように残酷だ。

最新 算命学占い入門

最新 算命学占い入門
文芸・ラノベ
発売日
ページ数
209ページ
作家名

中村嘉男

投稿)

東洋思想の占いの決定版。戦国の時代から、門外不出の占いとして数千年間にわたって伝わる算命学占いの入門書! 東洋思想の占いの決定版。戦国の時代から、門外不出の占いとして数千年間にわたって伝わる算命学占いを丁寧にわかりやすく解説。自分を知り、時代を知り、未来を知る最良の教え。入門篇の決定版! 「占いの王者」とも呼ばれ、生年月日から「運命」と「宿命」を割り出し占う。時代の流れ、国家や企業の動き、リーダー達の性格や生き方、個人の運気や方向性など、幅広く予知・予測ができるのが算命学です。個人の性格や運気を読み取ります。親との関係、仕事といったテーマごとの鑑定や、若年期、中年期、老年期など年代における鑑定をしています。大正6年(1917年)生まれから平成38年(2026年)生まれの人まで対応しています。※本書は「決定版! 算命学占い入門」(主婦の友社)を改定したものです

鹿の王 下巻

鹿の王 下巻
文芸・ラノベ
発売日
ページ数
557ページ
作家名

上橋菜穂子

投稿)

何者かに攫われたユナを追うヴァン。同じ頃、医術師ホッサルは移住民に広がる謎の病の治療法を探していた。ヴァンとホッサル。ふたりの男たちが愛する人々、この地に生きる人々を守るため、選んだ道は――!?

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-
文芸・ラノベ
発売日
ページ数
512ページ
作家名

さとうみつろう

投稿)

待ってました! ネットで話題騒然の大人気自己啓発系ブログ『笑えるスピリチュアル』のさとうみつろう氏による初著書がついに発売! 「対人関係」、「お金」、「仕事」など、あなたの人生観を180°ぐるりと変える、魔法のような実用エンタメ小説。 「幸せになりたいんじゃろ? だったら、叶えてやるよ」 ダメダメサラリーマンだった主人公は、ある日突然おしゃべりな神さまと出会った。 「自分で自分の背中は押せないんじゃ」 「宝くじに当たったら、絶対に隠しちゃダメじゃ」 「嫌な上司はあなたのトラウマを代弁してるんじゃ」…… 過激な神さまの教えを聞いているうちに、主人公の人生は劇的に変化し「あっという間に幸せになれる授業」は終了した。 そして次はいよいよ、あなたの番だ! これまでのどんな教えより“速く、深く"あなたの人生を変えることだろう。 さぁ、思い通りの人生をたぐり寄せなさい。そのロープの端は今、あなたの目の前に伸びている。

キノの旅 1巻

キノの旅 1巻
文芸・ラノベ(1巻)
発売日
ページ数
242ページ
作家名

時雨沢恵一

投稿)

「キノはどうして旅を続けているの?」 「ボクはね、たまに自分がどうしようもない、愚かで矮小な奴ではないか? ものすごく汚い人間ではないか? なぜだかよく分からないけど、そう感じる時があるんだ……でもそんな時は必ず、それ以外のもの、例えば世界とか、他の人間の生き方とかが、全て美しく、素敵なものの様に感じるんだ。とても、愛しく思えるんだよ……。ボクは、それらをもっともっと知りたくて、そのために旅をしている様な気がする」 ―――短編連作の形で綴られる人間キノと言葉を話す二輪車エルメスの旅の話。今までにない新感覚ノベルが登場!

「男」という不安

「男」という不安
文芸・ラノベ
発売日
ページ数
76ページ
作家名

小浜逸郎

投稿)

男が「弱くなった」「危なくなった」といわれて久しい。ここ数年、マスコミをにぎわす社会問題の主役は、大半が「男」である。 未成年の殺人犯は大部分が男である。「ひきこもり」も、ほとんどが男だ。「もてない男」「結婚できない男」も増えている。ハゲ・コンプレックスに悩む男も話題に上る。精子が減少し、セックスレス・カップルが増加しているともいわれる。静止中高年に目を転じても、仕事に疲れたリストラおじさんや、家庭に居場所を見つけられない帰宅拒否症候群、自殺者の増大など、暗い話題が多い。いったい、何が彼らをそうさせているのか。 他方、いまの日本の女たちはもはや男など頼りにせず、決然と自立を目指しているかのように多くのメディアは報じる。だが、それはほんとうなのだろうか――。 現代日本の男たちが直面している困難を多面的に照らし出し、いまあらためて再考されるべき「男の値打ち」「男の生き方」を模索する真摯な論考。